バルセロナ

【スペイン一人旅 2019年GW】バルセロナで行った場所(その4)

前回まではこちら

【スペイン一人旅 2019年GW】バルセロナで行った場所(その1)①カタルーニャ広場 「カタルーニャ広場」は、バルセロナ中心部にる有名な広場です。 1927年に作られました。 2017年8月に...
【スペイン一人旅 2019年GW】バルセロナで行った場所(その2)前回まではこちら https://tabi-hitori.com/2019/08/22/bcn-kankou/ ⑤サン・パウ病院...
【スペイン一人旅 2019年GW】バルセロナで行った場所(その3)前回まではこちら https://tabi-hitori.com/2019/08/22/bcn-kankou/ https:...

⑯グエル邸

グエル邸」は、グエル公園でおなじみの、グエルさんの邸宅です。
作ったのはガウディで、1886年から1888年にかけて建築されました。

「グエル邸」も、ガウディ作品の世界遺産の1つみたいな感じで、世界遺産に登録されています。

「グエル邸」を見学してきました

実際にチケットを購入して、「グエル邸」内部を見学してきました。

チケット代は12ユーロ(オーディオガイド付き)。
バルセロナカードエクスプレス」を提示するとチケット代が25%引き(10.2ユーロ)になります。

「10.2ユーロぐらいなら奮発して見学してもいいかな」みたいな気分になり、「グエル邸」を見学してみることに。

「グエル邸」は日本語オーディオガイドがありました!
オーディオガイドは館内の場所を1つ1つ丁寧に説明してくれるので、「なぜ室内をこのようなレイアウトにしたのか」みたいなのが理解できてとても良かったです

「グエル邸」へは17時前に来ました。
正面入り口は行列もなくて、めちゃくちゃ空いていました。

建物を入ると地下階に繋がる通をみたいな所を通り、内部に入ります。
地下・・・というか、半地下と言う感じの場所があり、その場所は馬車を管理する場所になってたそうです。

ちなみに、奥にトイレ(展示物と関係なく、現代の人が使う普通のトイレ)がありました。

建物内は、中心部が吹き抜けみたいになっていて、周りに部屋がある、って感じでした。

ってか、「グエル邸」内部の写真をあんまり撮ってないんですよねぇ。
(たぶん、内部を見るのに気持ちが集中してたんだと思います)

内部は意外と部屋数があります。
グエル一家ってたぶん5人家族(オーディオガイドで言ってた気がする)なんですが、5人家族でこの部屋数は持て余したりしないのかなぁ、って一人思ってました。

「グエル邸」の屋上が素敵でした

「グエル邸」にも屋上がありました。
内部はシックな雰囲気の中にガウディの個性がチラ見してる、って感じだったのですが、屋上はガウディの個性が散見しまくってました。

バルセロナに来てからガウディ作品の建物をいくつかみてきましが、ガウディって円錐みたいな、とんがりコーンみたいな形が好きなんですね。

「グエル邸」を見学してみて

チケット代が12ユーロ(割引で10.5ユーロ)だったので、あんまり期待してなかったのですが、意外と見応えがありました。

ってか、10ユーロほどでガウディ作品をじっくり見れるなんて、かなりお得かも。

個人的には「カサ・ビセンス」より、「グエル邸」の方が素敵だなと感じました。
(ガウディもパトロン的存在であったグエルさんの邸宅なので気合いを入れて作ったのかも知れませんが)

見学時間ですが、1時間半ほどあれば一通り見て回ることが出来ます。

チケットも窓口ですぐに買えたし、内部はそんなに混雑してなかったのでゆっくり見学できたし、日本語オーディガイドもあるし、意外と「グエル邸」は穴場かも。

フラメンコのタブラオ「Tablao Flamenco Cordobes」のすぐ近くです。
私みたいにフラメンコを観に行く前に「グエル邸」を見学する、ってのもおススメです。

中に入らなくても、外観を観るだけでも見ごたえがあります!

⑱ブケリア市場

ブケリア市場」はランブラス通り沿いにある市場です。
ランブラス通り沿いを、カタルーニャ広場から海方面に歩いていると人だかりが出来てる一帯があって近づいてみるといきなり市場が出てきた!って感じでした。

市場なので、生鮮品などの商品が多く販売していました。
あぁ、日本に加工肉をそのまま持って帰れるならサラミとか買って帰るのになぁ。

とにかく「ブケリア市場」全体的に人が多かったです。

観光客向けに、ちょっとつまんで食べることが出来る物も販売していました。

写真に撮ってないのですが、バーみたいになってる店舗もあって、お酒や料理を楽しんでるお客さんもいました。

スペイン旅行の話題と全然関係ないのですが、今回のスペイン旅行をきっかけに「Canon PowerShot G9 X Mark II」ってカメラを買ったんですよ。

・・・この写真、カメラの機能的にめっちゃ綺麗に撮影できてると思いませんか?(笑)
なんだろ、この色のコントラストとか、メリハリ感とか、ツヤ感とか。

「明日の生活が困窮するかも」ってぐらいの気持ちで奮発してカメラを購入しましたが、「Canon PowerShot G9 X Mark II」を買ってよかった。
(自画自賛)

「ブケリア市場」の入り口近くに、めちゃくちゃ流行ってるオシャレなアイスクリーム屋さんもありました。
(まさにインスタ映えする、って感じのアイスクリーム屋さん)

⑲カサ・カルベ(Casa Calvet)

「カサ・カルベ」は繊維業の経営者カルベさんの邸宅兼事務所。
ガウディが設計、1898年~1900年に作られました。

宿泊してたホテルから歩いてすぐの場所にあったので、外観だけでもと思って見に来ました。

っても、「カサ・カルベ」は見学施設じゃないので内部の公開は行っていません。
が、1階のレストランを利用すると、内部を見ながら食事が出来ます。

「カサ・カルベ」にレストランは高級中華レストラン

「1階のレストラン」についてちょっと調べてみました。
「カサ・カルベ」にあるレストランは「China Crown」っていう高級中華レストランになっています。

確かに、撮影した銘鈑の写真をよく見ると、「China Crown」って書いてました。

公式サイトでメニューをちらっと見ましたが、コースメニューでも安くて1人50~60ユーロほどでした。

確かに高級な価格ですが、ちょっと奮発したら払えなくはない価格かも。
他の見学施設でもチケット代が20ユーロほどするので、「見学代金と食事が付いてる」と思って「China Crown」を予約するのもアリだなぁと思ってしまいました。

ただし、コースメニューは2人からなので、1人で行くとなると1万円近くかかるかも知れない・・・。


バルセロナではいろんなものを食べてきました

【スペイン一人旅 2019年GW】バルセロナのバル通りでピンチョスを食べる食べた「ブライ通り」にはバルがいっぱい バルセロナの中心部よりやや外れた、エスパーニャ広場に行く途中に「ブライ通り」という路地...
【スペイン一人旅 2019年GW】バルセロナで食べたものバル通りでピンチョスも食べてきました https://tabi-hitori.com/2019/09/03/barcelona-b...