マドリード

【スペイン一人旅 2019年GW】マドリードで飲み歩く(その2)

【スペイン一人旅 2019年GW】マドリードで飲み歩く(その1)の続きです。

【スペイン一人旅 2019年GW】マドリードで飲み歩く(その1)前回まではこちら https://tabi-hitori.com/2019/06/11/madrid-idou/ https...

(飲み歩き⑥)Casa Labra

Casa Labraは鱈のフライが有名なお店で、ガイドブックやネットなどでも頻繁に紹介されています。

名物の鱈のフライとクリームコロッケみたいなやつがべらぼうに美味しかった!
美味しくてしかも安い。
ビール込みで5ユーロもしてない。

立ち飲みの場合、料理の置き場所の幅がちょっと細いのがネックです。

店の外と店内奥がテーブル席になっていて、店内の手前が立ち飲みスペースになっています。
私は1人だし、サクッと飲みたかったので立ち飲み席で飲むことにしました。

注文方法がちょっと特殊だった

「Casa Labra」は初めて行くと注文方法に戸惑うと思います。
(私も全然分からず、見よう見まねで注文しました)

まず、料理と飲み物は注文が別になっています。

店内左側のショーケースにコロッケ、鱈の揚げ物、ピンチョスの3種類が並んでいます。
ショーケース前には行列が出来てるので、行列に並び、自分の順番が来たら3種類の料理を指差しで注文し、料理の代金だけを支払います。
(上記画面みたいな感じで。料理はカード支払い出来ました)

料理を注文したら、食べる場所を確保。
近くにいる店員さんに飲み物(ビール)を注文し、その場で飲み物代を支払いビールをゲットします。

壁にメニュー表があります。
鱈の揚げ物は1つ1.55ユーロ、コロッケが1つ1.05ユーロ、って書いてるのかな?

最終日も「Casa Labra」に行きました

マドリード最終日にも「Casa Labra」に行きました(笑)

また行きたくなるぐらい、鱈の揚げ物が美味しかったんですよ。
本当に鱈がふわふわで塩加減もしっかりして美味しいんです!

もしまたマドリードへ来る機会があれば、「Casa Labra」には絶対に行きたいです!

「Casa Labra」で食べたクリームコロッケですが、大阪の蒲生四丁目って所にあるコロッケ屋さん「コロッケいまむら」の味に近い気がしました!
(フランス料理のシェフが作るコロッケのお店。繊細な味のコロッケがめちゃくちゃ美味しい)

(飲み歩き⑦)El miniBAR

El miniBARは宿泊先ホテル(Hostal Met Madrid)のすぐそばにあるバルです。

ホテルに戻る前にビールを1杯だけ飲んで帰ろうと思い立ち寄りました。
「El miniBAR」もサービスでおつまみ付き!
(「ありがとうございます!」と何気に日本語でお礼を言ったら、店員さんに「キュート!キュート!」とめっちゃ言われましたw)

「El miniBAR」は半地下な位置にあるので、店内の雰囲気が分かりにくいのですが、入ってみると意外と広かったです。

とても雰囲気の良いお店でした。

店員さんがとても素敵な方で、英語で色々話しかけてくれました。
私が日本人だと分かると「日本好きだよ」と言ってたり、なんか嬉しかったです。

(飲み歩き⑧)Los Cuatro Robles

「Los Cuatro Robles」は、「Casa Labra」に行く途中で見つけたバルです。
ビールを頼んだらサービスでトルティージャがついてきました。
(ビールいくらだったかなぁ、1.5ユーロぐらいだったと思う)

立ち飲みとテーブル席がありますが、私は立って飲みました。

Los Cuatro Robles」には昼前に行ったのですが、店内は昼酒を楽しんでるお客さんでにぎわっていました。

スペインは店内禁煙。
タバコを吸わない私には快適空間でお酒を飲めるのでホント最高です。
(その分、スペインは歩きたばこが多いのが難点なんですが)

(飲み歩き⑨)El Ñeru

「El Ñeru」は宿泊先ホテル(Hostal Met Madrid)に帰るときに見つけたバルです。
こちらのお店も、ビールを頼んだらサービスでおつまみ(パン付き!)がついてきました。
(ビールは1.5ユーロだったと思う)

サラミは「おやつカルパス」みたいなのを想像してたのですが、しっとりした感じでビールにあう美味しさでした。

「El Ñeru」はサービスのおつまみが選べます!

El Ñeru」はサービスのおつまみが選べます。
この日は、鱈の揚げ物、トルティージャ、サラミ、の3種類がありました。

店員さんが「どのおつまみにする?」みたいな感じで聞いてきたので、鱈の揚げ物は美味しいやつ食べたし、トルティージャはマドリードでまぁまぁ食べたし・・・ってことで、サラミを選択することに。

店内はとても明るい雰囲気で、1人でもフラッと入りやすいです。
私が来たときは店はお客さん少な目でしたが、13時ごろ店の前を通ると店内はお客さんでいっぱいでした。

(飲み歩き⑩)「El Ñeru」の隣の店

「El Ñeru」の隣にもバルがあったので、ビールを飲んできました。
お隣のお店もビールを注文したら、サービスで酢漬けの野菜とパンが出てきました。
(ビールは1.5ユーロほど)

「El Ñeru」とは別のお店だと思ってたのですが、後で調べてみたら隣の店舗だけど「El Ñeru」と同じお店かも知れない。

「El Ñeru」の隣のお店はかなり味があるお店で、年配のおじさんが賑わってました。
(私みたいなアジア人で女性が1人で飲んでるのは珍しい雰囲気かもしれない)

テーブル席もあるのですが、みなさん立ち飲みスペースで飲んでいました。

店内には闘牛に関する写真がたくさん展示していました。
もしかしたら元闘牛士のお店なのかなぁ、と思いながらビールを飲んでいました。

隣のおじさんと通訳アプリで会話をする

年配のおじさん達に混じってビールを飲んでたら、隣のおじさんがスペイン語で話しかけてきました!

スペイン語で話しかけられても分からない・・・そんな時は「通訳アプリ!」。
(私は「Naver Papago翻訳」ってアプリを利用しました)

隣のおじさんにスマホをかざし、翻訳アプリに語りかけてもらい、私も翻訳アプリに語りかけて会話してました(笑)
料理の話などをおじさんとしてたのですが、おじさんのスペイン語は翻訳ソフトでは完璧に拾ってくれてないようで、お互いふわっとした会話をしていました。


ほかにもマドリードで色々食べてきました

【スペイン一人旅 2019年GW】マドリードで食べたもの前回まではこちら https://tabi-hitori.com/2019/06/15/mad-kankou/ https:...