旅の準備

海外旅行 現金の外貨両替をどうするか

私は海外でキャッシングをしたくない派です

知人や会社の人と”海外での現金はどうしてる?”って話になるときに、私は

「あんまり海外でキャッシングしたくないんですよねぇ」

と話すのですが、大概バカにされます(笑)
(「キャッシングの方がお得なのにー」とか「日本円を両替したら損なのにー」とかって)

分かってます、カードでキャッシングした方がレートが良いことは。
現金を持ち歩く行為は、ある程度危険が伴う事も充分に理解しています。

でも、「キャッシング」があんまり好きじゃないんです。
借金するのがなんか嫌なんです。

きっと私みたいな人、いてると思います。
(いてると信じたいですw)

私が外貨両替をする場所

海外旅行に行くときに、外貨両替をしてる場所は主に3カ所です。

①街中の両替屋さん

事前に両替屋さんの情報を調べた上で、行きやすい場所にお得な両替屋さんがある場合に利用しています。

逆に、街中をウロウロしてレートの良い両替屋さんを探して・・・みたいなのはおススメしません。
それは、ウロウロしてる行為が時間の無駄遣いだから。
せっかく海外旅行に来て、外貨両替に時間を使うなんてもったいないです。
(そのウロウロしてる時間を観光や買い物の時間にあ

②現地の空港にある両替所

場所的にも時間的にも、一番無難に両替できる場所です。

街中の両替屋さんに比べると若干損することがありますが、空港から移動する前に「現地の現金」を持ってるのは気分的に心強いです。
(若干の損なんて街中で両替屋さんに行く手間賃だ省けた代、だと個人的に解釈していますw)

気を付ける点は、両替手数料がどのくらいかかるのか、っところ。
例えば、中国とか手数料に60元ぐらい(900円ほど)かかったりします。

③日本の金券ショップ(場合によっては一番おススメ)

「金券ショップ」って特急券や切手が安くて販売してる、あの金券ショップです。
最近は、外貨を取り扱ってるお店もあります。
(もしかしたら、地域によっては金券ショップで取り扱ってないかもしれませんが)

大阪の金券ショップを例に、「いかに金券ショップがお得か」を力説します!
(大阪の金券ショップにしか行ったことないので・・・すみません)

 

大阪の梅田には「大阪駅前ビル」という、”金券ショップの聖地”があります。

ビルの地下階にずらーーーーっと金券ショップが並んでるんですよ。
(金券ショップと一緒に、安い飲み屋さんとかドラッグストアとかモスバーガーとか、コンビニとかが混在しています。そして雰囲気は大阪の一等地とは思えないぐらい昭和。)

その「金券ショップの聖地」に行くと、大概のお店で外貨を取り扱っています。
(どのお店もレートはほぼ一緒です。微妙に価格が異なる程度。)

個人的な見解ですが、金券ショップで両替した方がお得な外貨は以下の3つです。

・アメリカドル
・ユーロ
・中国元

この3つは金券ショップで両替した方がお得だと思います。
あとの外貨については、ケースバイケースで利用するのがいいかな、と思っています。
(現地到着が深夜で、現地の両替屋さんが空いてない可能性があるから金券ショップで両替しておこう、とか)



(おまけ)「大阪駅前ビル」でおススメの金券ショップ

「大阪駅前ビル」沢山ある金券ショップの中で、私のおススメのお店は「まいどちけっと」です。
(「大阪駅前第3ビル」のファミマとダイコクドラッグの近くにあります)

 

おススメなところ

・ドルとユーロを0.2円優遇してくれる謎クーポンがある。
 利用したことありますが、微々たる優遇でも嬉しい
・ホームページでは毎日外貨レートを更新して掲載してくれてる
 外貨両替の参考になるので便利 
・マイナーそうな外貨も取り扱ってる
 パシフィックフランって何?みたいな外貨まで扱っています

 

ちなみに、外貨両替するときですが、パスポートなどの身分証明書は不要です。
ふらっと現金持って行って、店員さんに
「3万円をユーロに両替したいのですが」
みたいな感じで伝えたら、店員さんが電卓で計算して外貨の金額を教えてくれます。

私の場合ですが、ドルの外貨両替の時は具体的に内訳を言って両替してもらいました。
(1ドルを50枚、5ドルを10枚、みたいな感じで)

現地に日本円を持っていくときは1000円札で

現地で日本円を両替する場合、持参する日本円はすべて1000円札にしておくのがおススメです。

理由は、「ちょっとだけ両替したいな」ってときに、5000円札や10000円札を出して「1000円だけ両替して」ってことが出来ないから。
両替屋さんで「現地のお金の両替と、残りは日本円でおつり下さい」みたいなことは両替屋さんではやっていません。
(昔、無知な私は上海のホテルで両替するときにそれとやろうとして断られましたw)

1000円札だとちょっとかさばるので、5000円札が1枚ほどあってもいいかも。

両替した時に外貨がいくらになるか調べておく

日本円から外貨を両替する前に、おおよそいくらになるか、レートのサイトで事前に確認しておくことをおススメします。
現地で両替するときに、現地の通貨がいくら貰えるのかを確認しておくことで、両替屋さんでボッタクリに逢わないための対策になります。

 

例えば、クアラルンプールに旅行に行くのに、日本円5,000円をリンギットへ両替するとします。

Yahoo!ファイナンスなど、レートを確認できるサイトで、日本円→リンギットへ両替した場合の金額を確認します。
確認すると、5,000円を両替した場合、183.88リンギットです(2018年8月12日現在)

なので、現地で両替したら手数料とかもあるので180リンギットよりちょっと少なくなるかな?みたいな目安が分かります。
逆に現地で両替するときに「100リンギットです」とか言われたら、それは両替が損かめちゃくちゃボラれてる可能性があります。

異国の地に着いて、現地のお金に換えても瞬時に損してるかどうかって判断つきにくい気がします。
(着いて早々ボラれるほど気分悪いのは嫌なので)
特に、ベトナムのお金は無駄にゼロが多いので、事前の確認はしておいた方がいいです。

両替金額に納得がいくまでは両替する日本円を差し出さないこと

両替屋さんは空港の銀行で両替をするときは、安易に両替する日本円を差し出さないでください。
両替金額に納得したら、その時に窓口に日本円を差し出してください。

両替屋さんで両替する日本円を差し出した後に、両替後の外貨の金額を聞いて「損だからやめとこ」となっても、両替屋さんは差し出した日本円を返してくれません。

日本円を差し出した時点で、契約成立だと思った方がいいです。
(相手は慈善事業で両替屋さんやってる訳じゃないので)