シドニー(2018年5月)

<シドニー 1人旅>マンリービーチでサンセットを楽しむ(その2)

マンリービーチに行く

グーグルマップを見ると、マンリービーチへはフェリー乗り場から歩いて行けそうだったので、とりあえず広い通り(The Corso)を歩くことにしました。

 

The Corso, マンリー・カウンシル ニューサウスウェールズ オーストラリア

通りにはお店が並んでいて、スーパーやレストラン、雑貨屋さんなど色々ありました。

「Manly Fast Ferry」に乗船してた時は、アジア系の人は見かけなかったのですが、マンリーはアジア系に人ばっかりでした。
イメージ的には「ここはマカオですか?」みたいな、そんな雰囲気。
通りで中国人のおばちゃんがおしゃべりしてたり、中国人のちびっ子がキャッキャ遊んでたり。

 

ウィンドーショッピングしながらぷらぷら歩いて、約15分ほどでマンリービーチに到着しました!

ってか、広い通り(The Corso)は1915年からあったの?!
ちなみに、1915年は大正4年。
そう考えると、マンリーって歴史のある場所なんですね。

マンリービーチのサンセットを楽しむ

ばばーんっ。これが噂の「マンリービーチ」です。

え?こんなに人がいてないの?
人より海鳥の方がめちゃくちゃいてるように思うのですが。

ってぐらいに、プライベートビーチな感じでとてもまったりした雰囲気でした。

 

誰もいない海・・・。
ってぐらいに、波音だけがさばーん、さばーん、って聞こえてきます。
空の色もサーモンピンクでとても綺麗だったんですよ。
(写真の10倍は綺麗だった)

あまりにも綺麗で、しばらく立ち尽くしていました。

 

ほんと、波音と景色がめちゃくちゃ綺麗で、波打ち際で一人「キャー」とか言いながら遊んでみたり、日が暮れていく景色をぼーっと眺めていました。

日本人どころか、ほとんど人がいませんでした。
(近くで韓国人の親子がかけっこして遊んでたぐらい)

 

30分ぐらい、マンリービーチで夕景と砂浜を楽しんでいました。
だんだん日が落ちてきたので帰る事にします。



マンリービーチからサーキュラーキーへ帰る

広い通り(The Corso)を再び歩いて、マンリーのフェリーターミナルへ向かいます。
時間は18時前でしたが、通り沿いにはいい雰囲気のバーっぽいレストランが何軒かありました。

マンリーのフェリー乗り場ですが、中に入って正面にある乗り場が「Sydney Ferries」、左側にある乗り場が「Manly Fast Ferry」です。
(「Sydney Ferries」の乗り場は改札みたいになっています)

出発時刻を確認したうえで、どちらに乗るか選択した方がいいと思います。
私はフェリーの違い(2種類あるとか)をよく理解していませんでした。
なんとなく「Sydney Ferries」に乗って帰りましたが、もし「Manly Fast Ferry」に乗って帰ってたら、20分ほど早くサーキュラーキーに到着していました。
(短期旅行だと20分でも大切にしたい)

帰りの「Sydney Ferries」は観光客も多かったですが、特にアジア系の方が多いように思いました。

 

帰りのフェリーから見たハーバーブリッジです。

 

夜は一人でパブをプチ飲み歩きしてきましたw
↓↓↓