シンガポール

【ロシア一人旅 2019年8月】シンガポール ブギスを散策してからチャンギ空港

前回まではこちら

【ロシア一人旅 2019年8月】シンガポール タイガービール工場見学に行く(その1)前回まではこちら https://tabi-hitori.com/2019/12/18/sin-kankou/ 日曜日だけど「タ...
【ロシア一人旅 2019年8月】シンガポール タイガービール工場見学に行く(その2)前回まではこちら https://tabi-hitori.com/2019/12/23/tiger-beer-kengaku/ ...

ブギスをブラブラ観光してきました

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

タイガービール工場見学」を終えた後、MRT(East West Line)に乗って「ブギス」までやって来ました。

「ブギス」は、徒歩圏のエリアに、アラブストリートや、リトルインディア、中国っぽい雰囲気もあるし、全体的にいい感じでゴチャゴチャしてるエリアです。

その他にもホーカーがあったり、観光するには面白い場所の1つなんです。

「ブギス」はシンガポールで初めて来た場所

なぜ「ブギス」に来たかと言うと、2013年GWに初めて来たときに宿泊したホテルが「ブギス」にあったんですよ。

「初めて見たシンガポール=ブギス」なイメージなんです。

もう一度当時行ったところへ行ってみたいなぁ、ってのもあってチャンギ空港に戻る前に「ブギス」に行って来ました。

6年ぶりの「ブギス」にやって来ました

「ブギス」駅で降りたのですが、出口を間違えたみたいでちょっと迷子になりましたが、無事にブギス界隈をブラブラすることが出来ました。

ブギスストリート

「ブギス」駅で降りて少し歩くと、「BUGIS STREET」っていう衣料品店や飲食店などがゴチャゴチャっと並んでる建物に出てきます。

あー、この建物!めっちゃ懐かしい。

そうそう、このゴチャゴチャ感ぜんぜん変わってない。
いつも人でごった返しています。

「スマホのケーブルが安かったら買ってみようかな」と思って何軒かお店をのぞいてみたのですが、そんなに値段が安いわけでも無かったので購入しませんでした。
(Amazonで購入した方がいいかも、って感じでした)

2013年に来たときは、店頭にミキサーを置いてジュースを作ってるお店でスイカか何かのドリンクを飲みました。

今回はビールを飲み過ぎたのでジュースはパスしました。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

ブギスにある観音堂

「ブギスストリート」を少し歩くと、観音堂が見えてきます。
シンガポールで一番古い寺院で、1884年に建てられました。

ブギスにある観音堂でお祈りをすると幸運がやってくるらしくて、沢山の人が祈りを捧げていました。

観音堂の周辺には線香やお供えのお花などを販売している露店が沢山ならんでいます。

2013年の時もそうだったのですが、お参りの方法とかよく分からないので遠くで眺めるだけで退散しました。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

2013年に宿泊したホテル「イビス シンガポール オン ベンクーレン」

2013年に初めて来たシンガポールで宿泊したホテルは「イビス シンガポール オン ベンクーレン(Ibis Singapore On Bencoolen)」でした。

「イビス シンガポール オン ベンクーレン」は観音堂の裏あたりに建っています。

ホテルもまだ健在でした!
外観は全然変わってない、懐かしい。

「イビス シンガポール オン ベンクーレン」は1人旅におススメのホテル

シンガポールって全体的にホテルの宿泊代金が高いです。
価格を抑えると立地が悪くなったり、立地を重視するとホテル代金が高くなったり。

しかし、「イビス シンガポール オン ベンクーレン」は1泊10,000円ほどっていう、シンガポールで立地の良い場所にしてはお手頃価格なホテルなんです。

部屋も綺麗で、最低限の物は揃ってるって感じでした。
(タオル類はちょっとしょぼかった記憶があるけど、バスタオルとフェイスタオルは完備してた)

次回、シンガポールに宿泊することがあれば、「イビス シンガポール オン ベンクーレン」に泊まると思う。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

「アルバートセンター」のホーカーでご飯をたべる

ブギスの真ん中(観音堂の近く)に「アルバートセンター」っていうホーカー(シンガポール版フードコート)があります。

「アルバートセンター」は初めてシンガポールに来て、最初に来たホーカーです。
当時(2013年)に飲んだサトウキビのジュースをもう一度飲みたくてやって来ました。

「アルバートセンター」の中に入ると、両サイドに色んな飲食店が並んでいます。

料理を注文して、真ん中にあるテーブル席で食べるってスタイル。
料理の価格も安く、レストランで取られる10%の税金もかからないので、地元の人が多く利用しています。

食べ終わったお皿は近くにある返却のカートみたいな所に置いておきます。
テーブルを片づける係員の人もいるので、一応綺麗にしてる方だと思います。

っても、「アルバートセンター」内部は日本の夏みたいにムンムンと暑いんですよ。
衛生面などを考えると、テーブルや手を拭くためのアルコール入りウェットティッシュなどを持参していった方がいいです。
(私はテーブルとかめっちゃアルコール入りウェットティッシュで拭きましたw)

暑いのにアツアツのお粥を食べる

「何食べようかなあ」と色々迷った結果、お粥を食べる事にしました。
タイガービール飲んだ後のシメみたいな感じです。

注文したのはピータンのお粥です。
価格は2.5SGDぐらいだったかな?

飲み物は楽しみにしてたサトウキビのドリンク。
料金は1.5SGDだったと思う。

お粥には生卵がどーんっと入っています。
「お腹壊したらどうしよう」と思ったのですが、特に問題は無かったです。
あと、まさかの油条が付いてきました!
(油条は味のないパンみたいな麩みたいな感じの中国の揚げパン)

店頭に写真入りでお粥の紹介が載っていたので、指差しと中国語でなんとか注文することが出来ました。

注文してお粥を受け取って初めて「こんな暑い気温のなか、なんでアツアツのお粥を注文したんだろうか」と気づきました(笑)

サトウキビのドリンクは、2013年に行ったお店が日曜日でお休みだったので、別のお店に行きました。

店内にサトウキビがどさっと置いていて、注文が入るとサトウキビ用の圧搾機?みたいなのでサトウキビの水分を搾り取るんですよ。
搾り取った液体がサトウキビのドリンクです。

優しい甘さで美味しいんですよ。

お粥もサトウキビのドリンクの美味しかった。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

「ブギス」からチャンギ空港まで戻ります

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

時間は夕方6時前。
チャンギ空港でシャワーを浴びたりしたいので、早めに「ブギス」を後にすることにしました。

MRT「ブギス」駅から「Changi Airport」駅まで戻ります。

「Changi Airport」駅は「ブギス」駅と同じEast West Lineなのですが、行きと同じく「Tanah Merah」駅で乗り換えます。

【ロシア一人旅 2019年8月】シンガポールをブラブラ観光(マーライオンとか)前回まではこちら https://tabi-hitori.com/2019/12/15/dme-sin2/ シンガポール 乗り継...

帰りは疲れて、ぼけーっとしながらMRTに乗っていました。

MRTに乗って約30分ほどで「Changi Airport」駅に到着しました。

改めて「Changi Airport」駅の構内を見るとデカいし天井が高い!

「Changi Airport」駅を出てから、行きに購入した一日乗り放題チケットのデポジットを返却してもらい、チャンギ空港に向かいました。