旅の準備

海外旅行に持っていく物(食料品編)

海外行くのに日本の食べ物を持っていくの?!

私も初めてヨーロッパ(プラハとウィーン)を一人旅した時、行く前は同じことを思っていました。
(ちなみに、2012年のGWに2週間ほど旅行しました)

初めて長期の海外に行く、しかも一切日本食が無い生活をヨーロッパで送ると、「醤油の味」に飢えてくるそうです。
(と、友達に言われた)

ヨーロッパへ行く前、友達に

「帰りの飛行機で機内食に蕎麦が出ると思う。
その蕎麦についてる麺つゆを口にした瞬間、”しょうゆ味うめぇ~”って心の底から感じるから!」

と言われました。
正直、「大げさな事を言うなぁ」と思いました。
長期滞在する訳じゃないし、2週間ほどの旅行だし、私は食事に好き嫌いが無いから大丈夫だ、って。

現地では「醤油味」と「白米」に飢えまくりました

ヨーロッパ滞在1週間ほどで「白米」が食べたくなり、段々と醤油味のものが食べたくて仕方がない、っていう現象に陥りました。

ウィーン滞在が一番のピークで、

「ご飯が食べたい!おかかご飯が食べたい!」

と思うようになりました。
(友達が言ってたのはこの現象のことだったのか!)

そんな飢えた気持ちで、日本っぽい白米や醤油味の食べ物をウィーンのスーパーやレストランで探すのですが、見つかりません。
ウィーンで見つけた「ご飯」はパラパラのお米タイプ、醤油味の食べ物もありませんでした。

そんな飢えた気持ち心に残しながら、帰国の日がやってきました。
帰りはエミレーツ航空に乗って、ドバイ経由で関空に帰ってたのですが、機内食に「蕎麦」がありました!!

食べてみると、めちゃくちゃ美味しい!!
これです、この醤油味が食べたくて仕方なかったんです。
麺つゆがあんなに身体に沁みこんでいったことはありません。
それくらい美味しかったです(笑)

そんな経験から、長期旅行(一週間ぐらい)に行くときには、インスタントご飯と醤油味の物を持っていくようにしています。

保存食用白米(アルファ米)

created by Rinker
尾西食品
¥1,110
(2019/04/19 15:41:29時点 Amazon調べ-詳細)

「アルファ米」は、「炊いたご飯から水分だけを抜いたご飯」って商品です。
なので、食べる時には水かお湯を「アルファ米」に加えるだけでご飯が出来る!っていうすごい商品なんです。
電子レンジでチンして出来るご飯より手軽に作れるため、災害用の備蓄食品として利用されています。

 

「アルファ米」の良い所

・商品の重さが軽い
荷物の重量を気にしないとダメな場合でも、問題なく持ち歩ける

・中にスプーンが入ってる
商品と一緒にスプーンが入っています。箸を忘れても大丈夫!

・自宅の災害用保存食としても大活躍!
商品の賞味期限は5年です。
なので、日ごろは自宅の災害用保存食として利用出来ます。

 

私は、海外で白米が食べたくなった時に備えて持参しています。
(ヨーロッパと香港へ行った時は日本の白いご飯が食べたくて仕方なかったです)

現地での食事が合わなかった時の「お守り」に持っていくのも良いかもしれません。
(アルファ米は軽いからそんなに荷物にならないし)

アマノフーズのフリーズドライシリーズ

created by Rinker
アマノフーズ
¥1,058
(2019/04/19 15:41:30時点 Amazon調べ-詳細)

私は半年に1回、アマノフーズで1万円分ほどフリーズドライのお味噌汁を購入しています。
(会社でお昼に食べる手作り弁当と一緒に持って行く用に)

私の場合、家にいっぱい「アマノフーズのフリーズドライのお味噌汁」があるので、その中から2~3個ほどを海外旅行に持って行っています。

アマノフーズのフリーズドライは種類が豊富

アマノフーズのフリーズドライは味噌汁以外にも様々な食材がフリーズドライになっています。

私が食べた中で一番美味しかったのは「親子丼の具」です。
具の量は「お茶碗サイズ」ぐらいなのですが、味は本気の「親子丼」です。
上で紹介した「アルファ米」があれば、親子丼も楽しめます!

created by Rinker
アマノフーズ
¥1,017
(2019/04/19 04:39:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

あと、私は試したこと無いのですが、カレーはかなり気になっています。

created by Rinker
アマノフーズ
¥1,001
(2019/04/19 04:39:13時点 Amazon調べ-詳細)

 

デメリットを言うと、

・値段がちょっと高い

・味噌汁の場合、賞味期限が1年ほど

なんですよね。
しかし、お湯を注ぐだけでクオリティの高い食品に変身するのは、ほんと感動ものです。
フリーズドライなので、商品はめちゃくちゃ軽いです。
(荷物になりにくい)



さんまの缶詰

created by Rinker
ニッスイ
¥6,200
(2019/04/19 04:39:14時点 Amazon調べ-詳細)

「さんまの缶詰」は、去年のアメリカ旅行で持ってきました。

「2週間近くのアメリカ一人旅、毎日脂っこい食事が続くだろう。絶対に日本食が恋しくなる!!」

と予測して。
しかし、アメリカの食事は私には合ってたみたいで、全く日本食が恋しくなりませんでした。
(なんでだろう?)

アメリカ旅行ではさんまの缶詰を1個だけ持っていきました。
(それなりに重さがあるので、持って行きすぎると荷物になるため)

紙皿と使い捨てのお箸

created by Rinker
アートナップ
¥612
(2019/04/19 15:41:31時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
やなぎプロダクツ(Yanagiproducts)
¥453
(2019/04/19 04:39:14時点 Amazon調べ-詳細)

紙皿とお箸があるととても便利です。

一人旅だとホテルの部屋でのんびりご飯を食べる、ってことがよくあります。
(夜に出歩くとキケンが多いので)

アジア圏だとテイクアウトのお店で、「料理をそのままビニール袋にドザーッと入れる」みたいなことがあります。
それに、スーパーでお買い物しても、お箸が無いと食べるのに苦労します。

私の場合、紙皿は少し深みのあるタイプを持っていきます。
(汁物でも入れる事ができるので)

プラスチックのコップも持っていきます。

created by Rinker
中村(Nakamura)
¥880
(2019/04/19 04:39:15時点 Amazon調べ-詳細)

ホテルの部屋でビールを飲むときに、透明な入れ物だといいな、と思って(笑)
(部屋にグラスがありますが、私はあんまり使いません)