サンクトペデルブルグ

【ロシア一人旅 2019年8月】サンクトペデルブルクで食べたもの(その1)

前回まではこちら

【ロシア一人旅 2019年8月】サンクトペデルブルク 他に行ったところ(その1)前回まではこちら https://tabi-hitori.com/2019/11/03/saint-isaacs-cathedra...
【ロシア一人旅 2019年8月】サンクトペデルブルク 他に行ったところ(その2)前回まではこちら https://tabi-hitori.com/2019/11/05/st-petersburg-kankou/...
【ロシア一人旅 2019年8月】サンクトペデルブルクの「洗濯してくれる」バーに行くサンクトペデルブルクで「コインランドリー」を探してる方へ 日本からサンクトペデルブルクはとても遠いです。 なので旅行者の中には、 ...

ピシェチナヤ(プイシュキ)

「プイシュキ」とはロシア版ドーナッツのことです。

旅行前、サンクトペデルブルクのことを調べてた時に「プイシュキってドーナッツが美味しい」って情報を目にしました。

宿泊してたホテルの近くにピシェチナヤって名前のプイシュキ屋さんがあったので、サンクトペデルブルク到着早々に行って来ました。

プイシュキ屋さん「ピシェチナヤ」は大行列でした

「プイシュキ屋さんはどこかなぁ」と思いながら歩いてたのですが、遠くからでも分かるぐらいに行列が出来てるお店が1軒見えてきました。

「ピシェチナヤ」には昼3時ごろに到着したのですが、まさかの行列。
せっかく来たので私も並ぶことにしました。

店内は、手前がテーブル席や立ち食いスペース、奥にあるカウンターでドーナッツと飲み物を購入します。

行列は店内奥までずーっと続いていました。

テーブル席で食べてる人の様子を観察してたんですが、プイシュキの消費量がハンパないんですよ。
1人あたり5個は余裕で食べてるかもしれない、みたいな。

「とりあえずプイシュキを何個注文しようかなぁ」と考えながら列に並んでいました。

プイシュキを注文します

行列に並んで約10分ほど。
私の注文する番がやって来ました。

基本的には、

  • プイシュキ
  • 紅茶
  • コーヒー(ミルク、砂糖入り)

の3種類から注文します。
カウンターの店員は1人だけで、プイシュキと飲み物を用意しています。
(プイシュキ作りは奥の厨房で別のおばちゃんが行っていました)

注文は指差しで頼みましたが、店員さんは外国人観光客の扱いになれてる感じでささっと対応してくれました。
カードは使える雰囲気ゼロだったので、現金で支払いました。

「プイシュキ」はあったかふわふわなドーナッツ

とりあえず、プイシュキ2個と紅茶を注文。

紅茶は注文すると、カップにお湯を入れたものとテーバックを渡されます。
(お湯にティーバックを入れる、っていう斬新さw)

実際食べてみた感想ですが、めっちゃふわふわドーナッツ。
駄菓子屋で売ってる「ヤングドーナッツ」みたいな「どっしり生地」みたいなドーナッツじゃなくて、空気を多く含んでる感じのふわふわな食感なんですよ。

プイシュキの味をミスドで例えるなら「温かいポンデリング」みたいな感じ。
(ポンデリングに味が似てた)

価格は覚えてないんですが、ドーナッツ2個と紅茶で150円もしませんでした(!)
こんなに安くていいの?!

朝にも「ピシェチナヤ」に行きました

3日目の朝に「ピシェチナヤ」の前を通ったら、開店直後だったみたいで店内がガラガラ!
「もう一度プイシュキを味わおう」と思ってお店に寄ってきました。

2回目はプイシュキ2個とコーヒーを注文しました。
コーヒーですが、めっちゃ安っぽい味の薄いコーヒーなんですよ(笑)
この薄いコーヒーとプイシュキが合うんです。

写真の奥にあるメモ用紙みたいなやつですが、プイシュキをメモ用紙みたいな紙に挟んで食べるます。
(手を汚さないで食べるためのものです)

朝に「ピシェチナヤ」へ行ったときは、何故か店内で猫が堂々とくつろいでいました。

「ピシェチナヤ」の営業時間

月~金曜 9:00~20:00
土・日曜 10:00~20:00



Marketplace(ブッフェ方式のレストラン)

Marketplace」はネフスキー通りにあるビュッフェ方式のレストランです。

テーブルに乗ってる料理で、トータル800ルーブル(約1300円)ほどでした。
値段はそこそこしましたが、料理にハズレは無い、って感じです。

スイカ以外は何の料理かよく分からず注文しています(笑)
紫色のスープは温かいと思って注文したのに、冷製スープだったり。
御飯少な目にして欲しくて必死で伝えたつもりが沢山盛ってくれたり。

料理は美味しかったです。
日本人にもあう味付けで、がっつり食べてきました。

ってか、ロシアにスイカがあるとは!
スイカは日本のスイカに比べると甘さがあんまり無いです。
(日本のスイカは甘くて味が深い!)

「Marketplace」の注文方法

店内に入ったらおぼんを持って、各コーナーにある料理を取ったり店員さんにお皿に盛ってもらったりして注文します。

ロシア料理みたいなものから、ステーキや中華など、色々な料理が並んでいました。

最後に、奥にあるレジに料理が乗ったお盆を持って行き、支払いをします。
(カードは使えました!)

「Marketplace」の場所ですが、ネフスキー通りにある「ドム・クニギ」って本屋さんの隣なので、めちゃくちゃ分かりやすいです。

場所は分かりやすいんですが、外から見るとレストランっぽくないんですよね。
(スーパーマーケットみたいに見える)

「Marketplace」の営業時間

月曜日 8:00-1:00
火~日曜日 8:00-5:30

スタローバヤ(ロシアの大衆食堂)

スタローバヤ」はロシアの大衆食堂です。

大衆食堂、というか雰囲気的には「ビュッフェ方式の格安飲食店」って感じです。
「スタローバヤ」もおぼんを持って、並んでる料理から好きなものを店員さんに取ってもらう、っていうスタイルの飲食店です。

日本で言う所の「ザめしや」とか「まいどおおきに食堂」のロシア版みたいな感じなんでしょうか。

私は朝食で利用しました。
「ぜーんぶの料理を注文したい!」ぐらいの気持ちで、特においしそうなものを選んだつもりなんですが、微妙な取り合わせになっています(笑)

ソファがデカくて隠れて見えないんですが、ソファの奥に料理が並んでいます。
で、赤い帽子を被った店員さんの所にレジがあって、最後に精算をします。

味は普通。
普通ですが、気軽にロシアの味が楽しめるのと、1人でも利用しやすいです。

「スタローバヤ」はサンクトペデルブルクに複数店舗あります。
(私はエルミタージュ美術館近くにある店舗に行きました)


つづきはこちら↓

【ロシア一人旅 2019年8月】サンクトペデルブルクで食べたもの(その2)前回まではこちら https://tabi-hitori.com/2019/11/14/saint-petersburg-food...