旅の準備

ピーチの「シンプルピーチ」 予約変更の条件が厳しすぎ

先日「シンプルピーチ」で釧路行きのチケットを購入しました

2018年8月、ピーチのセールで「関空~釧路」のチケットを購入しました。

チケット代、受託荷物代を含めて約15,000円。
で、ピーチカードを作った時に貰ったピーチポイント2000円分があったので、トータル支払った金額は約13,000円です。

11月出発なんで、来月に行く予定なんですが、行けるかどうか分からない状況なんです。

「シンプルピーチ」とは

「シンプルピーチ」ってのは、チケットの種類の名称です。

ピーチのチケットには3種類のプランあります。

料金は、

「シンプルピーチ」→「バリューピーチ」→「プライムピーチ」の順番で高くなります。
(値段が高くなるほど、サービス面は充実していきます)

 

私の場合、一人旅だし、座席もどこでもいい。
今回の「関空~釧路」は受託荷物(片道1,600円)を追加しましたが、受託荷物の料金を加算しても「シンプルピーチ」が一番安かったので、迷わず「シンプルピーチ」でチケットを購入しました。

旅行前に問題発生!

前回のクアラルンプール旅行からしばらくして、

足の骨を折りました(笑)
転倒して骨折したのですが、足の一部分が折れています。
(現在、鋭意治療中)

今現在、松葉杖生活を余儀なくされていて、かなり不便な日々を過ごしています。

ってか、そんな事はどうでもいいんですよ!!
足を骨折したせいで、釧路旅行に行けるかどうか微妙な状況なんです。
「釧路旅行に行くぞ」を目標に、日々骨がくっつく事を願ってきたのですが、未だ松葉杖から卒業出来ていません。

「シンプルピーチ」のフライト変更は有料です

釧路旅行の事を悩んでる時に、ふと「フライトの日程変更ってできないだろうか?」と思いました。
で、調べてみると、

片道あたり3,240円を支払えばフライトの変更が可能です。
往復で6,480円か・・・。

仕方ないとは言え、こんな事になるならフライト変更が無料の「バリューピーチ」か「プライムピーチ」でチケットを購入しておけば良かったなぁ。

ピーチでフライト変更すると、受託荷物料金や座席指定料金を再度支払う必要があります

フライトの変更料金については「仕方ないなぁ」と思ったのですが、さらにフライト変更について調べてみると、

え?なんで?
なんでフライト変更したら、支払った受託荷物や有料座席指定はキャンセル扱いになるの?!
ということは、「シンプルピーチ」で購入した場合、フライト変更すると、

変更手数料(6,480円)+受託荷物代(1600×2)=9,680円

実質、9680円を支払わないとフライト変更できない、って事ですか。(白目)

ってか、このルールは「バリューピーチ」か「プライムピーチ」で予約してる人も対象なんです。
たとえフライト変更料が無料であっても、追加で受託荷物代を別途支払ったとか、有料で座席指定をした場合、フライト変更をしたら追加で支払った分はキャンセル扱いになるんですよ!!

なんだよ、このルール。



「シンプルピーチ」はキャンセルしても運賃は返金されません

「シンプルピーチはキャンセルしても返金なし!」ってことは理解した上で予約していました。
(「シンプルピーチ」はチケット売りきり、って概念なんでしょうね、たぶん)

ちなみに、「バリューピーチ」でキャンセルした場合は、手数料1,080円かかります。
「プライムピーチ」の場合は無料です。
(お客様都合の場合)

が、地味に問題があって、

キャンセル代はピーチポイントで返金されます。
あれです、ピーチにお金を納めた時点で、絶対にピーチに乗らないとダメな運命なんですよ。

 

ちなみに、天候やピーチ側の都合でフライト出来なかった場合は、ルールが変わります。
(お金を返してくれるパターンが発生します)

「旅客サービス施設使用料」は申請すれば戻ってきます(手数料はかかるけど)

チケットを購入した時に含まれていた「旅客サービス施設使用料」は、6カ月以内に請求すれは返金してくれます。

が、手数料が片道あたり3,240円かかります。
(往復の場合、6,480円)

国内線の場合、往復でも数百円、国際線でも3,000円前後だと思います。
まぁ・・・結局はピーチに「旅客サービス施設使用料は諦めろ」と遠回しに言われてる感じですよね。

ピーチにはキャンセルになったチケット代金を保障してくれる保険がある!

なんかピーチを責める事ばかり書きましたが、ピーチには

飛行機に乗れなくなった時にチケット代を保障してくれる「Peachチケットガード」保険があります!

旅行代金5,000円に対して570円か、意外とお手頃価格かも。
私の骨折も「Peachチケットガード」に加入していれば対応してもらえたのか。
今思うと、「シンプルピーチ」でチケットを購入した場合は「Peachチケットガード」の一緒に加入するのもアリかも知れないですね。

 

ってか、

「急な発熱」は何となく理解できるけど、「急な出張」や「友達が行けなくなった」は、証明するときどうするんだろうか。
出張の場合は「出張のせいで飛行機キャンセルになった証明書を書いてください」って総務部にお願いするのだろうか。

釧路旅行、悩んでいます

と言うわけで、悩んでいます。

・釧路旅行に行きたい
(大阪から釧路まで13,000円で行けるなんて奇跡)

・足の骨が折れてる
(何度見てもやっぱり折れてる)

・長時間歩けない
(ってか、片足はギブス用サンダルなので釧路の寒さに耐えれるか不明)

・関西空港第2ターミナルはオープンスポット
(階段を登って飛行機に乗らないといけない)

・フライト変更した場合、9,680円も支払わないといけない
(他の旅行先に行けそうな金額)

フライトをキャンセルした場合、約13,000円をピーチにお布施する状態になる
(13,000円を捨てるのは骨折より痛い)

と、様々な思いが交錯しまくって、めちゃくちゃ悩んでいます。
私、ピーチとはあんまり相性よくないのかもしれません。

(おまけ)他のLCC フライト変更の対応を調べてみました

他のLCCもこんなにお金をもぎ取っていくのか、気になったので調べてみました。

 エアアジア

エアアジアの場合、

予約変更→手数料払ってくれたら対応
キャンセル→受け付けない

ってルールになっています。

 

上記の図は「関空~クアラルンプール」の場合です。
フライト変更の料金は高いけど、LCC的には妥当な金額だと思います。

「国際線取り消し」ってのは、解釈すると「空港税を返金してもらうための手数料」っぽい感じですね。

ただし、エアアジア都合でフライトがキャンセルになった場合は、返金などの対応に応じてくれます。
(その時は返金手続のメールが届きます)

ジェットスター

ジェットスターも他のLCCと同じく、変更する場合はそれなりの金額がかかります。
(詳細はジェットスターのサイトで確認できます)

 

個人的に一番注目してほしい所は以下の一文です!

「手荷物料金を支払った後、フライト変更をした場合は、再度料金をお支払いいただく必要はございません。」

おい聞いたか、ピーチよ(笑)
ジェットスターさんは、フライト変更しても受託荷物の料金は再度支払う必要ないんだって。

バニラエア

バニラエアも3種類のプランがあって、

わくわくバニラ→シンプルバニラ→コミコミバニラ

の順番で料金が高くなり、サービスも良くなります。
バニラエアの場合、「わくわくバニラ」は予約変更不可、「シンプルバニラ」と「コミコミバニラ」は手数料を支払えばフライト変更に対応してくれます。
(ピーチのように、料金の高いプランは無料で変更します!、って訳では無いようですね)

 

他のLCCと違うなぁと思ったのが、怪我や病気で搭乗できない場合の対応に応じてくれそうな所。

バニラエアのサイトによると、診断書を提出したら「審査の上」対応に応じます、とのこと。
なんでも応じる、って訳ではなさそうですが、期待は出来そうだなと思いました。

あぁ、バニラエアでチケットを購入してたら、キャンセルに応じてくれたかもしれないのに(笑)