クアラルンプール(2018年8月)

【クアラルンプール一人旅⑫】散歩しながら朝食を食べに行く(翌8:00~)

(翌8:00)朝からホテル周辺を歩く

昨晩は22時過ぎには就寝、朝は6時過ぎに目が覚めました。
(ばっちり8時間寝ましたw)

身支度を整えて、朝食を食べるために外に出ることに。
当初は「Nagasari Curry House」っていう、インド系の飲食店に行こうと思っていました。
(宿泊してた「MOV Hotel」からも近く、24時間営業だったので)

お店の前まで行ってみたのですが、ちょっと1人では入りにくい雰囲気で、入店はあきらめることに。
(一見さんかつ、女性1人であの雰囲気の中をズカズカ入っていく勇気がなかった)

仕方ないので、ブラブラ歩きながら朝食のお店を探すことに。

 

鳥の丸焼き?
お店の裏手で裁かれた鳥がぶらーんとしていました。

(8:30)やっと朝食を食べる

朝食のお店を探しながらブラブラ歩いてるうちに、アロー通りまで近くまでやってきました。

アロー通りの入り口あたりのお店がやたら賑わっていました。
ちらっと見ると、皆さん中華系の朝食を食べてる様子です。
ほかにお店もないし、中華系のレストランで朝食を食べることに。

調べたら、「龍記為食街(Restoran Dragon View)」って名前のお店です。
(今日まで店名を知らなかったw)

「龍記為食街」店内は意外と賑わってた

ネットで「龍記為食街」の口コミをみると、

・値段が高い
・観光地価格だ

などの意見がちらほら見受けられたのですが、朝の店内は中華系のお客さんで賑わっていました。
ぶっきらぼうな店員さんに「ここ座っていいですか」と聞いてから、空いてる席に座りました。

ご飯ものを注文することに

メニューはご飯ものから麺類までいろいろあります。
写真つきで掲載しているので、言葉が分からなくても指さしで注文が可能です。

朝はご飯が食べたい派の人間なので、お米の料理を注文することにしました。

 

鶏肉とライスのセット、マンゴージュースです。

料理が出てくる時間はめちゃくちゃ早いです。
(注文してから2分も経たぬうちに料理が出てきた)

パッと見、おいしそうなんすが、かなり本気な中国料理!な味でした。
お米もパラパラ系のご飯で、とても異国の味がしました。
(それなりに美味しかったけど)
ちなみに、一番美味しかったのはマンゴージュースでした。

料金は19リンギットほど。
個人的に、そんなに高いとは思いませんでした。
(劇的に安いわけでもないけど)



(9:00)朝のアロー通りをブラブラする

朝食を食べたあと、朝のアロー通りを歩いてみました。

朝はがらーんとしていて、何もないです。
夜の賑やかなアロー通りと同じ場所とは思えない、ってぐらいにがらーんとしています。
奥まであるいたけど、特にお店も開いていません。
ごみを収集していたり掃除していたりする光景を眺めていました。

 

アロー通りで唯一活気があったのは、「龍記為食街」の横にあった果物屋さん。

バナナが1本だけ欲しかったのですが、1房単位でしか販売していないようだったので購入はあきらめることに。
全日空のせいで、いまだバナナへの執着心が芽生えていますw)

 

朝は全体的にお店も開いていないので、ホテルに戻ってチェックアウトすることにしました。

次は空港に向かいます
↓↓↓