バンコク(2019年1月)

【バンコク 0泊一人旅⑪】ドンムアン空港から関西空港に帰る

前回まではこちら

【バンコク 0泊一人旅⑩】ドンムアン空港へ戻る前回まではこちら https://tabi-hitori.com/2019/02/11/bkk-omiyage/ (18:30)...

(20:00)ドンムアン空港のベンチで寝る

ドンムアン空港に着いたらどっと疲れが出てきたので、ベンチに座って寝てました(笑)
「0泊3日の旅行なんて余裕だろ」と思ってたのですが、あんまり余裕じゃなかったです。

ドンムアン空港って空港の手続き前の場所でベンチがありそうで無いんですよね。
空港バスで降りた場所は国際線ターミナルだったのですが、ベンチを探し求めて国内線ターミナルまで来てしまいました。

(22:00)フードコートで晩ごはんを食べる

国内線ターミナル側のベンチでゴロゴロしてたら元気が出てきました。
さらにお腹が空いてきたので、晩ごはんを食べに行きます。

ドンムアン空港は、4階の国際線ターミナルと国内線ターミナルの間に飲食店が多く並んでいます。
(その一角に「Sleep Box by Miracle」っていうトランジットのホテルもある)

「MAGIC GARDEN」というフードコートはお手頃価格だった

飲食店が並んでる場所はバーガーキングなど有名店もあるのですが、個人的におすすめなのが「MAGIC GARDEN」っていうフードコートです。

受付でお金をチャージしてカードを貰い、フードコート内では受付で貰ったカード(お金がチャージされてる)で支払いをする、ってスタイルです。
バンコク中心部にあるフードコートと同じ感じです)

私はとりあえず100バーツをチャージしました。

私が行った時間が22時を過ぎていたので、お店の半分近くは閉店していました。
(もう少し早い時間ならたくさんのお店が開店していて賑わっていました)

ちなみに、ライオンエアの客室乗務員さん達もフードコートでご飯を食べていました。

隣のプレートご飯もかなり気になったのですが、夜にガッツリしたものを食べ過ぎるのもアレなんで、隣にあったビーフンのお店で注文することにしました。

たしかフィッシュボールのビーフンみたいなやつを注文しました。
60バーツ(約210円)ぐらいだったと思います。

これが地味に美味しくて、あっさりスープに少しコシのある素麺みたいな感じで。
あと練り物も「じゃこ天」みたいで美味しかったです。

食べながら思ってたのですが、ビーフンってタイの料理なんでしょうか?
もしかすると違う国の料理を頼んでしまったのかもしれない。

(23:00)チェックインカウンターへ行く

「もうチェックインしてもいい時間かな?」と思って、エアアジアのチェックインカウンターへ来ました。

ドンムアン空港のエアアジアのカウンターもどういう列でならんでるのかよく分からない状態。
とりあえず私が搭乗する「XJ612」方面に進み、「バゲージドロップ」って書いてる所へ行きました。
(私はウェブチェックインが済んでいるので)
「バゲージドロップ」は比較的すいてたので、すぐにチェックイン手続きが終了。

ちなみに、「チェックイン」のカウンターは混んでいました。

同時刻にエアアジア上海行きもチェクインしています

上の写真の右の行列は、「上海行き」のチェックインの列です。

最初、この長蛇の列を見て「関空行きめっちゃ混んでる」と思ったのですが、近くにいた係員に聞いたら「関空はこっち」と長蛇の列とは反対の方を指さしたので一安心。

パッと見、同じアジア系の顔をしてるので間違えて並ばないように注意してください・・・と思ったけど、みんな中国語ペラペラしゃべってるのですぐ気付くと思います。

(23:30)出国審査へ行く

航空券の手続きも終わったので、出国手続きに向かいます。

あぁ、なんかバタバタしたけど、とりあえず無事にバンコクを満喫できたと思います。
あとは関空まで無事に帰れることを祈るだけです。

出国手続きは意外と空いていました。
深夜便の時間帯だとあんまり混んでないのかも知れません。

ドンムアン空港の免税店は意外と充実してた

出国エリアに入ってから、自分が搭乗するゲートへ向かいます。

ドンムアン空港の免税店はそんなに期待してなかったのですが、意外と充実していました。
タイバージョンのドナルドともしばしのお別れです。

ジムトンプソン」のポーチがタイっぽい感じでかわいくて、買おうとしたのですが売り切れていました(がっかり)。
緑色もタイっぽい絵が描いてるやつだったのですが。
次回、バンコクに来た時にまだ売ってたら買おうと思います。

(0:00)搭乗ゲートの待合室で帰り支度をする

あとは関西空港に戻るだけです。

トイレで着替えたり顔を洗ったりなどの身支度を整えてたあと、空港のベンチでぼけーっとしたり、外の飛行機を眺めたりしていました。

ちなみに、関空行きの便は日本人の方が多いように見えました。

あ、スクートがいてる!
実は、初めてスクートの機体を見ました。



ドンムアン空港(1:15)→関西空港(8:40)/XJ612

時間が来たので飛行機に乗ります。

搭乗券をチェックするときに手荷物の重さとか最終チェックするのかな、と思ったのですが、そんな気配は全くなく、サクサクと乗客を誘導していました。

帰りの座席は窓側でした。
基本的にLCCの場合、座席は何処でもいいのですが、出来れば通路側が良かったです。
(たぶん通路側の席だったら、ドンムアン空港でビールを飲んでたと思うw)

なんかドタバタしたり疲れたり、色々ありましたがさよならバンコク。

飛行機に乗って、日本入国するときの黄色い紙を記入してからすぐに爆睡しました。

起きたら朝になってた

めっちゃ爆睡して起きたらもう外は明るかったです。
たぶん、台湾上空ぐらいを飛行してたと思います。

機内を見渡すとほぼ満席だったようです。

鹿児島近くを通過して、

高知空港辺りを通過して、

徳島上空を通過して、

鳴門海峡を眺めて、

関西空港に10分ほど遅れてに到着です。

(9:00)関西空港到着

受託荷物が無いので、飛行機降りてから10分ほどで空港から出ることが出来ました。
特に、日本人の入国手続きが自動ゲートになったので更に時間短縮になっています。

外国人観光客の方がマリオの写真を撮ってたので、私も真似して撮ってきました。

(9:05)ラピートに乗って帰る

南海の関西空港駅に行ったらラピートがもうすぐ発車時刻でした。

関西空港駅ってホームにラピートの特急券売り場(有人)があるんですよね。
ホームに着いて切符売り場の駅員さんに「まだラピートいけますか?」と聞いたら「大丈夫ですよ」との回答だったので猛ダッシュでラピートの特急券を購入し、ギリギリラピートに乗ることが出来ました。

絶対断られると思ったのに。すごいぞ、南海。

台風21号で被害を受けた関西空港連絡橋の現在

南海の関西空港駅を出発してすぐに、先日の台風21号で被害を受けた関西空港連絡橋の工事現場を通過します。

線路が橋のギリギリを走ってるのが分かります。

この日は2019年1月14日の祝日だったのですが、作業員の方が休日返上で作業を行っていました。

ニュースを見たところ2月5日に橋桁が完成したと伝えています。
2月12~13日で設置工事、GWまでには工事が完了するそうです。
すごい、本当にすごいです。

天下茶屋駅に到着

天下茶屋駅に到着しました。

これで無事(?)にバンコク0泊3日弾丸が終了しました。
バンコクにいてた時は暑くて仕方なかったのに、大阪はめちゃくちゃ寒い。

次回バンコクへ行くときには2泊は必要だな、と心に誓いました。


 

帰りに「やよい軒」へ寄って朝ごはんを食べてから帰宅しました。

(おしまい)