バンコク(2019年1月)

【バンコク 0泊一人旅②】関西空港からドンムアン空港へ行く(その2)

(22:00)出国手続き終了、搭乗ゲートに向かう

【バンコク 0泊一人旅①】関西空港からドンムアン空港へ行く(その1)(20:00)関西空港に到着 いつものように南海電車を利用して関西空港に到着しました。 エアアジア(タイ)のチェックインは、出発...

出国手続きも済んだので、とりあえず免税店を見て回ります。

っても、手荷物をあまり増やすことが出来ないので、買い物は基本的に出来ないんです。
本当はロクシタンのハンドクリームが欲しいのですが、液体物扱いの都合上購入できません。
仕方がないので、ロクシタンのハンドクリームのサンプルをめっちゃ手に塗ってきました(笑)

免税店で北海道名物「じゃがポックル」を買いました

「買い物は控えよう!」とか言いつつも、今回は手持ちの荷物が3kgほどしかないので、奮発(!)して、北海道名物「じゃがポックル」を買いました。
(買った時にレジのお姉さんにアジア系外国人だと思われたりして、なんか複雑な気分でしたw)

関空以外でも、国際空港の免税店って「デパートの物産展かよ!」ってぐらいに、北海道土産を中心に主要都市のお土産を販売してますよね。
外国人観光客が豪快に買い物していました。
(そんな中、私はじゃがポックル1箱だけ購入w)

搭乗開始までじゃがポックルを食べたり、テレビを見たり、スマホをいじったりしてダラダラ過ごしていました。

関西空港(23:45)→ドンムアン空港(4:00+1)/XJ611

搭乗時間まで1時間近く待ち時間があったので「時間を持て余すなぁ」と思ったけど、意外とあっという間に時間が来ました。

23:15ぐらいから搭乗が始まり、みんな続々飛行機に乗り込んで行きます。

パッと見タイの方が多かったですが、クアラルンプールに行ったときに比べると日本人のお客さんもそれなりに多い感じでした。

飛行機はほぼ定刻に関西空港を出発しました。

「出入国カード」を書くまでは眠れない

前回、エアアジアでクアラルンプールへ行ったときは乗った瞬間から寝ることが出来ました。
(マレーシアは「出入国カード」が無いので)

しかし、タイは「出入国カード」を提出しなければなりません。
その「出入国カード」は飛行機が安定飛行になるまで配ってもらえないので、配布時間までは頑張って起きていました。

2017年10月からタイの「出入国カード」が新しくなっています

今回バンコクに行くために色々調べてる時に、「出入国カード」が新しくなってる事を知りました!

あぶねー。
知らなかったら、前回(2016年GW)に使ったガイドブックを持参してた所でした。
(新しい出入国カードを目の前にして、白目状態だったと思うw)

ちなみに、私はJALのサイトにあった記入例を印刷して持参しました。

0泊弾丸でも「出入国カード」の宿泊先欄はホテル名を記入した方がいい

「出入国カード」の欄に滞在先(ホテル名)を記載する欄がありす。
(JALのサイトの画面でいうと、「15:タイ滞在中の宿泊先住所(ホテル名)」のところ)

私のようにガチの弾丸旅行をする(ホテルに泊まらない)場合でも、何かホテル名を書いておいた方がいいです。
(私も実在するホテル名を記入しました、泊ってないけど)

出入国カードの必要な記入欄が空欄なのは、後で尋問をうけたりなど色々ややこしい事態になるそうです。
ややこしい事態に巻き込まれるのは困るので、間違いが無いかをチェックしつつ、しっかり全部埋めました。

搭乗から約1時間ぐらい経ち、「出入国カード」の記入終了。
やっと就寝することが出来ました。



(4:20)ドンムアン空港に到着!

機内で爆睡してたらあっという間に着陸1時間前になり、ドンムアン空港に到着していました。
無事について良かった☆と思いたいところなんですが・・・

20分遅れで到着してるじゃないですか!!

20分遅で到着したせいでプチトラブル続出

困るんですよ!こんなに遅れてもらうと!
5時半にはドンムアン空港を出て、7時前にはマッカサン駅に行かないとダメなんです。
(アユタヤ遺跡ツアーに参加するため)

予定では、

・4時半過ぎには入国

・身支度を整えて

・両替をして

・手荷物を空港に預けて

・朝ごはん食べて

で1時間ぐらいかかるかな?5時半には空港を出発出来るかな?って思ってたんですよ。

これじゃぁ、「飛行機降りた時間」が4時半じゃねーかよ!
(後日調べたけど、私が乗った日だけ飛行機が遅れて到着してました・・・)

トラブル①:入国したら朝5時過ぎだった!

みんなゆっくり歩いてましたが、私は「入国手続きが混むのは嫌だぁぁぁ」の一心で、競歩の選手なみにめちゃくちゃ早歩きして入国手続き場まで向かいました!

ちなみに、ドンムアン空港の入国手続き場が少し分かりにくくて、ゲートは

・タイ人用
・外国人用(日本人はここに並ぶ)
・中国人用(!)

の3か所に分かれていました!
なんで中国人用?と思ったけど、「どれだけ中国人バンコクに来るんだ?!」というぐらいに、中国人ゲートは大行列だったので、むしろ中国人専用のゲートがあるだけでも外国人の私たちは助かってるのかな、と思いました。

急いで入国手続き場へ向かったおかげ(?)で、私の前には10人ほどが並んでる程度の順番を確保できました。
(ちょっとしてから後ろを振り返えると、すごい行列になってた)

しかし、こんなに沢山の人が並んでるのに、入国手続きをする職員は1人なんですよね。
パスポートのチェックだの写真撮影だの、人によっては書き直しさせられてたりで、1人当たりの対応がまぁまぁかかるんですよ。

で、やっと私の番が回ってきて、「あぁ、あれこれチェックがあって時間がかかるのかなぁ」と思ったのですが、パスポートをチェックして・・・ハンコを押しておしまいでした。
え?他の人(全員日本人じゃない)はみんな写真撮影してたのに。
私は写真なし?日本人だから?

とりあえず、「日本のパスポートが最強だったから」ってことで納得して、無事タイに入国しました!

この時点で時間は5時過ぎです。

トラブル②:日本で買ったSIMカードが微妙に反応しない

タイに入国したあと、モバイルルーターの電源をONにしました。
実は、日本であらかじめタイのSIMカード(AIS)をAmazonで購入し、ファーウェイのモバイルルーターに装着していました。

接続はされているようなのですが、インターネットに繋がらない!
(モバイルルーター側の画面は通信が消費されてる様子)

「もぉぉぉ、時間が無いのにぃ」

と思いつつ、APN設定とか確認するけど、間違っていない。
safariからインターネット画面を見てみると、何故か「お金払ってない」みたいな画面(AISの)が表示されます。

本当に急いでいたので、「新しいSIMカードを購入してもいいや」ぐらいの気持ちで、近くにあったAISのSIMカードを売ってる売店へ向かいました。
店員のお姉さんに「AISのSIMがネットに繋がらなくて困ってる」ということをスマホとルーターを見せて訴えまくりました(笑)

なんか分からないけど、店員さんが片言の日本語で「ひゃく!ひゃく!」と「100バーツを支払え」、みたいな感じの事を言うので、100バーツを支払おうと思ったのですが・・・

やべぇ。まだ私、タイのお金持ってないわ!

って事に気づく(笑)
もう本当に時間が無いので、レートとかどうでもいい!
近くにあった両替屋さんに5,000円札片手に走り込み、バーツに換えました。
(ちなみに、両替にいくらかかったかを後で調べようかと思ったのですが、損してそうな気がして傷つくのが怖かったので一切調べませんでした。ってかいくら両替されたんだろうか?w)

両替が済み、100バーツとモバイルルーターをAISの売店のお姉さんに渡して、なんやかんやしてもらって、無事インターネットに繋がりました!

あれはいったいなんだったのか?100バーツは何のお金だったのか?接続料?
謎、謎、謎だらけでしたが、「SIMカードは現地で買うのが無難」ってことを学びました。

トラブル③:時間がないのに迷って「アマリホテル」に着いてしまう


「トイレで顔を洗って、歯を磨いて、髪の毛まとめて、コンタクトを入れよう」

と思い、取りあえず空港内にあったエレベーターで2階に上がり、長い通路を歩いて行ったら・・・

「アマリホテル」のフロントに到着しました(!)

いやいやいや!
もう時間がないんですよ、この時点で5時半前ですよ(泣)なんでホテルにいるの私?!

と思ってたら、「トイレ」のマークを発見。
取りあえずトイレを借りよう!と思い、トイレの方向へ行ったら、

アマリホテルの朝食バイキング会場(営業前)を通過した先にトイレがありました(汗)

ほんとうにすみません、ほんとうにすみません。
時間が無かったので、アマリホテルのトイレでトイレを借りて、急いで身支度を整えました。
(アマリホテルさん、本当にすみません)

関係ないですが、アマリホテルの朝食バイキング、めちゃくちゃ豪華でおいしそうでした。
(気分は「不思議の国のアリス」な感じでした。勝手には食べてないけどw)

無理やり全ての準備が整ったのが5時40分ごろ。
急いでドンムアン空港の路線バス乗り場へ向かいました。

(おまけ)ドンムアン空港のフロアガイド

旅行前にドンムアン空港のサイトを探したのですが、無いんですよね。
あったとしても、一番知りたい「ドンムアン空港内のフロアガイド」が無いんです!!

色々探したところ、「ドンムアン空港のフロアガイド」を自作してるサイトを発見しました。

このフロアマップ、とてもよく出来ています!
実際にドンムアン空港に行ってから、改めてこちらのサイトにあるフロアマップを見ましたが、「そうそう、こんな感じ!」と言ってしまうぐらいの出来です。

随時更新もされているので、是非参考までに。

【バンコク 0泊一人旅③】アユタヤ遺跡 半日ツアーに参加する(その1)(5:40)ドンムアン空港から路線バス(29番)に乗る 「アユタヤ遺跡半日ツアー」に参加するため、ドンムアン空港からツアー集合場所の「...