サンクトペデルブルグ

【ロシア一人旅 2019年8月】サンクトペデルブルクで泊ったホテル(プシュカ イン)

「サンクトペデルブルク」はホテル探しの軸がつかみにくかった

サンクトペデルブルクでのホテル探しですが、決め手の「軸」が決めづらかったです。

海外でホテルを探す時って、決め手の「軸」になるものがあると思うんですよね。
例えば「空港バス乗り場から近い」とか「駅が近い」とか「街歩きしやすい」とか。

サンクトペデルブルクの場合、

  • 空港からの移動はタクシー
    路線バスもあるみたいですが、現実的にはタクシーを利用しての移動になると思います

  • 地下鉄はそんなに乗らない
    サンクトペデルブルクは地下鉄より路線バスの方が便利

  • 「ここだ!」みたいなショッピングスポットが無い
    「ネフスキー通り」や「センナヤ広場」のスポットはあるけど、うーんどうなんだろう?

みたいな雰囲気なんですよ。
(あくまで私の感想ですが)

なんだろ、「とりあえずこの場所を中心にしてホテルを探そう」みたいな場所の決め手が見つからないんですよ。

悩んだ結果「エルミタージュ美術館」周辺でホテルを探すことに

「サンクトペデルブルクの土地勘ゼロ」な私の考えた答えが

「エルミタージュ美術館のあたりだと観光客も多そうだし、便利な場所なのかも」

でした。
それに、「エルミタージュ美術館には絶対に行こう!」と決めてたので、美術館に近いのもアリかなって。

あとは、グーグルマップなどを駆使して、「ホテル周辺の治安は大丈夫かな?」みたいな検索をしながらホテルを探しました。

サンクトペデルブルクでのホテル探しの条件

私がサンクトペデルブルクでホテル探しをした時に決めた条件は以下の通りです。

  • 1泊10,000円ぐらい
  • 徒歩で観光できそうな立地
  • 朝食は無くてもいい

サンクトペデルブルクは8月が観光シーズン真っ只中。
ホテルもまぁまぁ高いんです。

1泊10,000円ぐらいなら「そこそこいい立地で、そこそこいいホテルに宿泊できるかな?」と判断しました。



「プシュカ イン(Pushka INN)」に宿泊しました

色々悩んだ結果、サンクトペテルブルクでは、プシュカ イン(Pushka INN)ってホテルに宿泊しました。

エルミタージュ美術館から歩いて5分ほどのホテルです。

「地球の歩き方」によると、「プシュカイン」は”プーシキンの友達の家”を改装したホテルらしいです。
立地 エルミタージュ美術館には近いけど、バス停や地下鉄の駅が近くに無い
サービス 従業員さんみんな親切だった。廊下にウォーターサーバーがある。
アメニティ 一通りは揃ってた。スリッパ使い捨てじゃかなったけど設置してた。
ベッド 普通のシングルベッド
部屋の設備 冷蔵庫、ドライヤー、金庫あり。コンセントがやや少ない。
お風呂 シャワーのみ。お湯はしっかり出るし、水圧もあるし良かったです。
清潔感 シーツ類は交換してくれないのが残念だった
次回泊まりたい度 ホテル自体は問題ない。けど、次回はもう少し場所を検討して探したいと思った

なぜ「プシュカ イン(Pushka INN)」を選んだかと言うと、「口コミの評判が良さげだったから」。
なんだかんだで「口コミ」って耳を傾けてしまいますよね。

価格は一泊「6480ルーブル(約11,000円)」。
希望してた「1泊10,000円ぐらい」はクリアできたかな、と思っています。

「プシュカ イン(Pushka INN)」は「ハウス名作劇場」の世界な部屋だった

「プシュカ イン(Pushka INN)」では「シングルエコノミールーム」って部屋に宿泊しました。

簡単に説明すると、「プシュカ インで一番安い部屋」です。
どれくらい部屋のグレードに差があるかは、「プシュカ イン」のお部屋紹介ページを見ていただくと一目瞭然です(笑)

私的に「プシュカ イン」も、ハウス名作劇場の「小公女セーラ」度が高い部屋でした。

部屋に置いてるミネラルウォーターは無料です。
(「プシュカ イン」オリジナルのミネラルウォーターです)
無料のミネラルウォーターは毎日置いていました。

お湯は部屋でも沸かせますが、廊下にあるウォーターサーバーからお湯を注ぐことが出来ます。
(私はウォーターサーバーのお湯を毎日利用していました)

冷蔵庫とセキュリティボックスも完備です。

そう、「プシュカ イン」のセキュリティボックスは操作が特殊なので気を付けてください!

セキュリティボックスって、どこのホテルでもロックする時は「暗証番号を押してcloseボタンを押す」みたいな感じが多いと思います。
しかし、「プシュカ イン」の場合は操作が特殊なんですよ。

操作方法はセキュリティボックスの上に案内があるのでそちらを見ていただきたいのですが、私は・・・・操作を誤ってしまい、セキュリティボックスを再度開けることが出来なくなりました(笑)

フロントへ行き、身振り手振りで「セキュリティボックスが開かない」事をアピール。
いろんな従業員が部屋にやってきて、入れ替わり立ち代わりでやっとセキュリティボックスを開けてもらいました。
(開けるまでの時間、約30分!)

そのあとは係員のレクチャーのもと、セキュリティボックスの開閉の練習を行いました(笑)

浴室はシャワーのみです。
シャワー室には仕切りもあるし、シャワーもお湯がしっかり出てたので特に問題なしでした。

「シングルエコノミールーム」は1階にあるのですが、見える景色は隣の集合住宅です(笑)
朝は家族連れがワイワイお出かけしてました。

でも、隣りの集合住宅がめっちゃオシャレでカワイイんですよ。
眺めてるだけでも楽しかったです。

「プシュカ イン」の向かい前には日本総領事館がある

「プシュカ イン」の前にあるモイカ川を挟んだ向かい側には、日本総領事館があります!
サンクトペデルブルクの日本総領事館ってこんなにオシャレな建物にあるんですね。

もしかしたら、人生で初めて「日本総領事館」を見たかも(笑)

「プシュカ イン」の近くには「24時間スーパー」があります

「プシュカ イン」から歩いて5分ぐらいの所にはスーパー(Реалъ/レアル)もあります。
しかも24時間営業!

店内はあまり広くないのですが、生鮮品や飲み物など一通りは販売しています。
イメージ的には関東でよく見るスーパー「まいばすけっと」みたいな感じ。

私は毎日ミネラルウォーターを買いに行ってました。
(1本25ルーブルほどでした)

個人的に注目して欲しいのが、レジ店員の接客態度。
「世の中にこんな接客態度があるのか」と感心するぐらいの塩対応です(笑)
塩というか、死海レベルの塩対応。
とにかく凄い接客態度に「おぉぉぉー、なんかロシアっぽい」と感動してました。

「スーパー(Реалъ/レアル)」はお酒の販売はしていません。
お酒が買いたい時は、「血の上の救世主教会」方向へ少し歩いた所に酒屋さんみたいなお店があります。

「プシュカ イン」に宿泊してみて

「プシュカ イン」は、駅やバス停、買い物スポットからやや離れているので、場所的にはちょっと不便だったかも。

「エルミタージュ美術館」から近いけど、そんなに何度も行く場所でもないな、と現地に行って気づきました。

次回、サンクトペデルブルクに行くことがあれば、「ネフスキー通り」に行きやすくて、バス停が近くにあるホテルに宿泊したいです。
(サンクトペデルブルクは地下鉄よりバスでの移動の方が便利です)

あと、出来ればベッドのシーツは毎日換えて欲しかった。
(シーツは毎日交換してくれない、って事前に知ってたら「プシュカ イン」に宿泊してなかったかも)

「プシュカ イン」に併設してるレストランが最高だった

「プシュカ イン(Pushka INN)」に併設してるレストランも利用しました。
店名はJannoってレストランです。
(プシュカインの朝食会場になっている場所です)

2日目だったかな、ホテルに戻ってくる時間が夜10時前になった日があったんですよ。

「お腹空いてるけど、夜も遅いしあまりホテルから離れた場所でご飯食べたくないなぁ」

と考慮した結果、「プシュカ イン(Pushka INN)」に併設してるレストラン「Janno」が一番無難かな、という結論に。

「Janno」はオシャレなレストランでした

外からお店を見るとなんか値段が高そう・・・。
しかも、メニューも価格も分からない。

しかし、時間も遅いしお腹も空いてるし、今の私には選択肢が無いんです。
「飲食代が5,000円近くかかってもいいから、このお店に入ろう!」
と腹をくくって入店しました。

店内は落ち着いた感じで、数名のお客さんが食事を楽しんでいました。
(「飯を食ってる」って感じじゃない、「楽しんでる」って感じ)

店員さんがもってきたメニューを見たのですが、思ったほど高くなかったです。
メイン料理でも1500円ほどで食べることができそう。

ペリメニ(ロシア版餃子)やビーフストロガノフもメニューにありました。

で、注文したのがこちらの料理。

な、なに!このオシャレ料理!
いやいやいや、想像以上のが豪華さに「おぉぉぉー」と言ってしまいました。
(店員さんは笑ってましたw)

緑色のマッシュポテトに、お肉とベリー系のソースがかかっています。

あとパンですが、ロシアっぽい重いパンなんですが美味しい!
添えられてるクリームも食べたことない味でめちゃくちゃ美味しい。

ちなみに、飲み物はワインじゃなくてベリー系のジュースです。
(ロシアのジュースをください、と言ったらこれが出てきたw)

とにかく、上品な味で美味しかった。

価格は全部合わせて1000ルーブルほどでした。
(日本円で約1700円)

「プシュカ イン」に宿泊してるお客さんは飲食代金が10%引きになります

ウォッカも色々取り揃えてるようで、レストランにいた日本人のお客さんはいろんな種類のウォッカを飲んでました。