旅の準備

海外旅行に持っていく物(日用品編)

旅行に持っていく荷物はチェックリストで管理すると分かりやすい

あらかじめ持っていくものをチェックリストで管理すると、不必要な物を持っていく率がグッと下がります。
不要な物を持っていかない技術は、LCCでの荷物準備で大いに役立ちます!!・・・たぶん。

 

私は旅行へ行くたびに「チェックリスト」を作成しているのですが、「日本旅行」のチェックリストを参考にしています。

「日本旅行」のリストをベースに、滞在地の状況に沿った荷物や個人的に持っていく荷物(薬とか)を追記しています。
他のサイトにも持ち物チェックリストはあるのですが、「日本旅行」のチェックリストは現実的なものがリストアップされているので、持っていく物のイメージがしやすいんですよね。

国内海外兼用ドライヤー

TESCOM ヘアードライヤー ブラック BI12-K
テスコム(TESCOM)

TESCOMの国内海外兼用ドライヤーの良い所

・ドライヤーが小さくて軽い
風量はバンバン出ないけど、問題ない範囲。軽いから荷物に詰めやすい。

・ドライヤーを入れる専用の袋がついてる
絶妙なサイズに袋なのでとても便利です。

・Cタイプの変換プラグがついてる
ヨーロッパへいく場合は、Cタイプで充分対応できます。

 

「TESCOM国内海外兼用ドライヤー」は、プラハとウィーンへ行くときに買いました。
ドライヤーは小さいので、風量は日頃使ってるものよりおとなし目ですが、問題なく髪を乾かす事が出来ます。

ちなみに、「国内海外兼用クルクルドライヤー」も買おうか検討しています。

テスコム(TESCOM) カールドライヤー 海外・国内両用 マイナスイオン BIC31-W ホワイト
テスコム(TESCOM)

海外のホテルにはドライヤーが無い所が多い

(プラハとウィーンのホテルには無かった)
ニューヨークのホテルでも設備の説明に「ドライヤー完備しています」と書いてましたが、実際は「フロントで貸出し(使用後は返却してね)」でした。

基本的に日本で使ってるドライヤーは海外で使用できません

「海外用」と書いていない商品については、電圧が異なるため海外では使用できません。
変圧器があれば使えなくもないですが、変圧器より国内海外兼用ドライヤーの方が値段が安いです。

【最新ハイパワー 改良版】海外旅行用変圧器 2300wハイパワー プラグ6個Type-C+QC3.0+2つのUSBポート 90V-260V to 90V-120Vに変換 1.5mコード 静音 収納袋付き ホワイト Rainyb
Rainyb

 

コンセントの変換プラグ

created by Rinker
カシムラ
¥287
(2019/09/19 18:11:02時点 Amazon調べ-詳細)

滞在国のプラグにあった変換プラグは絶対に持っていきます。

スマホやデジカメの充電器の対応電圧を確認すると「AC100-240V」と記載されているものが多くなっています。
その場合、現地のコンセントにあった「変換プラグ」だけ準備していれば、現地ですぐに充電が出来ます。

「マルチタイプ」の変換プラグは使わない派

マルチタイプ(色んなタイプのプラグに対応してるやつ)の変換プラグは使っていません。
理由は「マルチタイプは壊れやすい」って聞いたのと、そんなにいっぱいプラグの種類は要らないと思ったので。

私はCタイプ(国内海外兼用ドライヤーについてたやつ)と、BFタイプ、Oタイプを持っています。
CタイプやOタイプは200円ぐらい、BFタイプだと300円ぐらいで販売しています。
BFタイプ以外は、100円ショップでも取り扱っています。
(個人的にはあんまりおススメしないけど)

created by Rinker
カシムラ
¥316
(2019/09/19 18:11:03時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
日章工業(NISSYO INDUSTRY)
¥181
(2019/09/19 18:11:03時点 Amazon調べ-詳細)

携帯用の目覚まし時計

CITIZEN 携帯用目覚まし時計の良い所

日本語で時間を言いながら起こしてくれる
ボタンを押すと「○○時○○分です」と女性の声でお知らせしてくれます。

・温度計が付いてる
アメリカの温度表示は「華氏」だったので、気温の確認に大変役に立ちました。

・折りたたんで持ち運べるようになってる
旅行用目覚まし時計なので荷物になりにくい。

 

海外のホテルって目覚まし時計がほぼ無いんですよねぇ。
目覚まし時計を室内に置いてると、パッと見で時間を確認することが出来るので便利です。

「CITIZEN 携帯用目覚まし時計」は電波時計ですが、海外は対象外なので現地で時間を合わせています。

ちなみに、目覚まし時計として家で毎日大活躍しています。



ワイヤーロック

created by Rinker
バッファロー
¥8,893
(2019/09/19 18:11:04時点 Amazon調べ-詳細)

本来は「PCの盗難防止」が目的の商品なんですが、海外旅行で使っています。

電車移動で荷物置き場にキャリーバッグなどを置いて離れた座席へ行くときなど、目を離したすきに荷物を盗まれないように固定しています。
(「でっかい鍵つけてますよ!」ってアピールが盗難の抑止力にもなるかな、と思っています)

片手に収まるサイズですが、ちょっと大きいかも。
でも、逆に大きいから目立つし、商品自体は軽いので持ち運びが不便、ってことは無いです。

お手頃価格だし、セキュリティ対策の1つとして持っています。

 

そのほか、自転車用ですがバネ状になっているワイヤーロックもあります。

created by Rinker
クロップス(crops)
¥1,400
(2019/09/19 21:08:23時点 Amazon調べ-詳細)

網目状のワイヤーロックもあります

created by Rinker
pacsafe(パックセーフ)
¥10,000
(2019/09/20 01:40:21時点 Amazon調べ-詳細)

「パックセーフ」っていう、荷物全体を網目状のワイヤーで包んでしまう商品もあります。

これいいな、と思うのですがちょっと高いんですよね。

折りたたみバッグ(エコバッグ)

この折りたたみバッグはアメリカ旅行の時に購入しました。

「バッグ本体を収納している袋部分が、バッグを広げたときにバッグの内側に来る」構造になっています。
なので、折りたたんでしまう時はバッグを裏返してから、内側の袋部分に仕舞い込みます。

私の場合、行きは折りたたんだ状態でスーツケースの中に入れて行き、帰りは衣類(着替えやアメリカで買った服)を折りたたみバッグに詰めて持って帰ってきました。
(スーツケースの中はお土産や液体物を入れて持って帰ってきました)

帰りの飛行機に乗るときは、スーツケースと折りたたみバッグ、2つの荷物を受託手荷物で預けました。
(ユナイテッド航空は2個まで預かってもらえるので)
「関空で荷物を受け取るときに折り畳みバッグがボロボロになって出てきたらどうしよう」と少し不安でしたが、特に破損もなく無事に受け取れました。

ちなみに、折りたたみバッグには施錠する機能は付いていないので、別途TSAロックの南京錠を買い、ファスナー部分で南京錠を留めました。

荷物に通す部分がワイヤーになっているので、ファスナー部分のような細い穴でも施錠できるのが魅力です。

折りたたみリュック(パッカブルリュック)

created by Rinker
Columbia(コロンビア)
¥5,724
(2019/09/19 06:31:12時点 Amazon調べ-詳細)

エコバッグよりしっかりした折りたたみみバッグを持ち歩きたい時に活用しています。

「海外でリュックを背負うのは盗難にあう」という話を聞くので、リュックで街歩きはしないのですが、買い物をして荷物が増えたときの為に折りたたみリュック(パッカブルって言うそうです)を持ち歩いています。

防犯のため、基本的にリュックには貴重品を一切入れません。
なので、カバンを切られて盗難に!って事があっても、被害は少ないかなと思っています。
(カバンが切られるのは精神的ダメージが大きいですがw)

あと、サンフランシスコでレンタサイクルを借りたときにも、折りたたみリュックを背負ってチャリに乗りました。

大きさも20cm四方弱ほどのサイズなので、ぎりぎりショルダーバッグに入れる事が出来ます。

 

折り畳みリュックの記事はこちらでもまとめています。
↓↓↓

石けん置き

created by Rinker
インターデザイン(Interdesign)
¥277
(2019/09/20 01:40:22時点 Amazon調べ-詳細)

私は固形石けんが大好きで、旅行でも固形石けんを持参しています。
具体的に言うと、「牛乳石鹸」が大好きで、身体を洗う石けんは「赤箱」、洗顔用せっけんは「無添加せっけん」を使っています。

created by Rinker
カウブランド
¥245
(2019/09/19 18:11:05時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
カウブランド 無添加
¥304
(2019/09/19 18:11:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

ホテルにある石けん置きって、入れ物から水が排水されない仕様になってるものが多くて、石けんが溶けたりベタベタになったりするんですよね。
(または石けん置き自体存在しないホテルか、のどちらかです)

「石けん置き」があるだけで、石けんが溶けてベタベタにならず、快適に保管することが出来ます。

マイ「ごしごしタオル」も持参しています

created by Rinker
ルーネシモ
¥260
(2019/09/20 01:40:22時点 Amazon調べ-詳細)

ちなみに、固形石けんを旅行で持っていく時は、「ごしごしタオル」と一緒にビニール袋に入れて袋をしばっています。

「ごしごしタオル」はキクロンの「アワスター」をずっと使っています。
(アワスターをつかってから、背中に出来るニキビが全滅しました)

「肌はこすって刺激を与えてはいけない!」と言いますが、私は牛乳石鹸と「アワスター」を使ってから、二の腕や背中のブツブツが綺麗になりました。

S字フック

created by Rinker
ニッサチェイン(Nissa Chain)
¥132
(2019/09/19 06:31:13時点 Amazon調べ-詳細)

「S字フック」は、ホテルのクローゼットなどにカバンやお土産の袋をぶら下げておくのにとても便利です。

私は「S字フック」を2個持ち歩いています。
(1個はクローゼット、もう1個は浴室で使っています)

注意点は、小さいので持って帰るのを忘れないことです。
私は絶対に忘れたくないので、使い終わったらすぐにカバンの中にしまうようにしています。

 

最近、洗濯バサミタイプの商品を見つけたのですが、こちらも便利だなぁと思っています。

ジップロック(チャック付き収納袋)

「ジップロック」はしっかり密閉してくれるので、臭いが出るお土産品(コーヒー豆とか)や液体物を梱包するときに大変便利です。
旅行へ行くときは、未使用のジップロックを何枚かスーツケースに入れています。

 

そのほか、旅行に持参する薬(胃薬とか)をジップロックにまとめたりしています。
例えば、「機内で使うもの用」とか、「薬だけをいれておく用」といった感じで。

錠剤などは、小さい「チャック袋」に入れています

日頃、「ファイチ」とか「アリナミン」などの錠剤を呑んでいるのですが、錠剤を旅行で持っていくときは使用分だけを「チャック袋」に入れています。

あと、粉末のサプリなども1回分を計量して、「チャック袋」に入れて持ち歩いています。