旅の準備

海外旅行に持っていく物(医薬品編)

一人旅をするときは「もしも」の事をを考えて薬を持参します

旅行って非日常な生活を送る分、身体も疲れて体調を崩しやすくなるんですよね。
(一人で旅行してる緊張感や、時差も影響しています)

疲れキッカケで風邪をひいたりすることも多いです。
(去年のアメリカ旅行ではニューヨークで風邪をひきかけました)

海外で薬を買う事も出来ますが、一人だと体調を崩しながら買いに行くのも大変です。
それに、薬の効能も海外で購入したものは異なる部分もあるので、最低限の薬は日本で揃えて持参しています。

胃薬(太田胃散A<錠剤> 45錠)

created by Rinker
太田胃散
¥628
(2019/11/14 22:53:34時点 Amazon調べ-詳細)

旅行先では普段よりあれこれ食べるので、胃薬は絶対に持っていきます。

今まで色々胃薬は買いましたが、「太田胃散」が一番お気に入りです。
特に、「太田胃散A<錠剤> 45錠」は錠剤で個装になっているので、持ち運びに便利です。
(普通の「太田胃散」は粉末)

私の場合、街歩き用のカバンに太田胃散Aの袋を何個か入れて持ち歩いています。
脂っこい物などを食べすぎた時に飲むと、一番効いてる感じがします。

値段もお手頃価格なところもお気に入りです。

 

created by Rinker
太田胃散
¥548
(2019/11/14 22:53:35時点 Amazon調べ-詳細)

「太田胃散<分包>」(粉末タイプ)の方が少し安いです。

滋養強壮剤(アリナミン、キューピーコーワ)

疲れを溜めながら旅行するのは楽しさも半減するので、「滋養強壮剤」を飲んで疲れを軽減するように心がけています。

旅行は楽しいけど、疲れも蓄積されてきます。
翌朝起きても疲れてが取れてない、みたいな。

私に場合「カフェイン入り」の有無を気にするようにしています。
理由は、カフェインが入ってるとトイレが近くなるから。
(カフェインには利尿効果があるため)
トイレに行く時間がなさそうな移動の時もあるので、カフェインには注意して服用しています。

アリナミン

created by Rinker
アリナミンA
¥1,388
(2019/11/15 00:13:07時点 Amazon調べ-詳細)

旅行にはアリナミンを必ずもって行きます。

一日元気に旅行するために、朝食後に飲んでいます。
(アリナミンは食後に飲むお薬なので)

身体の疲れにはビタミンB1の摂取が良いそうで、アリナミンはそのビタミンB1の摂取をめっちゃしてくれる成分(フルスルチアミン)が含まれています。
結果、身体の疲れにビシッと効いてくれる、って仕組みです。
鹿児島で見た高木兼寛の銅像で出てきたビタミンB1です!脚気に効くかも、っていうアレ)

アリナミンの錠剤にはカフェインが入っていません。
(アリナミンのドリンクはカフェイン入り)
トイレが近くなりにくい所も良いんですよね。

汚い話ですが、お○っこをすると色がまっ黄色なのでビビると思います。
これはアリナミンに含まれているビタミンB2の不要分が出て来てるだけです。
(他の栄養ドリンクでも同様の現象が起きると思います)
あと、ニンニクみたいなニオイもするのですが、これもにんにくっぽい成分が入ってるのが理由らしいです。

ってか、胃薬のサクロンなんか、飲んだらう○こが緑色になるんですよ!
(これも成分が出てるのが原因)
あの衝撃に比べたら、アリナミンなんて可愛いもんですよ(笑)

created by Rinker
サクロン
¥1,415
(2019/11/14 22:53:36時点 Amazon調べ-詳細)

アリナミンEXプラス

created by Rinker
アリナミンEXプラス
¥1,977
(2019/11/14 22:53:37時点 Amazon調べ-詳細)

「アリナミンEXプラス」もおススメです。

ぐったり疲れたときは「アリナミンEXプラス」の方が効く感じがします。
(出張から帰ってきた時に飲んでいます)

私だけかも知れないのですが、「アリナミン」に比べて、「アリナミンEXプラス」を飲むと身体がふわっとした気分になるんですよね。

キューピーコーワヒーリング

created by Rinker
コーワ
¥7,980
(2019/11/14 22:53:38時点 Amazon調べ-詳細)

「キューピーコーワヒーリング」はコンビニで販売している商品です(1袋100円)。

30袋セットの商品はAmazonでも販売しています。
(興和の通販会社が販売してるので、商品には問題ないです)

個人的なイメージですが、キューピーコーワは生薬成分で疲れにビシッを効いてくれる感じです。

キューピーコーワって、薬局で売ってる錠剤タイプにはカフェインが含有しています。
しかし、「キューピーコーワヒーリング」にはカフェインが入っていません。
なので寝る前に飲むことができる、って商品です。
(アリナミンみたいに飲むタイミングに決まりが無いので)

個包になっているので、機内泊のときに飲んだりしています。

ビタシーローヤル3000ZERO

created by Rinker
ビタシー
¥405
(2019/11/14 22:53:39時点 Amazon調べ-詳細)

瓶に入ったドリンク剤ですが、「ビタシーローヤル3000ZERO」3本入りを海外旅行に持参してます(笑)
ぐったり疲れた日の寝る前に飲むと、翌朝疲れが取れる感じがするんですよね。

タウリンが3000mg入ってる、その言葉だけで疲れに効いてくれそうな感じがします。
(リポビタンDで1000mgなので、効いてくれそうな感じが伝わります)

タウリンは3000mg、第3類医薬品、カフェインは入ってない、糖類ゼロ。
こんなに凄いのに、値段もお手頃なのに、あんまり有名ではないんですよねぇ。

ちなみに、家の冷蔵庫にも常備しています。



ぐっすり眠るための薬(グリシン)

「グリシン」は、眠りを深くする、って効果があるアミノ酸です。

なので、睡眠導入剤とか睡眠薬ではありません。
(たぶん、強制的に眠らせる、という効果はあんまり無いと思います)

寝る30分ぐらい前に1袋を飲んでいます。
グリシンを飲むと、通常の眠りを深くしてくれる効果があります。
なので、旅先で疲れてる時に「グリシン」を飲んでから寝ると、朝スッキリした気分で起きることが出来ます。

風邪をひいたときの薬(葛根湯)

created by Rinker
クラシエ薬品
¥656
(2019/11/14 22:53:40時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
井藤漢方製薬
¥600
(2019/11/14 22:53:41時点 Amazon調べ-詳細)

旅行前は元気でも旅先で風邪ぎみになったりすることがあるので、葛根湯は必ず持っていきます。
(この2つの葛根湯をよく買っています)

去年、ニューヨークへ行った時、最終日の夜に急に風邪っぽい症状が現れました。
(熱っぽくて身体がだるい、みたいな)
翌日は3時起きでシアトルまで移動しなければなりません。

寝る前に葛根湯を飲んだら、翌朝には風邪っぽいのはかなり改善されていました。
(その後、葛根湯をお昼と晚に飲んだら、風邪っぽいのは完治してました)
あの時、葛根湯が無かったらかなりやばい状態のままアメリカで滞在してたと思います。

そんなに高い物ではないし、「お守り」代わりに持っていくのもいいかも。

 

created by Rinker
ツムラ漢方
¥813
(2019/11/14 22:53:42時点 Amazon調べ-詳細)

葛根湯はドリンクもあります。

二日酔い防止の薬(ヘパリーゼ)

created by Rinker
ゼリア新薬
¥399
(2019/11/15 00:13:08時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ゼリア新薬
¥541
(2019/11/15 00:13:09時点 Amazon調べ-詳細)

「ヘパリーゼ」とは、ゼリア新薬が販売する滋養強壮のお薬です。
滋養強壮の効果以外に、二日酔い防止の効果でも有名なお薬の1つです。

ヘパリーゼは色々種類がありますが、上記2つがおススメです。

「ヘパリーゼ」は二日酔い防止目的で飲みます。
海外で飲酒をすると、

旅の疲れが出てる→肝臓が疲れる→お酒を飲むと肝臓を酷使する→ますます疲れまくる

という悪循環に陥りやすいです。
結果、翌日二日酔いになったり、身体がだるくなったり。

以前、チェコのプラハに行ったことがあるのですが、チェコはビール消費量が世界一で値段も安い!
(しかも美味しい)
色んなビールが飲みたかったので、ヘパリーゼの力を借りました(笑)

 

created by Rinker
ゼリア新薬
¥521
(2019/11/14 22:53:44時点 Amazon調べ-詳細)

ヘパリーゼは錠剤タイプもあります。

私流の「ヘパリーゼの飲み方」

ヘパリーゼは、お酒を飲む1~2時間前に飲むこと!

お酒を飲む直前にヘパリーゼを飲んでも、体内にヘパリーゼの効能がすぐ浸透してないので、二日酔いになります。
ヘパリーゼの成分を身体に浸透させるために、時間を置いて飲んだ方が良いです。
(自分で色々ためしてみた結果です)