サンクトペデルブルグ

【ロシア一人旅 2019年8月】夜の「聖イサアク大聖堂」に行く

前回まではこちら

【ロシア一人旅 2019年8月】現地ツアーで「ペテルゴフ宮殿」に行く(その3)前回まではこちら https://tabi-hitori.com/2019/10/26/peterhof/ https://...

春~夏の「聖イサアク大聖堂」は22時半まで営業しています

「ペテルゴフ宮殿」ツアーから戻ってきたのが20時半ごろ。
ガイドブックに「夏の聖イサアク大聖堂は22時半まで開いてる」って書いてたのを思い出しました。

「外も明るいしこのままホテルに戻るのはもったいないなぁ」と思い、ツアーの解散場所「ゴシチニ・ドヴォール」から路線バス乗り、「聖イサアク大聖堂」までやって来ました。

「ゴシチニ・ドヴォール」の駅前から「聖イサアク大聖堂」までは、路線バス3番、22番、27番に乗ると、約10分ほどで到着します。
「聖イサアク大聖堂」の営業時間は公式サイトで確認出来ます

10時半~18時まで(水曜休み)
(4月27日~9月30日までは22時半まで夜の営業をやってます)

「聖イサアク大聖堂」でかい!
遠くから見たときに想像してた以上の建物の大きさです。
(建物が写真に収まらないし)

聖イサアク大聖堂」とは
1858年に作られたロシア正教会。名前の由来は「ダルマチアの聖イサアク」から。
(今の「聖イサアク大聖堂」は4代目)
「聖イサアク大聖堂」も第二次世界大戦の大祖国戦争でドイツ軍から砲撃を受けました。

何故か「聖イサアク大聖堂」の展望台へ行くことに

「聖イサアク大聖堂」に到着し、入り口前にある自動券売機でチケットを購入しました。
券売機のモニターを見ると、夜と昼ではチケットの種類も料金も異なるみたいです。

ってか、この「階段の絵」は何なの?
周りでチケットを購入してる人のモニターを見ると、みんな「階段の絵」の方のチケットを購入してるんですよ。

「階段の意味が・・・分からない」

と思ったのですが、みんなの真似をして私も「階段の絵」が書いてる方のチケットを購入しました。

ちなみに、チケット購入はモニターを英語表記に変更出来るし、クレジットカードも使えました!

「聖イサアク大聖堂」のチケット料金は公式サイトで確認出来ます

(10時半~17時半まで)
聖イサアク大聖堂 内部に入るチケット 350ルーブル
階段に登って展望台に行くチケット 200ルーブル

(18時~22時まで※4月下旬~9月末のみ)
聖イサアク大聖堂 内部に入るチケット 400ルーブル
階段に登って展望台に行くチケット 40ルーブル

訳も分からず階段を昇ります

「階段の絵」が書いてる方のチケットを持ってる人たちについて行き、「聖イサアク大聖堂」内部に入場しました。

この時はまだ、階段の意味があんまり分かってない状態でした。

中に入ると、らせん状の階段が。
「あのチケットはこの階段を登れと言ってたのか」と思い、階段を登り始めました。

「大聖堂を見に来たのに何で階段を登ってるんだろう?」と思いつつ、長いらせん階段をひたすら登りました。

とにかく結構な距離の階段なんですよ。
自由の女神」や「サグラダファミリア」に登った時の事を思いだしました。

建物内の階段を登り切って「わーい!着いた!」と思ったら、最後に長い階段が。
「聖イサアク大聖堂」の上にあるドーム状の部分に繋がる階段です。

私はこの時やっと「あー、あのドーム状の所って人が行けるのか!」って事に気づきました(笑)

ちなみに、登ってきた階段を横から見るとこんな感じです。
結構な傾斜だし、なかなかのスケスケ感でしょ?

階段の横からは「聖イサアク大聖堂」の屋根部分を間近で見ることが出来ます。
この明るさですが、もう21時を過ぎてます!



「聖イサアク大聖堂」のドーム状の所に到着しました!

「聖イサアク大聖堂」の階段を登りきると、まさかの絶景!!
サンクトペデルブルクの夕景を眺めることが出来ました。

訳も分からず階段を登っただけなんですが、こんな素敵な景色に巡り合えるなんて。

私が到着した時は夕焼けが落ちた後っぽかったんですが、それでも素敵な景色です。

サンクトペデルブルク中心部は高いビルや建物が無いので、遠くまで景色を眺めることが出来ました。

「聖イサアク大聖堂」の正面あたりを下に見た景色です。
雰囲気とかもう色々と素敵すぎる、景色がまさに「ハウス世界名作劇場」の世界ですよ!

向こう側に見える芝生では寛いでる人たちがいたり、夜9時を過ぎてるとは思えない雰囲気。

「聖イサアク大聖堂」のドーム部分は、外周をぐるっと囲う感じで通路があります。
その通路を歩きながら景色を眺めています。

なので、「聖イサアク大聖堂」の上部からサンクトペデルブルクの景色を360度眺めることが出来ます。

遠くに見えるのは「エルミタージュ美術館」です。
で、さらに遠くにチラッと見える川は「ネヴァ川」です。

「聖イサアク大聖堂」から夕焼けに染まるサンクトペデルブルクの街をしばらく眺めていました。

「聖イサアク大聖堂」のドーム部分から地上に戻ります

「聖イサアク大聖堂」のドーム部分をくるっと一周回って、再び階段を降りて地上まで戻ります。

マンションとかで言うと何階ぐらいあるんだろうか・・・6階ぐらいの階段を登った感じかも。

「聖イサアク大聖堂」の地上階に降りてきました。

「聖イサアク大聖堂」は内部の見学しかない、と思ってたのですが上部も見学できるなんて!
嬉しい誤算でした。

ちなみに、夜でも「聖イサアク大聖堂」内部の見学は出来ます(別途400ルーブルかかりますが)。

内部も見たかったのですが、地上階に降りてきたときには時間が21時半を過ぎてたので、あきらめてホテルに戻りました。

「聖イサアク大聖堂」のドーム部分に行ってみて

「聖イサアク大聖堂」のドーム部分、めちゃくちゃおススメです!

ガイドブックに「聖イサアク大聖堂のドーム部分に行けます!」って書いてたのでしょうか?
私は全然知りませんでした。
(書いてなかったような気もするのですが)

夜に行くと入場料金が昼間の倍するのですが(昼だと200ルーブル、夜だと400ルーブル)、昼間より日没間近に行くのがおススメです。
(200ルーブル多く支払う価値は充分にあります)

高い建物がないので、360度いろんな角度から夕景を見ることが出来るのが素敵でした!

帰りですが、私はホテルがエルミタージュ美術館近くだったので、徒歩でホテルまで帰りました。
(ホテルに着いたときは22時ごろ、外は暗くなってました)


サンクトペデルブルクでは他にもいろいろ行って来ました

【ロシア一人旅 2019年8月】サンクトペデルブルク 他に行ったところ(その1)前回まではこちら https://tabi-hitori.com/2019/11/03/saint-isaacs-cathedra...