シドニー(2018年5月)

<シドニー 1人旅>シドニー ほかに行ったところ (その1)

パディントン

「パディントン」は、シドニー中心部からボンダイジャンクション方面へ行く途中にあるエリアです。
(サーキュラーキーからバスで20分ほどの場所にあります)

Paddington Sydney

ガイドブックでは「オシャレエリア」って書いてたのですが、確かにオシャレな雰囲気でした。
道路沿いにオシャレ商店街がずっと並んでいます。

オシャレだけど、値段もそこそこする感じでした。

 

パディントンへはバスで行ったのですが、バス停(Oxford St before Ormond St)を降りると、目の前にオシャレな建物が!

あの建物は何なんだ!と思ってたのですが、後ほど調べてみると「Paddington Town Hall」。
市役所なんですね。

パディントンでの目的は「リサイクルショップ」!

パディントンに来た目的は「リサイクルショップ」に行くためでした。
シドニー(ってか、オーストラリア)はリサイクルがかなり普及していて、

・Red Cross

・Vinnies

などなど、ボランティアで運営してるリサイクルショップが多くあります。

 

で、ネットで調べてる時に「パディントンはお金持ちが住んでるので、リサイクルショップは品物がいい」という情報を知りました。
だからパディントンのリサイクルショップまで来ました(笑)

実際に行ってみて、みんな色んな物をリサイクルに出してるんだなぁ、と思いました。
たとえば、めっちゃ使い込んだ鍋とか。
使い込んだ鍋って、どうなんだろう?

ジーンズとか色々見ましたが、新品買った方が長い目で見てコスパいいよな・・・と思うようになり、結局何も買いませんでした。

パディントンはぶらぶら散歩するには良い場所

まったりした商店街沿いには、パン屋さんやバー、ちょっと筋を入ったところにはチョコレート屋さんがあったりして、散歩するには面白い場所だなぁ、と思いました。

infinitybakery.com.au
参考にしたサイト
Cafe | Infinity Sourdough
http://infinitybakery.com.au/cafe/

シドニー・フィッシュマーケット

シドニーにある「フィッシュマーケット」は築地の次に大きい魚市場です。
私は築地に行ったことないので規模がよく分からないのですが、イメージ的には

みたいな、もっと具体的に言うと「黒潮市場」みたいなそんな雰囲気でした。
(市場の店舗内はそんなに広くない)

 

市場内は牡蠣や海鮮類、料理など色々売っていて、買ったものをテーブルで食べるってスタイルです。
海鮮類の他に、酒屋さんやパン屋さんもあって、海鮮類とあわせて食事を楽しむことが出来ます。

 

外にもテーブルがあります。
あるけど・・・海鳥のフンがいっぱいであんまり綺麗じゃなかった。
(特にテーブルのパラソルが)

私がフィッシュマーケットに来た時間は9時過ぎだったのですが、この時間は市場で働く方たちが朝ご飯(まかない)を外のテーブルで食べていました。

フィッシュマーケットはカードが使えない(※中国のQRコードは使える)

ガイドブックや口コミでも色々書いている通り、クレジットカードは使えません。
(「No Creditcard」ってレジ横にしっかり注意書きしています)
現金が必要な場合、市場入ったとことすぐにATMがあるので、カードから現金を引き出すことは可能です。

ただ、謎なのが「中国のQRコード決済サービス」は利用出来ます。
「Alipay(支付宝)」とか「WeChat Pay(微信支付)」のアレです。

ホント、シドニーは何処の国なの?!って感じです。

結局、何も食べずに帰った

オーストラリアドルを持ってなかったので、「フィッシュマーケット」では何も買えませんでした。

実は、今回のシドニー旅行ではオーストラリアドルに両替しませんでした。
どこでもカードで精算できるし、街の両替屋さんに疑心暗鬼で両替するのも面倒になってきて。
(大阪の金券ショップで両替した方が一番お得だったから、現地で両替するのが勿体ない気がしてたのも理由の1つ)

販売してる料理の料金ですが、ざっと見た感じ牡蠣が6個入り(味付けしてる)やつで12ドルぐらいでした。
他にも海鮮品が色々ありましたが、そんなに安くなかったです。

ってか、一人だと結構量が多いと思いました。
複数で「フィッシュマーケット」に行くなら、海鮮料理を買ってお酒買ってワイワイ楽しく食事が出来るかも。

Sydney Fish Market

「フィッシュマーケット」の行き方ですが、ライトレールの「Fish Market」駅で下車します。
たぶん、降りただけでは「フィッシュマーケット」の場所が全然分かりません。
(駅から「フィッシュマーケット」は見えないので)
しかし、「Fish Market」駅で降りる観光客っぽい人はみんな「フィッシュマーケット」に行くので、着いていったら辿りつきます(笑)
(もう1つ言うと、駐車場側から市場内に入る感じなので、車に注意してください)



チャイナタウン

「香港に行って来た」感すごいでしょ(笑)
ここ、シドニーなんですよ。

チャイナタウン周辺はほんとに「きれいな香港」みたいな雰囲気でした。

通りには中国系のお店(レストランや雑貨店など)がずらっと並んでいます。

通り沿いにあったシドニー土産店はとても安かったです。
シドニーのマグネットがサーキュラーキーのお土産屋さんの約半額で販売していました!!
(ただし、現金のみ。カードは使えない。店員のおばちゃん無愛想。)

Chinatown Friday Night Market

「Market City」にも行って来ました

「Market City」はチャイナタウン内にあるショッピングモールです。

本当は同じ建物内にある「Sydney’s Paddy’s Haymarket」に行きたかったのですが、閉店時間だったのか店内に入れず・・・。
(何故入れなかったのかいまだに謎)

店内は色んな服やら雑貨やら携帯ショップやら、色んなお店が並んでいました。

奥に進むとアジア系食材を扱うスーパーがあります。
大阪の日本橋には「通貨以外ほぼ中国!」みたいな、中国系食材を扱うお店が何軒かあるのですが、そのお店をデカくした雰囲気なスーパーでした。
地元に暮らすアジア系の方が多く利用していました。

ってか、ここシドニーですよね?!
香港に来たの?上海に来たの?広州のイオンに来たの?
・・・ってぐらいに、自分の所在地が分からなくなっていました。

Market City

 

ダーリングハーバー(Darling Harbour)

チャイナタウンを抜けると「Tumbalong Park 」って公園が見えてきます。
この公園がとても素敵で、都会の真ん中にぽっかり存在する憩いの場、って感じでした。

公園にある案内板をチェックしながら、「ダーリングハーバー」がある方向へ歩きます。
(歩いて約10分ほど)

 

まったりした雰囲気の中、高架を越えて歩いた先に「ダーリングハーバー」が見えてきました。
うわぁ、何このオシャレ感!?

周りには結構人がいてるのですが、そんなに騒がしくなくて、夕暮れにみんなまったりしてるって雰囲気でした。

 

海沿いにはオシャレなレストランやバーが並んでいます。
(雰囲気も値段もオシャレだったので、1人でお店に入る勇気がありませんでしたw)

なんだろうこの雰囲気。
そう、「ゴージャスなみなとみらい」だ!!
みなとみらいの一帯みたいな横浜みたいな、そんな雰囲気でした。

「ダーリングハーバー」は昼間は暑そうなので、夕暮れにプラプラ散歩するには良い所かも。