大連

【スペイン一人旅 2019年GW】大連周水子国際空港で手荷物を預ける

前回まではこちら

【スペイン一人旅 2019年GW】関西空港から大連へ行くGW初日の関西空港に到着 2019年4月27日(土)。 南海電車に乗って、朝7時半ごろ関西空港に到着しました。 さすが10連休...

大連国際空港で荷物を預ける

大連へプチ観光に出かける前に、スーツケースを空港の「荷物預かり所」に預けます。

大連国際空港の荷物預かり所の場所ですが、とにかく場所が分かりにくい!
結論から言うと、荷物預かり所は「国内線」の建物内にあります。

国際線から到着口に出ると「荷物預かり所」(中国語で「行李寄存処」)の案内板が見えます。
左方向に案内が出てるのですが・・・目的地に着いても「荷物預かり所」が無い!
仕方が無いので、近くにいた係員に中国語で「荷物預かり所ってどこにありますか?」と聞いたら

「外に出て、まっすぐ歩いて、左の建物にあるよ」

とのこと。
言われるがまま国際線の建物を出てひたすらまっすぐ歩くと、国内線の建物が出てきました。



国内線ターミナル1階奥に「荷物預かり所」がありました

大連国際空港の国内線の建物に入ると案内板に「行李寄存」と書いてる。
が、書いてる方向に歩いても「荷物預かり所」が見当たらない・・・。

またまた近くにいた係員に「荷物預かり所ってこの辺にあると書いてるんですが」と中国語で聞いてみたところ、

「そこ!」

と係員が指を差します。
え?どこどこ?と思ってみた場所が

上記のローソン近くにある、分かりにくいカウンターが「荷物預かり所」でした。

今まで上海や広州の空港にある「荷物預かり所」で荷物を預けたことがあるのですが、それなりに活気があったのですぐ場所が分かったんですよね。
しかし、大連国際空港の「荷物預かり所」は「ここでいいんですよね?」と不安になるぐらいの活気の無さ!

恐る恐る「荷物を預けたいのですが」とピンクのパーカーのお姉さんに声を掛けたら、淡々と手続きしてくれました。

荷物預け代金は直接交渉(?)しました

ほんと、がらーんとしたカウンターで、荷物預け代の料金表みたいなのが無いんですよね。

荷物を預けた時間が12時半ぐらいだったので、ピンクのパーカーのお姉さんに「夕方4時過ぎまで荷物を預けたい。料金はいくらですか?」と聞いてみたところ

「30元!」

とのことでした。
4時間ほどで30元ということは、日本円で500円ほど。
東京駅のコインロッカーでも500円ぐらいするので、価格はそんなもんかなと思って30元を支払いました。
そう、パスポートの提示も求められます!

ちなみに、荷物はカウンター奥にあるガラス張りの部屋に預けられます。
お姉さんが暗証番号を押して部屋に入っていったので、セキュリティはとりあえずしっかりしてる・・・はずです。
(ちなみに、上海や広州の「荷物預かり所」はX線検査やらなんやらと手続きが厳しかったです)

「荷物預かり所」(正確にはローソン前あたり)から国内線1階を見たところです。

「荷物預かり所」がある場所の反対側(国際線の建物寄りの方)は到着出口が賑わっています。
賑わってる到着出口からずーっと奥に歩いてくると、右側に本屋さんやローソンが見えてきます。
ローソンを過ぎたすぐの場所に「荷物預かり所」があります!


続きはこちら

【スペイン一人旅 2019年GW】大連をプチ観光する①乗り継ぎ時間を使って大連観光に行く(約5時間) 大連に到着して中国に入国したのが12時前。 次に搭乗する北京便が19時ごろなので、乗...