バンコク(2019年1月)

【バンコク 0泊一人旅①】関西空港からドンムアン空港へ行く(その1)

前回まではこちら

0泊3日弾丸 バンコク・アユタヤ一人旅 2019年1月(予算・日程表)行くきっかけは「エアアジアのBIGセールでチケットを買ったから」 2019年1月の連休に、0泊3日でバンコクへ行ってきました。 ...

(20:00)関西空港に到着

いつものように南海電車を利用して関西空港に到着しました。

エアアジア(タイ)のチェックインは、出発時間の3時間前から開始します。
(ドンムアン行きの飛行機が23:45発なので、チェックイン開始時間は20:45~)

が、前回のクアラルンプール旅行でのチェックインでめちゃくちゃ時間がかかって大変な目に遭ったので、あえて早めに空港に来ました。

(20:15)エアアジアのチェックインカウンターへ行く

とりあえず、エアアジアのチェックインカウンターへ来てみました。
到着した時は、クアラルンプール行きのチェックイン中でした。
(前回乗ったやつです)

なぜ早く来たかと言うと、前回のクアラルンプールで利用したときに、
「ネットで事前チェックインしてたのに、ウェブチェックイン優先カウンターが無かった。」
って事をもう一度確認しようと思ったから。

【クアラルンプール一人旅①】関西空港からKLIA2へ行く(その1)https://tabi-hitori.com/2018/08/28/kulyotei/ エアアジアのチェックインカウンターへ行く ...

クアラルンプールへ行ったとき、係員のお姉さんに「ウェブチェックイン済んでるのですが」と私は聞いた!
係員のお姉さんは「ここに並んでください」と言った!
なぜか凄い行列に並ぶはめになった!
エアアジアは「事前チェックインしてたら列に並ぶ必要が無い」って言ってたじゃないか!

あれは私の勘違いだったのか、「ウェブチェックイン優先カウンター」って結局何なの?って事を改めて確認したい!!

事前チェックイン済みの人は「バゲージドロップ」の列に並ぶ、とのこと

「チェックインの列の真実を確認してやる!」
と息巻いてカウンターに行ったら、列に並ぶための案内板表示がとても分かりやすく変わっていました。

この案内板で真実が分かりました!

カウンターチェックイン→ウェブチェックインしてない人が並ぶ

バゲージドロップ→ウェブチェックイン済んでる人ウェブチェックイン済み&受託荷物がある人が並ぶ

なんですって。

あのぉ、前回のクアラルンプール便、バゲージドロップのカウンターはめちゃくちゃ空いてましたよ!
カウンターチェックインの列には、私以外にウェブチェックインが済んでるお客さんも並んでたのに・・・。
あぁ、そういうカラクリだったのか。
(バゲージドロップは荷物預ける人のみ、だと思ってた)

もしかしたら、エアアジア便をよく利用する人にとっては常識の話なのかも知れないですね。
1つ勉強になりました。

(20:45)エアアジアのカウンターで手続きをする

チェックインは終わってるので、パスポートの確認とか荷物の重量を確認とか、そんな感じの手続きを行います。

エアアジアのカウンターに早く着いてから、特にやることも無かったので、「バゲージドロップ」のカウンターがオープンするのを待っていました。
おかげで、1番乗りでカウンターに行くことができました。

手荷物の重さはまさかの「3kg」

カウンターで手続きするときに一番緊張するのが、「手荷物の重量」です。

エアアジアの場合、手荷物は7kgまでと決まっていて、超えると10,000円の超過料金を支払う必要があります。

前回のクアラルンプール便では約6.5kgでギリギリの重量でした。
今回のバンコク旅行は宿泊をしない分、「荷物を少しでも軽くしよう」を合言葉に、持っていく荷物を厳選しました。

家で荷物を詰めてはリュックを持ち上げて、「これぐらいなら7kg超を超えてないだろう」と判断しました。
(まぁ6kgぐらいかな、みたいな感覚でした)

で、当日エアアジアのカウンターへ行き、係員のお姉さんに「荷物を計ります」と言われ、ベルトコンベヤに荷物を置いたら・・・

3.1kg

の表示(!)
えぇ?!そんなに軽いの?
逆にびっくりしました。
とりあえず、無事に手続きが済んで、ドンムアン行きのチケットを貰いました。
(これであとは飛行機に乗るだけ)

私が手続きを終えたときには、すでにドンムアン行きのカウンターはたくさんの人でした。
(日本人よりタイの方の方が多かったように思います)

(おまけ)バンコク旅行に持っていったもの

・着替え(服と下着、靴下)
・現地で使用するスキンケア商品(小分けにしたもの、使い捨てコンタクトレンズ)
・モバイルバッテリー
・モバイルルーター
・ケーブル
・カメラ
・ウォークマン
・折り畳みの傘
・サングラス
・帽子
・バウチャーや海外旅行保険の書類
・バンコクの地図(前回購入したガイドブック「aruco」についてたやつ)
・パスポートと財布

ざっと思い出してもこんな感じです。
クアラルンプールの時とそんなに変わらないと思うのですが。



(21:00)バーガーキングへ行く

カウンター手続きが終わってから、「バーガーキング」へ行きました。
(晩ごはんを食べていなかったので)

めちゃくちゃ寒い中、わざわざ第1ターミナルから歩いてエアロプラザまで行きました。
どうしても「バーガーキング」が食べたかったんです。
(マクドじゃだめなんです!)

第1ターミナルにあるマクドはいつも混んでるのですが、バーガーキングはすごく空いてるんですよね。

やっぱ値段がアレだからかなぁ。
ちなみに、私が頼んだセット(ワッパーチーズJr)で980円でした。

「KIX-ITMカード」提示でバーガーキングが20%引きになります

家に帰ってから気づいたのですが、関空のバーガーキングって「KIX-ITMカード」提示で割引になるんですよ。

しかも20%割引き!
あぁ、バーガーキングで「KIX-ITMカード」が使えるなんて思いもしなかった(ショック)。

これから関空のお店では常に「KIX-ITMカードの特典ありますか?」と店員さんに聞きまくるようにしよう、と心に誓いました。

(21:30)出国手続きをする

お腹もいっぱいになったし、特にやることも無いので、少し早いですが出国手続きへ向かいました。

 

バンコク行きの飛行機って私が搭乗する便が最終だと思ったけど、JALがさらに1時間後に出発するんですね。
(ちなみに、JALはスワンナプーム国際空港行きです)

出国審査も自動ゲートになってた!

入国審査は2018年の夏頃に自動ゲートになったのですが、出国審査も自動ゲートになっていました。
(2018年11月21日から開始したそうです)

行くと分かるのですが、すごい不自然な感じに自動ゲートがあります(笑)
自動ゲートを出ると、スタンプも押してくれます。
従来の受付台だったところに職員の方が待機していて、パスポートを提出したらポンッと押印してくれました。

自動ゲートは並ぶ時間も短いし、すぐに手続きが終わるのが魅力です。

3連休の初日でしたが、思ったより日本人観光客はいませんでした。
(外国人の方が圧倒的に多かった)

出国手続きも済んだので、搭乗ゲートへ向かいます。

【バンコク 0泊一人旅②】関西空港からドンムアン空港へ行く(その2)前回まではこちら https://tabi-hitori.com/2019/01/19/kix-dmk1/ (22:00)出国手...