大連

【スペイン一人旅 2019年GW】大連をプチ観光する①

前回まではこちら

【スペイン一人旅 2019年GW】大連周水子国際空港で手荷物を預ける前回まではこちら https://tabi-hitori.com/2019/05/15/kix-dlc/ 大連国際空港で荷物を預...

乗り継ぎ時間を使って大連観光に行く(約5時間)

大連に到着して中国に入国したのが12時前。
次に搭乗する北京便が19時ごろなので、乗り継ぎ時間まで大連をプチ観光することにしました。

関係ないけど、大連国際空港って「大きい伊丹空港」みたいな雰囲気でした。

大連観光は「中山広場近代建築群」界隈に絞った

大連では「中山広場近代建築群」行こうと決めていました。

大連って「昔、日本が統治してた場所」なんですよね。
ざっくり歴史を説明すると、

  • 1898年にロシアが清から租借地して統治
  • 日露戦争でロシアが負けて、1905年にロシアが租借地して統治してたところを日本が統治(関東州の誕生)
  • 清が崩壊して関東軍となんやかんやがあって、1932年に満州国が誕生
  • 1945年にロシア軍に関東州が占領されて関東軍は降伏→組織が壊され満州国が無くなる

みたいな感じです。
(間違ってたらすみません)

あれです、大連は「日本が統治してて満洲国があったところ」です。

「大連中山広場近代建築群」には日本統治時代の建物が残っている

大連には現在も日本統治時代の建物が残っている場所があります。

中山広場周辺には、「大連中山広場近代建築群」という場所があり、中国の「全国重点文物保護単位」として保存してるんですよね。

そんな大連の歴史を見に行きたい!と思ったのと、空港から地下鉄で30分ほどで行けるアクセスの良さから「大連中山広場近代建築群」に行くことを決めました。

関係ないけど、大連(だいれん)って名前は、ロシア語での名前「ダルニー」から来てるそうです。
(中国語の発音だと「dàlián」です)

大連国際空港から地下鉄に乗って中心部へ行く

大連国際空港から中心部への移動は、リムジンバス、タクシーの他に、2015年に開業した「大連地下鉄」があります。

さくっと移動して観光するなら地下鉄が一番便利そうなので、今回は地下鉄を利用しました。

大連国際空港の地下鉄は、国際線の国内線との建物の間にあります。
1階から外に出て、国際線なら国内線方向に、国内線なら国際線方向に歩いていけばすぐに見つかります。

地下鉄の券売機はセキュリティを通過したところにあります

中国の地下鉄には「セキュリティチェック」があります。

大連地下鉄の空港駅は、

  1. セキュリティを通過する
  2. 券売機で切符を買う
  3. 改札を通過する

みたいな感じで、セキュリティの向こう側に券売機がありました。
(最初、切符買う場所が分からなくてキョロキョロしまくった)

大連地下鉄の切符は券売機で購入するのですが、操作は難しくないです。
行きたい先の路線と駅を画面でタッチしたら料金が表示されます。
お金を入れたら、おつりと切符(プリペイドカードみたいなやつ)が出てきます。

改札通過はICカードをタッチする感覚で切符をピっとして、降りるときはカードを入れる穴があるのでそこにカードを入れます。

大連地下鉄「机場」駅から「中山広場」駅へ行く

大連の地下鉄は開通してから数年しか経ってないので、めちゃくちゃ綺麗です。
案内板も分かりやすいので、迷うことは無いと思います。

「机場」駅から14駅先にある「中山広場」駅に向かいます。
(乗車時間は30分ぐらいだったと思う)



大連プチ観光なら地下鉄「2号線」だけで充分

大連乗継ぎの数時間で観光するなら「2号線」界隈だけで充分楽しめると思います!

大連地下鉄には4つの路線(1号線、2号線、3号線、12号線)があります。
(2019年5月現在)

ちなみに、大連国際空港に乗り入れてる地下鉄は「2号線」。
中心部を東西に走る路線で、日本統治時代の建物が残る「中山広場」や、ショッピングモールが多くある「青泥窪橋」へ行くことが出来ます。

というか、私が実際に「2号線」だけを利用して大連をグダグダなプチ観光行ってきました。

大連で路線図を見るなら「百度地図」がおススメ

大連(と言うか中国)では「グーグルマップ」アプリより「百度地図」アプリの方が地図情報が詳しいです。

百度地图

百度地图

Beijing Baidu Netcom Science & Technology Co.,Ltd無料posted withアプリーチ

ってか、「グーグルマップ」で大連地下鉄の路線検索が出来ないんですよ!

「グーグルマップ」では、地下鉄の路線検索が出来ないので、地下鉄経路も時刻表も確認出来ません。

中国では「グーグル」自体使えないので、路線図が確認できないことは問題が無いんだと思います。
が、外国人観光客にとっては路線図は確認できないと困ります。

「百度地図」は「中国版グーグルマップ」みたいなもので、中国での地図や路線図はめちゃくちゃ詳しく表示されます。
中国語表記なのがアレなんですが、なんとなく読めると思います!
「中国製アプリ」に抵抗が無いなら、大連では「百度地図」に頼った方がいいと思います。


つづきはこちら

【スペイン一人旅 2019年GW】大連をプチ観光する②(中山広場近代建築群)前回まではこちら https://tabi-hitori.com/2019/05/23/dlc-kankou/ 「中山広場」に到...
【スペイン一人旅 2019年GW】大連をプチ観光する③(青泥窪橋をブラブラ)前回まではこちら https://tabi-hitori.com/2019/05/27/dlc-kankou2/ 中山広場から青...