バルセロナ

【スペイン一人旅 2019年GW】バルセロナからシンガポールへ行く(その2)

バルセロナ空港(12:05)→チャンギ空港(翌7:00)/SQ387

バルセロナ空港では搭乗まで1時間ほどしか待ち時間がなかったので、あっという間に搭乗時間がやってきました。

ゲート近くで搭乗を待ってる間、中国人に間違われて中国語で質問されたり(このチケットの飛行機、時間まだ間に合う?みたいな質問w)、微妙な時間を過ごしてました。

この飛行機に乗って、約13時間かけてシンガポールまで行きます。

外を見ると、めちゃくちゃ雨が降ってました。
スペイン滞在中は雨に降られることが無かったのですが、帰るときに雨が降ってきて個人的には良かったかも。

搭乗時間が来たので飛行機に乗ります。

周りを見渡した限り、ほとんど日本人はいませんでした。
アジア人はシンガポールの方が多かったです。

さすがに、シンガポール経由で大回りして日本に帰ろう、って人は少ないかも知れません。

初めて「A350-900」に乗りました

今回乗った飛行機は「A350-900」。

2019年9月からJALで「初めてエアバス機を就航します!」って言ってる、あのエアバス機と同じやつです。
(ちなみに、「A350-900」のローンチカスタマーはシンガポール航空)

「帰りのルートが遠回りになってもいいかな」と思えた理由の1つが「A350-900に乗れるから」でした。

前のモニターが大きかったのが良かったです。

バルセロナ空港を離陸後、ドリンクが配られました。
ビールは空港で飲んだので、白ワインを飲むことにしました。

ってか、この豆菓子の味が私にはちょっとイマイチだったかも。

シンガポールまであと約11時間・・・。

機内では手前のモニターで映画「名探偵コナン 世紀末の魔術師」が視聴出来たので、久しぶりに「名探偵コナン」を見ました。
大阪が舞台になってる内容で、親近感を抱きながら見てました。

なんやかんやで「名探偵コナン」って面白いですね。

機内食(1回目)

飛行機に乗ってから約2時間後、1回目の機内食が提供されました。

魚とヌードル、ツナサラダとパン・・・だったと思う。

味はやっぱりシンガポール航空なので、アジアっぽいなぁと思いながら味わってました。
美味しかったです。
(特にパンとバターが美味しかった)

食後にチョコレートアイスが出てきました。

味は「スーパーカップ」みたいな味でした。
(ちょっと甘かったけど)

で、食後のドリンクは、シンガポール航空の名物「シンガポール・スリング」!

「シンガポール・スリング」はシンガポールにある「ラッフルズ・ホテル」で誕生したカクテルなんですが、シンガポール航空のドリンクメニューにもあるんですよね。

作ってもらうのに若干手間がかかるので、注文するのに少し気が引けるのですが、シンガポール航空に乗ったらとりあえず「シンガポール・スリング」は飲みたい!

味ですが、おいしい。
パイナップルジュースが入ってるので口当たりは甘いのですが、アルコール度数が少し高いのか、しばらくするとちょと酔いが回ります。

シンガポール航空の味を一通り楽しんだ後は、シンガポール時間に身体を慣らさないとダメなので、すぐに寝ました。

夜食

3時間ぐらい眠って目が覚めると、暗い通路の中、CAさんが軽食を配ってました。

「何があるかなぁ」と思って見ると、サンドイッチを発見。
CAさんが「ツナサンドですよ」と教えてくれました。
美味しそうなので頂く事に。

サンドイッチ意外と美味しい!
「名探偵コナン」の続きを見ながら完食しました。

サンドイッチを食べた後、再び寝ました。

機内食(2回目)

周りが騒がしいので起きてみると、あと約3時間ほどでシンガポール到着の時間。
2度目の機内食を配布してました。

朝食は洋食にしました。
トマトだったっけ?チーズで焼いてるやつとソーセージとポテト。
あとはフルーツとパンとヨーグルト。

ソーセージがかなりズッシリした味でしたが、美味しかったです。

シンガポールまであと2時間ほど。
思ったより疲れてないかも。

サンフランシスコ~関空に搭乗した時の方が、時差とか日付変更線とかですっごい疲れました。

食事が終わり、窓側を見たら「風景は朝!」って感じでした。



チャンギ空港に到着!

なんやかんやで搭乗13時間、シンガポール・チャンギ空港に到着しました。

「時差の関係で眠れなかったらどうしよう」と思ったりしましたが、意外と寝て食べてを繰り返しながら機内で過ごしていました。

チャンギ空港は3年ぶり?ぐらいにやって来ました。
38000マイル特典航空券で東南アジア回りまくる、で来た以来です)

相変わらず豪華で広々としてる、って感じです。

次に搭乗する、関空行きの飛行機の時間は14時前。
「シンガポールに入国しても暑いし、やることないよなー」と思い、乗り継ぎまでの時間はチャンギ空港内で過ごすことにしました。