鹿児島(2018年1月)

鹿児島一人旅1日目③(桜島を少し散策)

 

桜島港界隈を散策

「桜島定期観光バス」の乗車時間まで2時間ほどあったので、ブラブラと散策しました。

写真を撮ってないのですが・・・桜島にあるコンビニやガソリンスタンドは外観の色が茶色で統一されています。

理由は「桜島が国立公園だから」。

看板の色も環境に配慮した色にしないといけないそうです。
(たしかに桜島の色に溶け込んでたような気がします)

桜島の名産は「道の駅「桜島」火の島めぐみ館」で買えます

桜島港から歩いて10分もかからない所に「道の駅「桜島」火の島めぐみ館」という道の駅があります。

 

「道の駅「桜島」火の島めぐみ館」にはお土産屋さんと食堂があって、便利で楽しい場所でした。
(ここでお昼ご飯を食べました)

「道の駅「桜島」火の島めぐみ館」の物産館では、「これでもか!」ってぐらいに桜島の名産品を販売しています。

私が桜島へ行った1月は「桜島小みかん」という、直径5センチほどのみかんが山盛り販売していました。
「桜島小みかん」が袋にパンパンに入って250円(!)
12月から「桜島小みかん」の収穫が始まるそうで、ちょうど最盛期だったようです。
直売所形式になっていて、みかんを納品してた農家のおばちゃんに話を聞いたら「12月にもいだみかんだから新鮮」とのことでした。

あと、「桜島だいこん」も販売していました。
(価格は1500円!)
初めて「桜島だいこん」を見ましたが、デカいし重い!
でかい室内犬ぐらいあると思います。
LCCで鹿児島へ来た人は、「桜島だいこん」だけで超過荷物とられる可能性大です(笑)

ちなみに、私は「小みかん味噌」と「桜島の溶岩(!)」を買いました。

「よりみちクルーズ」乗船者はソフトクリームが安くなる!

物産館の奥にソフトクリームコーナーがあるのですが、そこで販売してる「桜島小みかんソフトクリーム」がめちゃ美味しかったです。
さっぱりした甘さで、小みかん独特の柑橘感が広がる、って感じの美味しさでした。

ソフトクリームを買う時に知ったのですが、「よりみりクルーズ」の半券でソフトクリームが安くなりました!
(50円ぐらい安くなったと思う、忘れてしまいましたすみません)
ソフトクリームカウンター横に小さい自販機があるので、そこでソフトクリームの金券を購入してソフトクリームをゲットします。

 

道の駅 桜島

 

「桜島ビジターセンター」は展示物が興味深かった

「道の駅「桜島」火の島めぐみ館」から少し歩いたところに「桜島ビジターセンター」という、県立の博物館があります。
歩いていける距離だったので、ついでに寄ってきました。

あんまり人が居ないので期待しないで行ったのですが、意外と面白い施設でした。



「桜島ビジターセンター」は入館料が無料

こんなにしっかりした施設なのに、入館料が無料です。

桜島の噴火や自然に関する展示物が色々あって、初めて桜島に来た私にとっては「桜島定期観光バス」に乗る前のいい予習になりました。

展示物を見学してると、係員のお姉さんが

「動画上映が始まりますー」

と言うので、とりあえず動画も見ました。
桜島の歴史などを中心にした動画でしたが、これも面白かったです。
噴火の影響で大隅半島とつながってしまう桜島、自然の力ってすごい。

「桜島ビジターセンター」の奥には足湯がありました

「桜島ビジターセンター」建物の裏側へ行くと、一面に足湯が広がっています。

私はタイツを履いていたので足湯に入る事が出来なかったのですが、手でお湯を触ってみるとなかなか良いお湯加減でした。

こんなに素敵な足湯があるのに、なぜか殆ど人が居ませんでた。
(「桜島ビジターセンター」は楽しいのに、なんでこんなに閑散としてるんだろう)

ちなみに、この写真を撮ってる後ろにお兄さんが一人足湯に浸かっていました。
イヤホンで音楽を聞きながらビール片手に錦江湾を眺めて「あぁ~。あぁ~。」と言ってました(笑)
(それぐらい気持ちいいんだと思います)

お兄さんが眺めてた景色です。
この景色で足湯にビール・・・確かに声も出るよね、って感じです(笑)

「よりみちクルーズ」の半券があれば「桜島ビジターセンター」のお土産品が10%引き

「桜島ビジターセンター」でもお土産品を販売しています。
(道の駅よりははるかに少ないけど)

手ぬぐいや桜島のオシャレ雑貨なども扱っています。
ちなみに、私は「小みかんグラッセ」を購入しました。
(小みかんをまるごと砂糖漬けにしたもの)

 

桜島ビジターセンター