シドニー(2018年5月)

<シドニー 1人旅>マンリービーチでサンセットを楽しむ(その1)

バーバーブリッジを歩いてる時に「マンリービーチに行ってみよう」と思った

シドニー・ハーバーブリッジを歩いて渡ったときに、歩きながら景色を眺めていました。
サーキュラーキーから色んな船が出入りして、そんな船を見ながらふと思いました。

「今からバーバーブリッジを渡り切ってからサーキュラーキーに戻って、マンリー行きの船に乗ったらマンリービーチのサンセットを満喫できるんじゃないか?!」

って。
バーバーブリッジを渡ってる時間が16時前なので、サーキュラーキーに戻ってマンリー行きの船に乗ったら、マンリーに17時には到着できるかも。

もし到着した時に太陽が沈んでいてもいいや、ぐらいの気持ちで、急きょマンリービーチへ行くことにしました。

マンリー行きのフェリーは2種類ある

Manly Fast Ferry 
・「フェリーターミナル2」から出航してる。
・乗船時間は20分ほど。
・Opalカードが使える
(正確に言うと、OpalPayを利用してOpalカードから料金を差し引いている)
Opalカードで支払った場合⇒大人:9.10ドル 子供:5.40ドル

(料金や時刻表を確認出来ます)

Sydney Ferries
・「フェリーターミナル3」から出航してる。
・乗船時間は30分ほど。
・桜島の定期船みたいだった。
・Opalカードで支払った場合、大人7.35ドル

(経路検索で時間や料金を確認出来ます)

なので、まとめると

お金を多く払っても早くマンリーへ行きたい⇒「Manly Fast Ferry」

時間かかってもいいから料金を抑えてマンリーへ行きたい⇒「Sydney Ferries」

って感じだと思います。

個人的には「Manly Fast Ferry」がおすすめ

私の場合、行きは「Manly Fast Ferry」、帰りは「Sydney Ferries」を利用しました。
両方乗ってみて、「Manly Fast Ferry」の方がいいな、と思いました。

理由は1つ。

「乗船時間が短いから」

たかが10分だけど、短期旅行だと移動時間も多少は大切にした方がいいな、って。
「Manly Fast Ferry」の方がスピードが速い感じがして、なんか爽快でした。
それと、私が乗船した時はあんまりアジア系の人がいませんでした。

逆に「Sydney Ferries」は、アジア系やインド系の方が多かったです。
私は2種類あるなんて知らずに帰りは何となく「Sydney Ferries」に乗ったのですが、「Manly Fast Ferry」の方が先に出航したのを見て「あっちに乗れば良かった!!!」ってめちゃくちゃ後悔しました。
なので、時刻表も参照して乗るフェリーを選択した方が良いと思います。

サーキュラーキーからフェリーに乗る

グーグルマップでマンリーまでの経路を確認したら「フェリーターミナル2に行け」と言うので、言われるがままフェリーターミナル2へ。
有人改札みたいなゲートがあったので、係員さんにOpalカードを見せたら「ぴっ」とカードを係員さんが読み取ってから、中に通してくれました。
(今思えば、あれはOpalPayだったんですね)

乗船待ちの皆さんです。
夕方なので、マンリー方面に帰宅する方が多かったです。

 

少し待ってると、青くてかっこいい「Manly Fast Ferry」がやって来ました。
マンリーから来たお客さんを降ろしてた後、乗船します。

 

あえて2階の外にあるベンチに座る事にしました。
なんか、シドニーの風を感じながら船に乗るなんて、なんかオシャレかなぁって(笑)

お客さんが全員乗り込んでから、「Manly Fast Ferry」はマンリーに向けて出発します。



進行方向右側に座るのがおすすめ

「Manly Fast Ferry」に乗るときは、進行方向「右」側に座るのがおススメです。
理由は以下の通りです。

・オペラハウスが間近に見える
・夕焼けの西日がまぶしくない

じっくりハーバーブリッジを眺めたい場合は「左」側の方がいいかも。
個人的に、ハーバーブリッジは夜の方が綺麗だと思うので、日没後はハーバーブリッジが見える側に座るのかいいかも知れないです。

「Manly Fast Ferry」から眺める景色は綺麗でした

出発すると、いきなりオペラハウスが見えてきます。
オペラハウスって見る角度によって表情が異なるのところが面白いなぁ、と思いました。

 

オペラハウスを離れると、「Manly Fast Ferry」はマンリーに向けて湾の中を進んでいきます。

屋外で乗船してるのは気持ちいと言えば気持ちいいのですが、めっちゃ風が強いです。
(カメラで撮影するのも大変だった)
それに、海水の塩分のせいか、ほんのりべたつく感じがあります。

 

船の反対側を見ると、夕日が。
「マンリーのビーチに到着するまで日が沈まないでー」と願いながら眺めていました。

 

左側がワトソンズベイ、右側がミドルヘッド(だったと思います)。

 

サーキュラーキーから約20分ほどでマンリーの街が見えてきます。
こんな感じでヨットが浮かんでるのですが、これだけでなんかオシャレ!

 

マンリーに到着です。

 

この雰囲気どこかで見たことがある・・・北港だ!
大阪にある「北港ヨットハーバー」に似てる。

 

船を降りてから、マンリービーチを目指します。

 

<シドニー 1人旅>マンリービーチでサンセットを楽しむ(その2)につづく
↓↓↓