シドニー(2018年5月)

<シドニー 1人旅>羽田空港からシドニーへ行く

羽田(22:20)→シドニー(翌8:45)/NH879便

出国手続きも済ませて、出発ゲートへ。

案内板を見て知ったのですが、シドニー行きって20分違いでカンタス便も就航してるんですね。
一応、関空からもシドニー行きのカンタス便があります。
(週3日ですが)
夜に羽田から関空からシドニーに向かってるんですよ。すげーな。

私が言うののアレなんですが、GWに海外旅行へ行く人って裕福なオーラが出てますよね。
きっと旅先でもリッチにバカンスをエンジョイするんだろうなぁ。
(私は違います!貧乏なくせに旅行してるだけです)

時間があったので、免税店をブラブラしたりして過ごしていました。
(空港に売ってる「じゃがポックル」を買おうかどうしようか迷ってみたりw)

搭乗予定の飛行機が1週間前に変更になった!

搭乗予定日の一週間前、ANAから「機材が変更になります」ってメールが届きました。
(往復とも変更になった)
原因は、国土交通省から「耐空性改善通報」ってのが発行されたから。

 

変更内容を確認しましたが、プレミアムエコノミーが無いB787に変更されていました。
プレミアムエコノミーで予約してた人、どうなったんだろうか。
(ビジネスクラスにグレードアップされてたら羨ましいかもw)

ちなみに、私はエコノミーで往復とも一番後ろの席を指定してたのですが、機材変更になったら座席がめっちゃ前の方に変更されていました(!)
元々前の方に座席指定してたお客さん、どうなったんだろう?
(私はあえて一番後ろの席にしてたので、別に前の方にしなくても良かったのに・・・)

ってか、変更前の飛行機にはフットレフトがあったのに!!
安全のためなのは分かってるけど、めっちゃ残念です。

シドニー行きの飛行機に乗ります

搭乗は22時ごろから始まりました。

同じ飛行機には、阪急トラピックスの団体旅行のお客さんもいました。
(ちなみに、帰りも一緒でした)

 

機内はほぼ満席でした。
この20年でオーストラリアへ行く日本人観光客が半減した、ってニュースを見たのですが、パッと見では半減してる雰囲気は見受けられませんでした。
(でも、あんまり若い人は見かけなかったかも)

22時20分ごろ、羽田空港を出発してシドニーへ出発しました。

機内食(1回目)

飛行機が飛び立ってから、最初にペットボトルの水が配布されました。
その後、23時過ぎに機内食の提供です。

から揚げ丼みたいなやつと、サラダとフルーツ。

日常生活で23時に食事をする習慣がないので、お腹は空いてるけどあんまり食べたく無いような、変な気分でした。
(と言いつつ、しっかり食べた)
ビールも夜遅くに飲む習慣が無いけど、せっかくなので飲んでいます(笑)

味は美味しかったです!
(野菜が入ってるのは嬉しいです)

1回目の機内食を食べてから、速攻寝ました。
(知らない間に消灯になっていました)

機内ビデオを観るのを楽しみにしてた

飛行機に乗って、すぐに確認したのが「機内ビデオ」のラインナップ。

国際線って、最新の映画が観れたりするのが嬉しいんですよね。
(日系の飛行機だと吹き替え版もあるし)

で、パラパラっとガイドブックを読んでると、映画「ドリーム」(原題 Hidden Figures)を発見!

「PERSON of INTEREST」でカーター刑事役を演じてたタラジ・P・ヘンソンが主役の映画です。
(去年、ニューヨークで「PERSON of INTEREST」のロケ地めぐりをしてきた、あのドラマです)

 

去年、ニューヨークへ行った時に「Hidden Figures」の広告を見つけて軽く興奮しました。

アメリカでは「ラ・ラ・ランド」よりも人気があった映画なんですが、日本では邦題が別な意味で話題になってました。
寝る前に半分観て、朝起きてから残りを観たのですが、ラストのシーンで朝から泣いてました(笑)
(しかも機内食を食べながら涙を流してましたw)

 

「Hidden Figures」も良かったのですが、それ以上に面白かった映画が「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」です。

現在、日本で上映中の映画なので、機会があれば是非見て欲しいです!
1994年アメリカで起きた「ナンシーケリガン襲撃事件」で有名になったトーニャハーディングの軌跡を映画にした、ってだけなんですが、いやぁ面白かった。
登場人物みんなキョーレツなキャラなんです。

あと、ドラマ「ファーゴ3」も3話だけラインナップがあったのですが、1話が途中で途切れて結局観る事が出来ませんでした。
(「ファーゴ」もグロテスクな内容ですが、面白いのでおススメです)



機内食(2回目)

朝7時ごろ、2回目の機内食が提供されました。

ほどよい量で、結構美味しかったです。
ヨーグルトが提供されるのって珍しいなぁと思いながら食べていました。
(アイスやゼリーは食べたことがあるけど)

関係ないですが、B787の座席前にあるモニターの電源ボタンって、ボタン近くを横切っただけでボタンの電気がつくのですが、アレをOFFにする事って出来ないのでしょうか?
消灯中もパッと電気が付くので、まあまあビックリします。

シドニー国際空港に到着!

羽田空港を出発してから約9時半、朝8時30分ごろにシドニー国際空港に到着しました。
(しかもオープンスポット!)

「おぉ~、秋だ!今は秋なんだ!」

と、降り立った瞬間に思いました。
あんまり日本と気候は変わらなかったけど。

バスに揺られてターミナルに移動してから、入国手続きをします。

パスポートにスタンプを押してもらえなかった!(スタンプを押してもらう方法)

ターミナルに着いたら入国手続きをするのですが、行く途中に何やら機械が設置していました。

で、同じ飛行機に乗ってきた日本人の方々は、その機械にパスポートを入れて何か手続きをしてる様子です。
と言っても、全員がやってる雰囲気ではありません。
分からないけど、とりあえず私もやってみました。
どうやら、入国の手続き(?)を機械でやってる感じです。
(日本語が出てくるので操作は簡単です)

「え?これが入国手続き?」

と思いつつ、機械での手続きが終わって出口を目指したのですが、着いた場所は入国の手続きの場所。
よく分からないまま並ぶことに。
(ほんと、よく分からないけど並んでました)
私の順番が来て、いつものように入国手続きをしてオーストラリアへ入国。

入国したけど、パスポートにスタンプ押してくれてない!

私の前に並んでた日本人のパスポートにはスタンプ押してたように見えたけど、なんで?
出国時もスタンプを押してもらえず、めちゃくちゃ疑問のまま日本へ帰りました・・・。

調べてみると、私が何気に利用した機械は「スマートゲート」というシステムで、結論を言うと

「スマートゲート」を利用するとパスポートにスタンプを押してもらえない!

というカラクリでした。

なので、スタンプを押してもらうなら、入国ゲートへ進む途中にある機械は無視して、普通に入国手続きを行います。
(私なんて「スマートゲート」の手続きをして、普通に並んで入国して、めっちゃアホですよね)

 

旅行前にガイドブック「地球の歩き方」と「タビトモ」を熟読してきたのですが、「スマートゲート」や「キオスク」のこと、書いてないですよね???
「地球の歩き方」なんて、全豪オープンテニスの情報に何ページも費やしてさぁ。
(1月にしか開催しないのに、そんなに何ページも使って特集する?ってぐらいに特集組んでさぁ)
テニス情報も必要だけど、「スマートゲート」の事にもっと触れて欲しかったわ!

入国手続きは混んでなかった

朝に入国するので、混雑を覚悟してたのですが、意外と空いていました。
ただ、地味にチェックを受けることが多いな、と思いました。

入国手続きが済んで受託荷物を受け取る前に、係員にチェックを受けて、受託荷物を受け取ってからも選抜でチェックを受けて。
選抜でのチェックに関しては私は除外されたのですが、選ばれた人は色々チェックされたり、検知犬にウロウロされたりしていました。

オーストラリアは持ち込み荷物にうるさい、と聞いてたのですが、何匹もいる検知犬を見て「こういうことか」と思いました。

一通りの手続きを終えて、無事に出口に向かいました。

 

つづきはこちら
↓↓↓