旅の準備

私は「プロテカ」のキャリーバックが好き(私のキャリーバック論)

キャリーバックは「プロテカ」がおすすめ

冬のボーナスで40~50リットルぐらいのキャリーバックを買おうかなと思っていて、「プロテカ」のキャリーバッグを色々見ています。

見ながらふと思ったのですが、「プロテカ」のキャリーバッグって、意外と知らない人が多いんですよね。

会社の同僚も「リモワ」や「ゼロハリ」を使ってる人が多いのですが、「プロテカ」は知らないと言います。

なんでだ!なんでみんな知らないんだ!!
日本で唯一国産スーツケースを製造してるのが「プロテカ」なんですよ。

そんな私の「プロテカ」愛を訴えていきたいと思います。

「プロテカ」とは

「プロテカ」は、カバンメーカー「ACE」で取り扱ってるブランドの1つです。

もともと「ACE」ってサムソナイトとライセンス契約を結んでいて、長年サムソナイトのスーツケースを北海道の赤平ってところで製造してました。

しかし、2004年にACEはサムソナイトとライセンス契約が終了します。
ライセンス契約終了後、自社ブランドのスーツケースとして「プロテカ」が誕生するんですよねぇ。

私の記憶では、「プロテカ」の出始め当初って、あんまり「おしゃれ!かわいい!」って感じではなかったんですよ。
(すみません、変なこと言って)
数年前からだんだんオシャレな雰囲気になって、サイトもオシャレになってきたんですよね。

私と「プロテカ」の出会い

なぜ私が「プロテカ」ってブランドを知ってるかと言うと、最初に使ってたフレームのスーツケースがACE製の国産サムソナイトだったんです。

このサムソナイトのスーツケースは家族で使いまわして利用していました。
20年以上前に購入したもので、両親はサムソナイトのスーツケースを見るたびに「値段がすっごく高かった」と話していました。

何がすごいって、20年以上使い続けたけど、壊れなかったこと!
(一部、へこんだり、傷だらけにはなってたけど)
しかし、スーツケースが重いのと、TSAロックが未装備だったので、泣く泣く廃棄しました。

それから時が経ち、私もキャリーバックで色々痛い目を見てきて(笑)、やっと

「良い商品のキャリーバックを購入しよう!」

と思えるようになりました。
で、思い出したのがあの「ACE製のサムソナイト」でした。
調べてみると、「現在はプロテカというブランド名で販売している」と知りました。
実際に「プロテカ」のキャリーバックを購入して、カバンの丈夫っぷりに感動して今に至っています。



私のおすすめ「プロテカ」

ちなみに、私のキャリーバック探しのポイントですが、以下の4点です。

・重量が軽い
「重いスーツケース」は受託荷物のときに影響が出るので、極力軽いやつが欲しい

・カバンの上部と側面に持ち手がある
上部しか持ち手が無いキャリーバックがあるのですが、持ち手が一か所のみだとカバンの扱いがしづらい
(新幹線とかで上部に荷物をあげるとき、など)

・ハードケース
ソフトケースは表面が布なので、雨が降った時に雨を吸収するから

・コロコロは4輪
2輪は移動するときに絶対に斜めに倒した状態で扱わないとダメなので、使い勝手が悪い
(4輪だとカバンを平行状態で移動させることが可能)

おススメ「プロテカ」① LAGUNA LIGHTシリーズ

私のおすすめポイント

・とにかく軽い

「ラグーナ」シリーズはサイズが豊富なんですが、どのサイズもめちゃくちゃ軽い。
実際にお店で触った事がありますが、「えぇ?!」ってぐらいに軽々とキャリーバッグを移動させることが出来ます。
機内持ち込みサイズ(35L)でキャリーの重さが2.4kgです。
なので、LCCで機内持ち込みをする場合、5kgぐらいは荷物を詰め込むことが可能です。
(安価なキャリーだとだいたい3kg前後の重さが主流だと思います)

デメリットを言うと、「値段がちょっとお高い」のと、表面に傷がつきやすい点。
値段が高いのは「いい商品」だから当然な訳で、これは仕方がない、むしろ納得。
傷がつきやすい点については、「キャリーバッグは傷がついて当たり前」の商品だから特に気になりません。
(傷なんてどうでもいい、キャリーバッグが現地で壊れないことの方が重要なんです)

ぶっちゃけ、今これが欲しいです(笑)
「ラグーナ」シリーズの47Lサイズが欲しくて仕方がないんです。
あぁ、これ買おうかなぁ。
(ボーナスの金額を見てから考えようw)

おすすめ「プロテカ」② EQUINOXシリーズ

私のおすすめポイント

・「フレームタイプ」のスーツケースなのにとにかく軽い

フレームタイプのスーツケースはファスナータイプに比べてしっかりしているのですが、「カバンが重い」というデメリットがあります。

しかし!!
「EQUINOX」シリーズの重さ見てください!
受託荷物追加料金取られないサイズ(68Lと81L)で4kg台の重さなんですよ。
(安価なスーツケースだと、同等のサイズで5kgは超えるものばかりです)

これだけ軽くて性能も良いスーツケースってなかなか無いと思います。
(しかも日本製だし)

デメリットを言うと安価なスーツケースに比べて「値段が高い」って部分だと思うのですが、これだけ性能が良くて60,000円台で購入できるなら高くないと思います。
(海外へ行く機会が何度かあって、現地の空港で安物スーツケースが壊れる悲劇を考えると、高い買い物じゃないと思う)

 

ちなみに私は、「EQUINOX」シリーズの3シーズンぐらい古いやつを使っています。
最近だとアメリカやシドニー旅行で使いましたが、全然問題なく使用できています。
(傷はついてるけど)
「EQUINOX」シリーズってなんか「女性的」な優しいオーラがあるんですよ。
持ち手部分はしなやかに動くし、スーツケースの移動もすごい滑らかだし。

「EQUINOXシリーズができるまで」の動画があるので、参考までにご覧ください。
(まぁまぁ面白い)

おすすめ「プロテカ」③ STARIAシリーズ

created by Rinker
Proteca(プロテカ)
¥68,040
(2019/02/17 11:05:21時点 Amazon調べ-詳細)

私のおすすめポイント

・キャスターのストッパーがついてる
4輪のコロコロだと、電車に乗ってる時に勝手に移動する、みたいなことが起こります。
(私は南海電車で何度か勝手に移動して焦ったことがありますw)
「STARIA」シリーズはストッパー機能がついてるので、まわりのお客さんに迷惑をかける心配が減ります。

・受託荷物の基準サイズをクリアしてる100Lサイズのキャリーバックがある!
チェックインカウンターで荷物を預かるアレ、基準サイズってのがあるんですよね。
そのサイズを超えた場合、超過料金を支払う必要があります。
一般で販売してるキャリーバックやスーツケースだと、100Lサイズだったら基準サイズを超えた物がほとんどだと思います。
しかし、「STARIA」シリーズは「基準サイズにおさめつつ、100L分の荷物を詰めることが出来る」っていう、そんなことが出来るんですか?!を実現させたんですよねぇ。
個人的な意見なんですが、100L分の荷物を詰めたら重量23kgは余裕で超えると思うので、どっちにしても超過料金が必要な気がします・・・。

 

「STARIA」シリーズはファスナータイプの中ではちょっと重いのですが、「たくさん荷物を詰める」をコンセプトに、動きやすさや詰めさすさを考えてる、商品なんですよ。
40L台があれば欲しいなぁ、と思っています。

「プロテカ」は保証が凄い!(3年保証)

「プロテカ」は保証もすごいんですよ。

「プロテカ」のバッグを購入すると、3年間は破損したら無償で修理してくれます。
何が一番すごいって、通常使用の破損にも対応していること。

私のもう1つの「プロテカ」はフラクティっていうシリーズで、5年以上使っていますが壊れる気配がありません。
(死ぬほど傷だらけですがw)


このシリーズの1つ前のものを使用しています。

あそこまでボロボロでもコロコロも壊れていない、ファスナーも壊れていないので、「通常使用の破損も対応します!」って言えるのでしょうね。