基隆・台北(2020年2月)

【2020年2月 基隆・台北 1泊弾丸一人旅⑥】「基隆廟口夜市」で昼食と街ブラ

前回まではこちら

【2020年2月 基隆・台北 1泊弾丸一人旅⑤】基隆の観光名所「和平島公園」に行く前回まではこちら https://tabi-hitori.com/2020/03/14/taipei-keelun2/ (8:5...

(11:00)宿泊先のホテルに荷物を預かってもらう

「和平島公園」から路線バスに乗って基隆中心部まで戻ってきました。

私が宿泊する基隆のホテル(華都飯店)のチェックイン開始時間は14時半。
とりあえず荷物だけでも預かってもらおうと思い、早速ホテルに向かいました。

私が宿泊する基隆のホテル「華都飯店」は、基隆の中心部を流れる運河沿いにありました。
(遠くからでもすぐに見つけることが出来た)

「華都飯店」はこじんまりした地元のビジネスホテルって感じで、フロントの係員も「近所のおばちゃん」みたいな、めっちゃアットホームな感じでした。

ホテルのフロントで「宿泊予定の者なんですが」と尋ねると、

  • 部屋は12時半には用意できます
  • 荷物は預かることが出来ます

との回答が!
12時半から部屋が使えるなんて嬉しい。

とりあえずチェックインと荷物(リュックサック)をホテルに預けました。

預けた、というかフロントのおばちゃんがホテルの端っこを指さし「その辺に置いといていいよ」との指示。
「フロントから見える位置のホテル1階の端っこに置いてきた」って感じでした(笑)

身軽になったし、お腹も空いたので、お昼ご飯を食べに行きます!

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

(11:15)「基隆廟口夜市」でお昼ご飯を食べます

「まずは基隆廟口夜市を見に行こう」と思い、早速「基隆廟口夜市」へ向かいました。

昼間の「基隆廟口夜市」です。
夜市なので昼間は閑散としてるのかなぁ、と思ったのですが意外とお店が開いてる!

地元の人がお昼ご飯(ブランチ?)を楽しんでるようなので、早速私も食べに行ってきました。

「天一香肉羹順」の魯肉飯

「基隆廟口夜市」にあるお店で最初に行ったのが天一香肉羹順
魯肉飯が有名なお店で、私が行った時も地元のお客さんでに賑わっていました。

どこが入口で、どうやって注文していいのかよく分からないけど、店員さんに「1人なんでうすが」とか言いながら奥のテーブル席に向かいました。

メニュー表です。
日本語で説明すると、

  • 魯蛋(魯肉と一緒に煮た卵、だと思う)
  • 油豆腐(厚揚げ)
  • 筍丝(筍を千切りにしたもの)
  • 清飯(たぶん白飯)
  • 魯肉飯
  • 肉焿(肉団子のスープ)

みたいな感じです。

「天一香肉羹順」の料理は量は少なめ。さくっと食べることが出来る

私は魯肉飯と筍の千切りを注文しました。

魯肉飯は子供用のお茶碗サイズに盛られいて、いい感じに量が少なめ。
味は見た目ほど濃くなくて、あっさりした味でした。
ご飯は日本のお米っぽいけどややモソモソした感じです。

筍は想像以上のあっさり味、ってか筍は味付けしてるのかなあ?
メンマみたいなのを想像してたのですが。めちゃくちゃ柔らかったです。

「天一香肉羹順」は狭い店舗なんですが、従業員さんの数は多いのですぐに注文を取りに来てくれるし、料理が出てくるのもとても早かったです。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

「天一香肉羹順」の向かい前にあった素麺スープ(麺線)の店

「次はスープっぽいっ料理が食べたいなぁ」と思って、目に飛び込んできたのが「天一香肉羹順」の向かい前にある素麺スープ(麺線)のお店でした。

「麺線」と言えば台北の「阿宗麵線」が有名で、私も大好きです。
基隆にもあるのかー、と思って食べてみることにしました。

私が「基隆廟口夜市」で食べた「麺線」は、魚のツミレみたいなのが入っていました。
「阿宗麵線」に比べるとカツオの出汁感が無いので、あっさりして食べやすかったです。

私が「麺線」を食べてる間、テイクアウトで購入しにやってくる地元のお客さんがとても多かったです。

ちなみに、価格は45TWDでした。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

お店の場所をグーグルマップで探してみたのですが、最近できたお店なのか見つけることが出来ませんでした。
たぶん「48 鴨肉飯」の店舗の場所が、私が行った「麺線」の店舗だと思います。

(11:45)パイナップルケーキで有名な「李鵠餅店」に来たらお休みでした

お昼ご飯を食べてお腹いっぱいになったので、基隆に来たら絶対に行こうと思ってたパーナップルケーキが有名なお店李鵠餅店へ行くことにしました。

「基隆廟口夜市」からは歩いて5分ちょっと。
「李鵠餅店」に近づくのですが、お店の周辺は思った以上に閑散としてる。

「李鵠餅店」の前まで来てみて、今日(2月8日)はお休みなのを知りました!!

「李鵠餅店」って定休日があるなんて聞いてない!!
なんで休みなのか、と思って手書きの案内を読んで、理由が判明しました。

2020年2月8日は「元宵節」(中国版小正月)。
それで、「李鵠餅店」は1日お休みってことでした。

仕方が無いので、翌日に再訪することにしました。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換



(12:00)「仁愛市場」周辺を散策する

ホテルに戻るまでまだ時間があったので、基隆周辺をブラブラ散策することにしました。

何となく歩いてると、めちゃくちゃ賑やかな一帯を発見。

近づいてみると、市場みたいな商店がみたいな感じの通りがずーっと続いていました。
子供のころにあった公設市場みたいな、そんな雰囲気。

海が近いからか、鮮魚店がとても多かったです。
鮮魚店の間に衣料店、と思ったらケーキ屋さんがあったり、お総菜屋さんがあったり。
歩いてるだけでもとにかく楽しい。

調べてみると、仁愛市場という地元の市場でした。

大阪で例えると、中国人観光客向けのお店が無い頃の黒門市場を思い出す、そんな雰囲気でした。

「仁愛市場」の2階にはフードコートがありました!

地元のお客さんが続々と「仁愛市場」にある建物の2階へ進んでいくので、私も真似して行ってみました。

なんと!
「仁愛市場」の2階はフードコートになっていて、色んな飲食店が所狭しと営業していました。

本当に色んなお店があって、地元の料理を提供するお店から、寿司屋さん、オシャレなカフェなどなど。

お昼ご飯を食べた「基隆廟口夜市」より活気があってお店の数も多かったです。

あーーー、「仁愛市場」2階のフードコートでお昼ご飯を食べたら良かったぁぁぁ。

基隆へ行く前に「仁愛市場」2階のフードコートの存在を知ってたら絶対に利用してたのに。
お腹いっぱいなので、今回は見学だけで退散しました。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

(12:20)「春陽茶事」ではちみつレモン烏龍茶を購入

春陽茶事は、「ホテルに戻る前に飲み物を買って帰ろう」と思いながら歩いてるときに見つけたお店です。

ぱっと見もオシャレな感じだったので、寄ってみることに。

何を頼もうか迷ったのですが、とりあえず人気商品の一覧から2番目に人気の高い「はちみつレモン烏龍茶」(45TWD)を注文することにしました。
(1番人気はタピオカ入りなんですが、タピオカはお腹いっぱいになるのでやめておきました)

注文が色々細かくて、「砂糖の量は?」「氷の量は?」みたいなことを聞かれました。
(私は氷少な目、砂糖少な目にしました)

ホテルに戻ってから飲みましたが・・・・べらぼうに美味しい!!!
例えると、「午後の紅茶レモンティー味」を100倍美味しくした味でした。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

(12:25)「大華餅店」でパイナップルケーキを購入

「春陽茶事」でドリンクを購入したときに、道路を挟んだ向かい前でお菓子屋さん「大華餅店」を発見。

かなり気になるので寄ってみることに。

台湾のお菓子から、クロワッサンみたいなパンとか、いろんなお菓子を販売してました。
(たぶん、自家製造だと思う)

「大華餅店」ではパイナップルケーキを購入しました。
台湾でよく見かける四角い形じゃなくて、ケーキっぽい形。
1つ30TWDでした。

こちらもホテルで食べましたが、アップルパイみたいな雰囲気でとても美味しかったです。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換


お昼ご飯も食べて、基隆周辺をブラブラ散策もしました。
ホテルの部屋が使える時間が近づいてきたので、再び宿泊先のホテルに戻ります。