マドリード

【スペイン一人旅 2019年GW】マドリードで闘牛を見に行く(その2)

前回まではこちら

【スペイン一人旅 2019年GW】マドリードで闘牛を見に行く(その1)スペインに来たからには「闘牛」は見たい! 「スペインに行こう!」と決意したときかた、闘牛は絶対に見るぞ!と決めていました。 闘牛はス...

「プラド美術館」から「ラス・ベンタス闘牛場」に向かう

「ラス・ベンタス闘牛場」へは「プラド美術館」に行った後に行きました。

「プラド美術館」から少し歩いたところに地下鉄(2号線)があり、「ラス・ベンタス闘牛場」は地下鉄(2号線)沿線にあるのを確認してたからです。

「プラド美術館」から「キュベレーの噴水」方面へ向かって歩くと、地下鉄「バンコ・デ・エスパーニャ駅(Banco de España)」があります。

「バンコ・デ・エスパーニャ駅」から「ベンタス駅(Ventas)」へ向かいます・・・のはずでした。

地下鉄が運休してる、というアクシデントに遭遇する

結論から言うと、地下鉄に乗って「ラス・ベンタス闘牛場」へ行くことが出来ませんでした!!!

なんかさぁ、地下鉄2号線が一部動いてなかったんですよ!
Retiro駅からOpera駅の間が運休してるようでした。

 

ちなみに、「グランビア駅(Gran Via)」は駅改装中で駅が閉鎖中!

たぶん、2019年GWにマドリードへ旅行した人、みんな困ったと思う。
私は地下鉄が動いてない、「グランビア駅(Gran Via)」は閉鎖してる、ってことを全然知らなかったのでマドリード旅行でかなり焦りました。

 

まじでマドリードの地下鉄つかえねぇー!!

「ラス・ベンタス闘牛場」へは146番のバスで行くことが出来ます!

地下鉄が動いてなくても、マドリードには路線バスがあります!

マドリードのバスのサイトで路線図を確認すると、「ラス・ベンタス闘牛場」へは146番のバスに乗って「キュベレーの噴水」近くにあるバス停から行けることが確認できます!

って偉そうに言ってますが、現地の居た時は地下鉄が走ってないで一瞬焦りました。
お金かかるけど「ラス・ベンタス闘牛場」にはタクシーで行こうか迷いました。

が、グーグルマップを使い「バスだけ」で路線検索をして146番のバスを見つけました!
(ありがとうグーグルマップw)

バス停は「キュベレーの噴水」の向かい前にあります。

「キュベレーの噴水」前のバス停からバスに乗って約15分ほどで「ラス・ベンタス闘牛場」に到着します。

マドリードのバスはバスの車内にモニターが付いてて、停留所の案内など大きい文字で詳しく表示してくれます。スペイン語が分からなくても、グーグルマップのバス停の名前をモニターで確認すれば迷うことは無いと思います。

ちなみに私は「地下鉄10回分回数券(Abono 10 Viajes)」を事前購入してたので、回数券で乗車しました。

「ラス・ベンタス闘牛場」に到着

無事、「ラス・ベンタス闘牛場」に到着しました!

146番のバスは「ラス・ベンタス闘牛場」の前(正確には道路を挟んだ向こう側)に停車します。
道路を渡ると、「ラス・ベンタス闘牛場」に到着です。

「ラス・ベンタス闘牛場」は思った以上にデカくでかなり迫力があります。
初めて甲子園球場に来たときみたいな、そんな雰囲気と気分を味わっていました。
(甲子園球場もかなりでかいです)

「ラス・ベンタス闘牛場」周辺の売店は飲み物が高い!

闘牛場のまわりには露天の売店もありますが、値段は観光地価格なので注意が必要です!
(私の実体験)

急いで「ラス・ベンタス闘牛場」まで来たので、飲み物を買ってませんでした。
売店でミネラルウォーターを購入したのですが、

ミネラルウォーター(500ml) 2ユーロ(約250円)

でした(白目)
ちなみに、スーパーだとミネラルウォーター(500ml)は0.5ユーロほどで販売しています。
現地でミネラルウォーターを買うとバカ高いので、事前にスーパーなどで購入したものを持参することをおススメします。

ビールは場内で販売しています

ビールは場内に売店があって、そこで販売しています!
(しかも生ビール)

生ハム挟んだパンも販売してたので、ビールを飲みながら闘牛を見ることが出来ます。

ビールは隣に座ってた外国人カップルが飲んでましたが、めっちゃデカい(1リットルあるかも?!)ってサイズのビールを飲んでました。
(外国人カップルに「そのビールいくらしましたか?」と英語で聞いたのですが、「私たちも値段がよく分からず購入したw」と話してました)

「レンタル座布団」は借りた方が良い

「ラス・ベンタス闘牛場」の入り口や場内で茶色い座布団のレンタルがあるのですが、座布団はレンタルするのをおススメします!
(レンタル料は1.5ユーロほど)

闘牛場の席は「椅子」じゃなく、石で出来た観覧席、みたいになっています。
寒い季節じゃないので、「お尻が冷たい!」ってことは無いんですが、表目が硬いので座り続けてるとお尻が痛くなります。

近くにいてた日本人のおじさんは最初「座布団なし」で闘牛を見てたのですが、お尻が痛くなったのか、途中座布団をレンタルしてました。

座布団の返却は座席に置いたままでOK

座布団をレンタルしたはいいけど、返却はどうするの?!

と思ってたのですが、隣に座ってた外国人カップルが「レンタルした座布団はそのまま置いたままでいいみたい」と教えてくれました。

ホントかどうか分からないけど、みんな座席に放置したまま帰ってたので、「借りた座布団は座席に放置」で大丈夫だと思います。

「ラス・ベンタス闘牛場」の場内に入ります

入場から座席に着くまでですが、

  1. 座布団を借りてから、入り口でチケットを見せて中に入る
  2. チケットには入場口の番号が書いてるので、その番号の入り口へ向かい、入り口前に居てる係員にチケットを見せる
  3. 係員が私の座席の場所まで案内してくれて、着席!

って感じでです。
チケットに書いてる番号の位置から入場するとか、まさに「甲子園球場」みたいです(笑)

入場口に入る手前にアルコールなど販売してる売店があります。

 

おぉー。これが闘牛場か!

私は日陰席(Sombra)の前から5列目の位置に座っています。
で、向かい前にみえるのが「西日が当たる席(Sol)」。
かなり暑そうです。

半分だけ日陰席(Sol y Sombra)がこんな感じです。

半分だけ日陰席でも、比較的近くで闘牛を見ることが出来る感じでした。
それでも日が少し落ちるまでは暑いと思う。


本当は闘牛の観戦内容まで(その2)に書こうと思ったのですが、ちょっと長くなりそうなので、(その3)に続きを書きます!

長くなりそうな位、闘牛はいろいろ衝撃的な出来事でした・・・。