クアラルンプール(2018年8月)

【クアラルンプール一人旅③】KLIA2で両替したりSIMカード買ったり(4:00~5:30)

【クアラルンプール一人旅①】関西空港からKLIA2へ行く(その1)https://tabi-hitori.com/2018/08/28/kulyotei/ エアアジアのチェックインカウンターへ行く ...
【クアラルンプール一人旅②】関西空港からKLIA2へ行く(その2)関西空港(22:00)→クアラルンプール(4:00+1)/D72便 前回の記事 ↓↓↓ 21時15分ま...

クアラルンプールで観光した時間は実質1日だけなので、時系列でクアラルンプールで過ごした内容をお伝えします。
(イメージは「24」みたいな感じ)

1泊3日でクアラルンプールへ行こうとしてる旅行者たちの参考になれば幸いです。

(4:00)日本円とリンギットに両替する

エアアジアが到着するKLIA2は、到着ゲートに隣接する感じで「Gateway @ Klia2」というショッピングモールがあります。
(ちなみに、「KLIA Ekspres」やリムジンバスの乗り場は「Gateway @ Klia2」内にあります)

「Gateway @ Klia2」内にある両替屋さんでリンギットに両替します。

KLIA2 到着ゲートがあるフロアは「Level2」

個人的に、「Gateway @ Klia2」のフロア位置が分かりにくかったので、まとめてみました。
「Gateway @ Klia2」のフロアの各階をまとめると以下のような感じです。

到着ゲートを出てまっすぐ歩いて到着する場所は、「Gateway @ Klia2」の「Level2」(2階)なんですよね。

私が戸惑ったのは「Level2M」という謎フロアがあったこと。
ちなみに、「Level2M」にはレストランやホテル(エアロテル クリア 2)があります。
(「Level2M」のせいで、自分がどこのフロアにいてるのか分からくなってしまったw)

KLIA2の両替屋さんは「Level2」にあります

「Level2」のフロア図です。
入り口を入って左側の方をあるいてると、ポツンと赤いお店だけが開いています。
(その赤いお店が両替屋です)

ちなみに、「Gateway @ Klia2」自体は24時間営業なのですが、朝4時はさすがに殆どのお店が閉まっています。
(開いてるのは一部の飲食店と両替屋さんだけ)

 

「Gateway @ Klia2」の両替屋さん(L2-138)は小さい店舗ですが、赤色で目立ってるのですぐに分かります。

両替業務は24時間営業で行っています。
私が行った時は、お姉さんが1人で対応していました。

1つだけすごく不安だったのが、「私しか両替のお客さんがいなかった」こと。
え?この両替屋さんで両替してる私は情弱なの?
分からないけど、他に両替屋さんが分からないので、不安なまま両替しました。

両替屋さんの隣にATMがあります

ちなみに、両替屋さんのとなりにATMが並んでるので、キャッシングでお金を引き出すことも可能です。

「Gateway @ Klia2」でSIMカードの購入を検討してる場合、現金でしか購入が出来ません。
事前に両替(またはATMでキャッシング)をしてリンギットを用意する必要があります。

「Gateway @ Klia2」で両替してみた

5000円両替したのですが、約165リンギット戻ってきました。

計算してみると、1リンギット=約30円です。
8月16日のリンギットのレートが約27円だったので、1リンギット当たり3円の手数料がかかっています。

ちなみに、大阪駅前ビルの「まいどちけっと」の場合、両替が1リンギットで31円ほどでした。
(現地で両替したらちょっとだけお得かな、程度)

ただ、時間が早朝なのでレートが悪いのかも知れません。
昼間だとレートが変わるかも。

「Gateway @ Klia2」には他にも両替屋さんがあります

今調べてみて分かったのですが、「Gateway @ Klia2」内には24時間営業してる両替屋さんが数軒あるじゃないですか!!

早朝は1軒しか両替屋さんは空いてない、と思い込んでいましたよ!
こんなに両替屋さんがあるなら、もう少しチェックすれば良かった。

「Gateway @ Klia2」内にある他の両替屋さんは下記のリンクからご確認ください。

バス乗り場近くにある両替屋さんはお客さんが数人居てた

「Gateway @ Klia2」内にある両替屋さんで、「Bank Islam」って両替屋さんは「KLセントラル行きのバス」に乗るときに発見しました!
(「KLセントラル行きのバス」のチケット売り場向かい前にあった)

時間が無くてレートを確認していないのですが、「Bank Islam」の方がお客さんが数人並んでいました。

バス乗り場前にある両替屋さんを利用すれば良かったかなぁ、とちょっと後悔しています。

(4:15)SIMカードを買いに行く

なぜ先にリンギットへ両替をしたかと言うと、「Gateway @ Klia2」にあるSIMのお店はクレジットカードが使えないからです!

リンギットもゲットしたので、SIMカードを買いに行きます。

SIMカードのお店は、「Gateway @ Klia2」の入り口前にあるのですぐに分かります。
(煌々と明かりがついているので)
SIMのお店は以下の3店舗あります。

私の場合、クアラルンプールでSIMが必要なのは2日間のみです。
私が所有するHuaweiのモバイルルーターに対応してるSIMなら何でもいいや、みたいな感じで適当に店を選びました(笑)
(もし、モバイルルーターが対応してなければ、別のお店に行けばいいや、みたいな感じで)

最初に入ったお店、「digi」でSIMを購入しました

両替屋さんから一番近いし、黄色(阪神タイガースの色)だからって理由で、まず初めに「digi」に入りました。

私が行った時は、お客さんはだーれも居なくて、カウンターにいる店員さん達はめちゃくちゃ暇そうにしてました。
そんな店員さんにHuaweiのモバイルルーターを見せたら、「あーはいはい。」って感じで料金表を見せてくれました。

「digi」は料金設定が分かりやすかった

「digi」は料金プランが分かりやすくて、以下の2パターンのみです。

  • 15日間 10GB+15GB(1GB/1日当たり×15日)40リンギット
  • 7日間 2GB+7GB(1GB/1日当たり×7日)20リンギット

最初、「7日間コースで9GB??」と思ったのですが、店員さんの話を聞いてると、

基本のデータ量(2G)+毎日1GBくれる

っていう内容でした。

店員さんは40リンギットコースをやたら推してくるのですが、「私は2日間しか必要ないんです」と訴えて、20リンギットコースに。
(ちなみに、パスポートの提示は求められませんでした)

1リンギットは約25円。20リンギットは約550円です。

「digi」のSIMは、Huaweiのモバイルルーターに対応しました!

一番心配だったのが「Huaweiのモバイルルーターでちゃんと動くだろうか」ってこと。
APN設定が必要だろうし、それを店員さんが理解してくれるかどうかも心配だし・・・。

と思ってたのですが、カバンから財布を取り出してる間に設定が終わってました(!)
作業時間は2分も経ってないです。
ってか、いつAPN設定やら何やらの設定をやったのか。
(ルーターの蓋をあけてるのは見てたけど、それ以降の作業は見てないw)

物凄い仕事の早さに驚きまくりで、思わず50リンギットをカウンターの上に置きっぱなし状態で、スマホとの動作確認をしました。
店員さんが「OK?OK?」と言いながらさっさとカウンターの上にある50リンギットを持って行き、30リンギットのおつりを渡してくれました。

SIMですが、Huaweiのモバイルルーターで問題なく動作していました。
速さなど、こだわると色々あるかもしれませんが、グーグルマップを見たり、検索したりする程度の利用の範囲なら問題なく動作しました。

これで20リンギット(約600円)ですよ、めちゃくちゃ安いです。

ちなみに、日本でwifiレンタルを利用した場合、3日間で約2000円ほどかかります



(4:40)「Hometown Hainan Coffee 」で朝食を食べる

クアラルンプール中心部へ行くには時間が早いので、朝食を食べる事にしました。

実は、夏休みに入ってから夏バテ状態で、食欲があんまり無いんですよねぇ。
(家でナスとトマトばっかり食べてたw)
クアラルンプールに到着してからもそんなに食欲が無かったのですが、途中で急にお腹が空いても困るので、やや無理して食べる事に。

飲食店は24時間営業の所が多くあって、早朝に到着しても食べる所には困りません。

とりあえずLevel2にある「Hometown Hainan Coffee」に行きました。
(私が両替したお店のすぐ近く)

上の写真の料理は、カヤトーストと豆乳です。
本当はコーヒーが飲みたかったのですが、コーヒーを飲むとトイレが近くなるので遠慮しました。

お客さんが沢山いたのでこちらのお店に来たのですが、味はまぁまぁ。
ってか、マレーシアでもカヤトースト食べるのかな?

料金は計19リンギットでした。
(カードで支払った)

(5:30)バスに乗って「KLセントラル」へ行く

「Hometown Hainan Coffee」で朝食を食べて、一息ついてからクアラルンプール中心部へ移動します。

「KLセントラル行き」のバス乗り場の位置が分かりにくかった。

「Level1」にバス乗り場があるのは何となく分かったのですが、肝心の「Level1」へ降りる方法が分からない!

うろうろした結果、「Level2」を一番奥(到着ゲート側の反対側)まで歩くと、下の階へ繋がる動く歩道みたいなエスカレーターを見つけました。
そのエスカレーターで「Level1」まで降ります。

 

「Level1」に行くと、左側のエスカレーター横あたりにバスのチケット売り場があります。
バスの乗車は、建物の外に出るとバスがずらっと並んでいます。
周辺に係員(または運転手さん)がいるので、チケットを見せて、乗車する該当のバスを確認します。

図に書くと至って単純なんですが、現地ではまぁまぁ戸惑います。

バスのチケット代もよく分かりませんでした。
(特に掲示してないので)
めちゃくちゃ無愛想なチケット売り場のお姉さんに、ジャスチャートとか使ってチケット代を聞いてみた結果、お姉さんは電卓で「12」と打って液晶画面を私に見せてくれました。

12リンギットを支払ってチケットは無事ゲットできたのですが、今度はバス乗り場が分かりません!
恐る恐る外に出たらバスが沢山停車していました。
で、おじさんが「こっち、こっち」と言うので、おじさんに言われるがままバスに乗り込むことに。
(何度も「KLセントラル?KLセントラル?」と聞いてイエスイエス!とおじさんは言うけど、ちょっと不安でしたw)

バスの情報については上記のサイトで詳細を掲載しています。
ちなみに、私は往復とも「SKY BUS」を利用しました。

バスの中は死ぬほど寒いです

約1時間かけて「KLセントラル」へ向かいます。

あとはボケーッと座ってるだけで良いのですが、バス車内がとにかく寒い!
エアコンの風をOFFにしても寒い、寒い。

あまりにも寒いので、カバンから持参したブランケットを取り出し、全身をくるむようにして乗車していました。

「KLIA Ekspres」は利用しませんでした

KLIA2からKLセントラルへは「KLIA Ekspres」という電車でも行くことが出来ます。

しかし、私は往復とも「KLIA Ekspres」を利用しませんでした。
理由は、料金が高いから。
だって、片道55リンギットするんですよ!
日本円にして1600円ぐらい。

ちなみに、大阪のなんば~関空を走る特急ラピート(青いイカツい特急)で、片道1430円。
関空行きの急行電車で920円です。

そう考えると、55リンギットはマレーシアの物価ではべらぼうに高いですよ。
クアラルンプールのモノレールで乗車券2~3リンギットぐらいなのに。

建設費や維持費などでお金が掛かるから仕方ないのかも知れません。

KLセントラル到着後、「バトゥ洞窟」へ向かいました

【クアラルンプール一人旅④】KLセントラルから「バトゥ洞窟」へ(6:30~9:00)(6:30)「KLセントラル」駅に到着 前回まではこちら https://tabi-hitori.com/2018/09/03/...