シンガポール

【ロシア一人旅 2019年8月】チャンギ空港そばにある「JEWEL」に行く

前回まではこちら

【ロシア一人旅 2019年8月】関西空港からシンガポールへ行く2019年夏休みも関西空港にやってきました 2019年8月11日(日)。 GWスペイン旅行へ行って以来の関西空港にやってきました。 ...
「ロシア旅行」に行ってる途中なんですが、ここではロシアの話題は一切出てきませんw
ひたすらシンガポールに出来た「JEWEL」のことだけ記載しています。

シンガポールに入国しました

17時ごろ、シンガポールに入国しました!

シンガポール入国で一番悩んだのが、入国カードの記入。
シンガポールの入国カードに「滞在先」の記載があるのですが、数時間後にはシンガポールを出国するので滞在はしません。

タイ入国の場合、「滞在先」が空欄だと結構面倒なことになるんですが、シンガポールの場合はどうなんだろう?

「シンガポールって乗り継ぎでプチ入国する人が多いだろうし、その辺りの対応は何とかしてくれるだろう!」

と思い、入国カードの「滞在先」欄は空欄にしました。
その代り、入国の際、係員にEチケットを見せて

「私は今日の深夜にモスクワへ行くんだ!」

アピールをしまくりました。
そしたら係員は「なるほど」って感じで、入国カードにサラサラっと何か文字を書いて、パスポートのスタンプを押してくれて、シンガポールに入国することが出来ました。
(意外とあっさり手続き出来ました)

時間も無いので、入国後は急いで「JEWEL」に向かいます。

チャンギ空港そばに出来た商業施設「JEWEL」とは

「JEWEL」とは、チャンギ空港に2019年4月にオープンした巨大な商業施設です。
17億シンガポールドル(約14億円)の費用と4年の歳月をかけて完成した凄い施設です。
(場所的にはT1の駐車場があった場所あたり、だと思う)

2019年4月にオープンしたばかりなんで、今販売してるシンガポールのガイドブックに紹介してないんですよ。
なので、私も「JEWEL」の公式サイトを頼りに行って来ました。

「JEWEL」の存在を知ったのはチャンギ空港の公式サイト
2019年GWにスペインへ行ったときの帰り便がシンガポール航空で、チャンギ空港を経由して関空へ戻ってきました。
で、日本に帰ってきてからチャンギ空港の公式サイトを見てるとやたら「JEWEL」って言葉が出てくるんですよ。
「JEWELって何?」と思って調べてみて、そのとき初めて商業施設の存在を知った次第です。
(GWにチャンギ空港ウロウロしてたときに新しい建物があったなぁ、とは思ってたw)

「JEWEL」はチャンギ空港T1に隣接してます

チャンギ空港と「JEWEL」は、T1のところで隣接しています。

「JEWEL」側からみたT1です。
到着ゲートと「JEWEL」が繋がってる、って感じでした。
(T1のスカイトレイン乗り場はこの奥にあります)

「JEWEL」はチャンギ空港T2やT3からでも行けます

T2とT3は「JEWEL」隣接にしてないのですが、通路で繋がっています。
(上の写真はT2で撮影しました)

スカイトレイン(入国してない側の方)でも「JEWEL」までいくことが出来ます。
私はウロウロしまくってたので、全てのターミナルから「JEWEL」に行きました(笑)

「JEWEL」の行き方ですが、案内板が出てるので案内に沿って行けば、ほぼ迷うことなくたどり着けます。

ってか、「JEWEL」に向かってる人が多いので、人の流れについていけば「JEWEL」まで行くことが出来ます。

私はT2から「JEWEL」に行きました。
通路は屋根がついてるので、雨の日でも濡れることなく移動できます。

通路から「JEWEL」が見えます。
この建物、2019年4月にチャンギ空港へ来たときに見た気がします。
当時、これをパッと見て「新しい商業施設かな?」とはさすがに思えなかったです。

通路の先に「JEWEL」の入り口が出てきます。

ちなみにT3から行く場合、T3の出発ゲート側に「JEWEL」へ行く入り口がありました。



巨大商業施設「JEWEL」に行った感想

「JEWEL」に関する詳細な情報はググればいろんなサイトで紹介してるので、そちらを見ていただければと思います。
(だいたい似たような感想なんで)

私は「JEWEL」の全部の階を見て回りました!
見て回った上で、「JEWELってこんな感じ」ってのをまとめてみました。

(感想1)「JEWEL」は地下2階から5階まである商業施設

「JEWEL」を日本の施設で例えると、「イオンモール」に「ルクア」と「なんばパークス」と「阪急百貨店」をぶち込んだ巨大商業施設って感じでした。

1階~4階のテナントは、ちょっと高めのレストランやブランド店が多めです。
各階ごとにブランド店とレストランがある、って感じ。

上階はどこもお店も値段がソコソコ高くて、低予算で旅行してる私にとっては敷居が高かったです。

(感想2)地下1階~地下2階は庶民向けのお店が多い

地下1階~地下2階のテナントはお手頃価格なお店が多かったです。
低予算で旅行してる人間にとってはパラダイスみたいな所でした(笑)

ファストフード、フードコートなどもあり、お手ごろ価格で食事が出来ます。
ユニクロBOSSINI(香港のユニクロみたいな店)などのファストファッションもこの階にあります。

それと、地下2階にはスーパーもあります!
日本の食品が結構売ってるのですが、お土産品なども取り扱ってます。

地下2階にある「Five Spice」ってフードコートで食べた麺料理です。
私がグチャグチャに混ぜたんじゃなくて、店員さんが混ぜまくった物です。

思った以上に辛くて、スープは思った以上に淡泊な味でした。
この麺料理で7シンガポールドル(550円ほど)でした。

ちなみになんですが、地下階の写真、全然撮ってないんですよ(笑)
なんで?あんなにウロウロしてたのに。

地下階はリーズナブルなお店が多いので、とても込み合ってました。

(感想3)5階は有料のアトラクション施設がある

5階は屋外っぽい空間になっていて(屋外じゃないけど)、鏡の迷路などの有料アトラクション施設があります。
各アトラクション施設は現地でもチケットが購入出来ますが、「JEWEL」の公式サイトからも事前にチケット購入が出来ます。

その他、5階には飲食店もあります。
タイガービールのバーもありました。

(感想4)「JEWEL」の中心部あたりにクッソでかい滝みたいな凄いやつがある

「なんじゃこりゃ!」っていうぐらいにデカい滝みたいなのが、「JEWEL」にあるんですよ。
「JEWEL」のメインシンボルになってるもので、上階からだと滝を間近で感じることが出来ます。

屋内滝の正式名称はRain Vortexと言います。
高さ40メートルあり、世界最大の屋内滝です。

こう・・・なんていうんでしょうか、天井から水が流れてきてて、どばーって下に落ちてるんですよ。

この凄い滝みたいなやつは、「JEWEL」の各階から見ることが出来ます。
地下階からは、水が落ちてる部分をガラス越しに見ることが出来て、これも凄いことになっています。

屋内滝の周辺には南国っぽい植栽がいっぱいありました。

スカイトレイン「T3⇔T2」行きに乗ると、トレイン内から滝を見ることが出来ます

屋内滝を見ると、横に線路があるんですよ。
この路線は「T3⇔T2」のスカイトレイン(入国してない側の方)用の線です。

「あの線路に乗って滝がみたい」と思い、乗り場を探してめっちゃ館内をウロウロしました。

T1からスカイトレインに乗ってみたのですが、屋内滝の横を通過しません。
色々考えた結果

「屋内滝横の線路は、T3⇔T2行きのスカイトレインに繋がってるんだな!」

と気づきました。

で、一度T2まで戻り、わざわざT3行きのスカイトレインに乗りました。

スカイトレインに乗ると、線路が「JEWEL」にめり込んでるのが分かります。

スカイトレインからだと、かなり近くまで屋外滝を見ることが出来ました。
屋内滝の上部を至近距離で見るのもすごく迫力がありました。

乗りながら思ったのですが、以前からあったスカイトレインの周りに「JEWEL」が出来たって感じなんしょうか。

(感想5)日本発の店舗が多い

「シンガポール人はどんだけ日本のお店が好きなんだ!」ってぐらいに、「JEWEL」には日本の店舗が多いです。

日本の店舗の多さが「イオンモール」感を醸し出してました(笑)

格安で散髪してくれるQBハウス(しかも子供用)や、日本で見たことない「モロゾフ」の喫茶店もありました。

調べてみたら、モロゾフの喫茶店は「JEWEL」だけみたいです。

その他、日本のラーメン屋とか、居酒屋、とんかつ屋などなど。
どれも日本より割高な価格でしたが、どのお店も流行っていました。

なにが一番びっくりしたって、「JEWEL」内にしれっと「東急ハンズ」があったんですよ。
一瞬、自分が世界のどこに居てるのか分からなくまりました。
あべのキューズモールに居る気分でしたw)

販売してる商品は日本で売ってる物とほとんど同じで、陳列もまさにいつもの東急ハンズ。「東急ハンズ」があるあの空間だけ、シンガポールじゃなかったです(笑)

調べてみたらシンガポールには「東急ハンズ」が数店舗あるみたいです

(感想6)全部見て回って2時間ぐらいかかった

私は「JEWEL」がどんなものか分からなかったので、全部の階を見て回りました。
実際に見てきての個人的感想ですが、

「そこそこ高いものが見たい!食べたい!」って方は、上階を中心にウロウロするのをおススメします。

「リーズナブルなものが見たい!食べたい」って方は、地下階を中心にウロウロするのをおススメします。

あと、館内にある案内所にフロアマップ(英語)を配布してるので、地図を頼りに「JEWEL」を散策するのがおススメかも。

乗り継ぎ時間が「4~5時間」ほどあれば「JEWEL」に行ける、と思う

チャンギ空港乗り継ぎで「JEWEL」に行く場合なら、

  1. 入国手続きやら何やらで1時間。
  2. 「JEWEL」でバタバタせずに楽しんでご飯を食べたりするなら、滞在時間3時間ぐらい欲しい
  3. 出国手続きとかで30分ぐらい。
    (シンガポールの場合、出国手続きの時に手荷物検査はしないので)

って感じかな、と。
となると、余裕を持って4~5時間あれば「JEWEL」を満喫できると思います。

ってか、「JEWEL」とチャンギ空港の免税店に行けば、シンガポール中心部にあるお店は大概そろってる感じでした。
(それぐらい、シンガポールの色んなお店が「JEWEL」にあります)


行ってみたかった「JEWEL」も散策出来たので、再びシンガポールを出国し、モスクワを目指します。