旅の準備

旅行会社のパックツアーを利用して一人旅をした話

初めてのヨーロッパ一人旅はパックツアーを利用しました

2012年、パックツアーを利用して、ウィーンとプラハに行きました。

初めてのヨーロッパ。しかも1人旅で11日間の日程。
こんなに長い旅行、そして遠い場所に1人で行ったことが無かったので、個人手配で予約する勇気がありません。
なので、旅行会社のパックツアーを利用してヨーロッパ旅行の計画をたてることに。

「旅行代金が少し高くなっても、旅行会社で予約したら安心だ」

と、予約した当時は思っていました。
旅行会社のネットワーク(?)が利用出来るので、心強いと思っていました。

一番安かった旅行会社で「フリープラン」のツアーを予約

JTBやらHISやら、色んな旅行会社のプランを比較検討し、その中から「H社」のフリープランを利用する事にしました。

理由は・・・他社と同様のプランでも値段が安かったから。

安い、と言っても、1万円ぐらいの差レベルだったと思います。
しかし、2012年当時は燃油サーチャージがめちゃくちゃ高く、私も別途46,000円ほどの燃油サーチャージを支払いました。
なので、1万円の差、はけっこうデカかったです。

支払った金額は、11日間で25万円ほど。
・エミレーツ航空を利用
(深夜に関空を出発してドバイ経由で翌昼過ぎにプラハ着、帰りはウィーンからドバイ経由で夕方関空着)
・プラハ4泊
・ウィーン4泊
・プラハ~ウィーンの移動は鉄道(2等車)
・ホテルは追加料金を支払ってAランクにしてもらった

貧乏な私にとって、かなりの出費でした。
けど、「旅行会社で手配したから」っていう、謎の安心感がありました。

「H社」の対応がイマイチで少しガッカリし始める

今まで、パックツアーはJTB、JALパック、ANAツアーを利用していました。
(他の旅行会社を使ったことが無いなぁー、って今頃思い出してましたw)

上記の旅行会社の対応はしっかりしてるし、日程表もキチンをしたものを送ってくれました。
(ビザのことやパスポートの名義が変わるときの対応、などを質問してもきちんと対応してたこと、とても感謝しています)

「旅行会社ってきちんと対応するのが普通」だと思っていました。
なので、「H社」も同じように対応しれくれるんだろう、と思っていました。

H社でのヨーロッパ旅行は、2泊ほど別途料金を支払って追加しました。
(オプションで宿泊追加があった)
その問い合わせの電話をH社に入れたところ、担当者から第一声、

「えぇっ!追加するんですか?!」

と言われる(笑)
旅行は3か月先なので、ムチャぶりしたつもりは無いのに。

結局、ホテルも飛行機も空きがあって変更できたので、結果オーライなんですが。

届いた日程表の書類を見てますますガッカリする

旅行に行く日が近づいてきて、日程表が郵送で届きました。

封筒の中身を見ると、コピーにコピーを重ねて文字が読みづらくなった書類たちがどっさり入っていました。
(オプションツアーの案内や、ホテルの案内など)

しかも、内容を読んでるとヨーロッパ旅行の現地対応(?)は現地ツアーの会社が行う、とのこと。

別にいいのですが・・・現地ツアーの会社はベルトラにも載ってる。
旅行会社はコピーの寄せ集めをどっさり送ってくるだけ。
24時間オンライン予約可能★世界中のオプショナルツアー取扱VELTRA

「これなら私でも出来るし、旅行会社にお願いした意味があるのかな・・・」

と少し思い始めました(笑)

でもでも!!
ホテルや鉄道の手配は旅行会社が手配・・・してないじゃん!
現地ツアーの会社がやってるっぽいじゃん!!
なんだそれ。

それでも、旅行会社の人は宿泊追加の時に電話で
「プラハから鉄道に乗るのに便利なホテル手配してるので☆」
と言ってたから、大丈夫!と思うようにしました。



楽しみにしてたヨーロッパ旅行へ出発!

旅行当日、関西空港にある「H社」のツアーカウンターへ行き、チケット類と引き換えます。

飛行機も無事にチェックインし、関西空港からドバイへ。
ドバイからプラハ、と問題なく移動出来ました。
(フリープランなので自力です)

移動しながら、「別にH社で頼んでも、個人手配でもやってる事と変わらない気がする」と少し思いました。
思ったけど、あんまり深くは考えないようにしました。

プラハのホテルでガッカリする

宿泊するホテルは、プラハの中央駅から路面電車で1駅ほどの場所に建っていました。
立地に関しては別にいいんです。
中心部から少し離れるけど、路面電車があればすぐ行けるので。

訴えたいのは部屋ですよ、部屋!
旅行に行く前、ホテルの写真をチェックしてました。
100年前?ぐらいに建てられたモダンな感じのホテルで、部屋の広さは問題ない雰囲気でした。
しかし、私が宿泊した部屋は

「私は小公女セーラか!!」

みたいな、とびきり狭い、とびきり裏側感な景色の、なんとも言えない部屋でした。
(宿泊中は、ずっとハウス名作劇場「小公女セーラ」気分を味わっていましたw)

写真ではオシャレな感じに写ってますが、「室内はほぼベット!」みたいな部屋でした(笑)

決めつけるのはよくない。
良くないけど・・・「ピンハネされた」感が拭えませんでした。
事前に見たあの素敵なお部屋はどこにあるの?
Aランクの追加料金払ったのに。

ホテルの朝ご飯が凄く美味しかったから、別にいいのですが。

ウィーンのホテルで半笑になるw

プラハを満喫し、次の旅行地ウィーンへ。

ウィーン行きの鉄道にも乗る事ができたし、ウィーンまでのんびり鉄道旅を楽しむことが出来ました。
(ずっと「世界の車窓から」気分でした)
あとは、向かい前に座ってた台湾からの新婚旅行カップルを眺めたり。

で、無事にウィーン西駅に到着。
そこから「Burggasse-Stadthalle」って駅まで電車に乗って移動。
ホテルは駅から歩いて5分ほどの場所にありました。

このホテルも中心部から少し離れていますが、中心部へは路面電車で行けるので問題はありません。

問題は場所じゃなくて、ホテルの部屋ですよ、部屋!

私の泊まった部屋は、朝食会場のど真ん中にありました(笑)

うまく伝えられないのですが、部屋の扉が朝食会場のど真ん中にあるんですよ。
だから、夜に部屋へ戻るときは、薄暗い朝食会場に入っていきます。
逆に朝は、みんながワイワイ朝ご飯を食べてる中、”ばーんっ”と扉を開けて部屋を出る訳です。
そのため、朝に出掛ける時はみんな一斉に私を見ます(笑)
(あの扉、客室なの?!みたいな感じでw)

なので、チェックインした時は自分の部屋が見つからず、めちゃくちゃ館内をウロウロしました。
(誰が朝食会場に部屋があると思いますか???w)

建ってる場所も少し賑やかな場所でした。
夜は向かい前のバーがクラブ状態になるようで、毎日どんちゃん騒ぎを眺めるのが楽しかったです。
(大阪で言うと、北堀江と京橋を足して2で割った感じ)

ホントそのとき思いました。
「旅行会社はとびきり安い部屋を選んでるの?」って。

その代り、部屋はめちゃくちゃ広かったから別にいいのですが。
(広い部屋に何故かテレビは14型のブラウン管だったのはあれとして)

もう「パックツアー」で一人旅はしない、と誓った

ヨーロッパ旅行の一件で、「パックツアーでの一人旅は辞めておこう」と心に誓いました。

旅行した11日間、特にH社の恩恵を受けた感はありませんでした。
むしろ「遠い場所でも自力で個人手配できる!」という、謎の自信を持つことが出来ました(笑)
(その時の経験がアメリカ旅行にいかされていますw)

後日、概算でパックツアーと個人手配との価格差を計算したことがあるのですが、自分で手配した方が5万円ほど料金を抑える事が可能でした。

それに、私がH社でAランクにグレードアップしたホテル、他社だとBランクだったんですよねぇ。
(しょんぼりです)

ってか、1つ学んだことがあります。
「旅行会社の旅行代金に”お得”は基本無い」と。
同業他社で、同等のプランでも値段が異なる場合、内容のグレードがしれっと違ってたりするんだと思います。

どうしてもパックツアーで海外一人旅がしたいなら

個人的な意見ですが、もし私がパックツアーで一人旅をするなら、JTBのダイナミックツアー(航空券+ホテルのセットプラン)や「旅のアウトレット」を利用します。

旅程は同業他社同じでも、サービスの面でJTBが一番無難だと思うので。

ちなみに、グループ旅行の場合は選択肢が広がるから、そこまで神経質にならなくても問題ないと思います
(朝食会場にある部屋でも笑いあえると思うのでw)