マドリード

【スペイン一人旅 2019年GW】電車でラマンチャの風車を見に行く(その3)

前回まではこちら

【スペイン一人旅 2019年GW】電車でラマンチャの風車を見に行く(その1)スペインにも風車の町があるんです! 風車といえば「オランダ」を想像すると思いますが、スペインにも風車があります。 マドリードから...
【スペイン一人旅 2019年GW】電車でラマンチャの風車を見に行く(その2)前回まではこちら https://tabi-hitori.com/2019/06/29/la-mancha-fuusya1/ 日...

「アルカサル・デ・サン・ファン駅」に到着

9時半すぎ、「アルカサル・デ・サン・ファン駅」に到着しました。
アトーチャ駅から1駅なので、あっという間に着いた感じでした。

「アルカサル・デ・サン・ファン駅」の外観はめちゃくちゃオシャレ。
マドリードに比べると、人が少なくてのんびりした雰囲気です。
「郊外の小さな町」って感じでした。

「アルカサル・デ・サン・ファン駅」の駅前で朝ごはんを食べる

「カンポ・デ・クリプターナ」へ行く前に、駅前にあるバルで朝ごはんを食べました。

パンコントマテ」っていうスパンの上にすりつぶしたトマトが塗ってるスペイン料理とコーヒーです。
これだけのボリュームで全て合せて価格が2ユーロ!

温かいパンの上に冷たいトマトのペーストがめちゃくちゃ美味しい。
店員さんが「オリーブオイルをかけると美味しいよ」みないな事をジェスチャーで教えてくれました。
実際にオリーブオイルをかけて食べてみましたが、オリーブオイル自体が美味しい!

ってか、ホテルから出発する時間が遅かったりして朝ごはんを食べる時間がありませんでした。

「このままお腹を空かせたままカンポ・デ・クリプターナに行くしかないのかなぁ」と思ってたのですが、「アルカサル・デ・サン・ファン駅」の駅そばに地元の人たちでにぎわってるバルを発見。

「これだけ地元のお客さんで賑わってるんだから値段は高くないだろう」と判断して、お店に入ってみることに。

地元の人、ってか地元のおじさん達が朝からおしゃべりで賑わってる感じのお店でした。

どんな料理があるのか分からないので、近くにいたおじさんが食べてた「パンコントマテ」とコーヒーを指差しながら料理と飲み物を注文しました。

お店の雰囲気も良いし、スペインの日常の風景に入り込めた感じがして、すごく素敵な時間を過ごすことが出来ました。

タクシーに乗って「カンポ・デ・クリプターナ」に行く

この時間(朝10時ごろ)は、「カンポ・デ・クリプターナ」へ行きの電車はありません。

マドリードから「アルカサル・デ・サン・ファン駅」までの電車はそれなりの本数があるのですが、「アルカサル・デ・サン・ファン駅」から隣り駅の「カンポ・デ・クリプターナ駅」までの電車が1日数本しかないんです。

なので、「アルカサル・デ・サン・ファン駅」からタクシーを利用して「カンポ・デ・クリプターナ」に向かいます。

「アルカサル・デ・サン・ファン駅」の駅舎を出ると目の前に立派なタクシー乗り場があります。

が、客待ちしてるタクシーが無い!

「えぇどうしよう」と思って、「アルカサル・デ・サン・ファン駅」内の案内所に聞きに行ったりしてる間にタクシーがやって来ました。
(もし、待っていてもタクシーが全然やってこない場合は、駅の案内所にいてる係員に相談するのも良いかも)

タクシーのおじさんに「カンポ・デ・クリプターナ」の風車の写真(グーグルで検索したやつ)を見せて「ここに行きたいんだ!」アピールをするとすぐに理解してくれました。

無事タクシーに乗ることが出来てホッとしました。

・・・と言いたいところなんですが、タクシーに料金メーターが無い!!

えぇ、めっちゃボラれたらどうしよう。
タクシーの運転手さんは悪そうな感じではない、と信じながら乗車していました。

ちなみにタクシーですが、乗車は10分ほど。
料金は12ユーロでした。
個人的には「15ユーロぐらいはかかるかな?」と想定していたので、妥当な価格だと思っています。
(ってか、そう思いたいw)

「カンポ・デ・クリプターナ」に到着!

「カンポ・デ・クリプターナ」の風車に到着しました。

タクシーを降りると目の前にあのスペインの風車が!!
めっちゃ感動。

私がラマンチャ地方にあるスペインの風車が見みたいと思ったのは、「ドンキホーテを読んだから」とかそんな知的な事じゃなくて、

小学生の頃に使ってた下敷きの写真が「スペインの風車だった」から

って理由だけでここまで来ました(笑)
スペイン旅行の日程表の記事にもちらっと書いたんですが、小学生の頃にスペインの風車の写真が載ってる、JALパックの販促品の下敷きを使ってたんですよ。

その下敷きは夕景だったのですが、まさにこの景色。
たぶん、あの下敷きの場所はここだと思います。

下敷きは父親が独身時代に旅行代理店から貰ってきた物でした。
スペイン旅行の料金が下敷きに掲載してたのですが、安いパック旅行でも50万円近くの価格が書いてたような記憶があります。
(小学生の記憶なのであいまいですが)

ってか、人が全然いません!
たまーに地元の人がふらっといたりする程度で、私だけの貸切状態。
「カンポ・デ・クリプターナ」の風車の景色を1人で満喫していました。

とにかく静かな場所でした。

遥か遠くにも風車が見えるのですが、あれってもしかして「コンスエグラ」の風車?!

「カンポ・デ・クリプターナ」で「コンスエグラ」の風車(たぶん)も見ることが出来てちょっとラッキー。

一人で風車を眺めながらぼけーっとしてたら、地元の幼稚園児や小学生たちが保育士さんや先生に連れられてワラワラとやって来ました。

その後、幼稚園児たちは風車の絵を描いたり、小学生たちは風車の中を見学したりしていました。
なんか日本とそんなに変わらないなぁ、と思いながら光景を眺めていました。

こんな素敵な景色を独り占め出来て、ほんと贅沢な時間だなぁと思いながら風車を眺めていました。

「カンポ・デ・クリプターナ」の風車近くにレストランもあります

「カンポ・デ・クリプターナ」の風車前にはレストランが2軒ほどあります。

が、両方とも営業時間が13時半からなんですよねぇ。
スペインなのでランチ営業が遅いんだと思う。
(もう少し早い時間から営業してたら行ってたのになぁ)

メニューを見たらべらぼうに高い料金じゃなかったので、時間があえば帰りにランチを食べて帰るのもいいかも。

「カンポ・デ・クリプターナ」の風車の1つが観光案内所です

「カンポ・デ・クリプターナ」の風車は中に入ることが出来ないのですが、観光案内所になっている風車には入ることが出来る・・・らしいです。
(上記写真右側の風車)

というのも、私が行ったときは観光案内所の人が小学生の風車案内をしてた為、案内所が一時閉店してました。

案内所で風車の内部を見たり、トイレを借りたり出来るらしいです。


念願の「カンポ・デ・クリプターナ」にある風車を見ることが出来ました!

1時間ぐらい風車を眺めたり、ぼんやりして過ごした後、マドリードに戻ることにしました。

【スペイン一人旅 2019年GW】電車でラマンチャの風車を見に行く(その4)前回まではこちら https://tabi-hitori.com/2019/06/29/la-mancha-fuusya1/ ...