鹿児島(2018年1月)

鹿児島一人旅1日目⑤(「シティビュー夜景コース」バスに乗る)

「シティビュー夜景コース」は鹿児島の夜景を200円で楽しめる

鹿児島市内には「カゴシマシティビュー 」という、観光用の巡回バスが走っています。

その中に「夜景コース」という、鹿児島市中心部のライトアップ場所や夜景スポットを巡回してくれるバスが走っています。

せっかくなので、鹿児島の夜景を堪能してきました!

「夜景コース」は通年で運行しています

昼間の「カゴシマシティビュー 」は毎日運行してるのですが、「夜景コース」は土曜日のみ運行です。
(時間は鹿児島中央駅発19:00~、20:00~の2便)

が!「8月、12月、1月」は金曜日も運行していて、私は金曜日の夜に利用しました。

「夜景コース」の料金

「夜景コース」は、キュート一日乗車券で乗車できます。

しかし、私は両方を持っていないので「夜景コース用一日乗車券」というチケット(200円)を購入しました。

なんで「夜景コース用一日乗車券」があるかと言うと、

「夜景コース」は城山で下車するのですが(夜景を見るため)、城山で下車をすると「1回分乗りましたよ」というルールになっています。
なので、再び城山から「夜景コース」のバスを乗ると、新たに料金が発生します。
(支払う料金が、城山まで190円+城山から190円=380円になる)

「夜景コース用一日乗車券」なら「夜景コース」のみ乗り放題なので200円で乗車できる、というルールみたいです。

ちなみに、「夜景コース用一日乗車券」チケットはバス車内で購入できます。

バスガイドさんが同乗しています!

「夜景コース」には夜景を案内してくれるバスガイドさんが同乗しています。
(チケット販売もバスガイドさんが行っています)

「夜景コース」の料金は200円ですよ!
それだけでも驚きなのに、バスガイドさん付きだなんて。



「シティビュー 夜景コース」に乗ってきました

乗ってみての感想というか、率直な意見なんですが、

鹿児島のライトアップにかける情熱がハンパない!

とにかく、そこらじゅうでライトアップやイルミネーションがキラッキラしてるんですよ!
市内に建ってる銅像密度とライトアップ情熱度に関しては、鹿児島は日本一かもしれない。

特に「夜景コース」でびっくりしたのが、巡回するコースの中に

一般家庭のイルミネーション

ってのがありました(笑)
(車内のお客さんみんなで一般住宅の庭先を見つめる、というシュールな光景を体感してきましたw)

鹿児島中央駅

鹿児島中央駅からバスに乗りました。
(天文館からも乗車可能ですが、バス内は混雑してるので始発の鹿児島中央駅から乗車した方がいいです)

うおぉぉぉー。
イルミネーションがど迫力すぎてびっくりしました。
「アミュプラザ」って施設の前です。

鹿児島凄すぎる!イルミネーションが凄すぎます!

 

「シティビュー 夜景コース」のバスは「東4」から出発します。
(ちなみに、定期観光バスは「東8」から出発します)

バス乗り場へ行くと、バスガイドさんいてるのでチケットを購入します。

鹿児島中央駅前には沢山の人がいてる銅像があります。

これは、「若き薩摩の群像」って名前がついていて、1865年に薩摩藩からイギリスへ留学した若者たちを銅像にしたそうです。
(バスガイドさんが「留学生の中には当時13歳の少年も含まれていました」と話していました)

 

銅像を横目に、夜景見学へ出発です。

城山公園に向けてバスは走ります。

途中、「ドルフィンポート」→「市役所」を通過します。

ここは市役所前のイルミネーションです。
実際はこの写真の100倍は綺麗な場所でした。

城山公園

一般家庭のイルミネーションを見た後、「肝試しでもやるのかな?」ってぐらいに暗い城山公園に到着します。
お客さんはみんなバスから降りて、城山の夜景スポットへ向かいます。
(1人ならこんなところ絶対に来れなかった)

公園内を進んでいくと、鹿児島市内の夜景を一望することが出来ます!
鹿児島の夜景はとても綺麗でした。
ちなみに、この夜景はiPhone7Plusで撮影したのですが、綺麗に撮れていますね。

 

こっちはIXYで撮影しました。
あんまりカメラに詳しくないですが、機材によって撮れ方が違いますね。

15分ほど夜景を楽しんだ後、「夜景コース」バスは鹿児島中央駅方面へ帰ります。

私は天文館で途中下車をして、次のイルミネーションスポットへ向かいました。