鹿児島(2018年1月)

初めての鹿児島旅行(予算・日程表)

鹿児島へ行くきっかけ

勤務先の年末年始休暇が11連休(!)だったから。

家にずっといてるのもアレだし、お出かけしようと思ったのがキッカケです。
で、単純に「行ったことが無い都道府県」で魅力的な所ってどこだろう・・・と考えたときに一番に頭に浮かんだのが「鹿児島」でした。

鹿児島でやってみたいこと

・「桜島」を近くで見たい
だって、活火山なんですよ!たまに噴火するんですよ!
近くで見るとどんな雰囲気なんだろうか、そういう「生きてる山」な感じを体感してみたい。

・「かるかん」を買いたい
子供の頃、近くのスーパーで売ってたんですよ。
その「かるかん」には”鹿児島名物”とか書いてた記憶があります。
子供ながら「遠い場所の謎の食感のお菓子」と思って食べていました。
大人になった今、本場の「かるかん」を食べてみたい。

・「酒寿司」を食べてみたい
ネットで鹿児島の事を調べてる時に「酒寿司」の存在を知りました。

「ご飯余ったからお酒に漬け込んだろ!」って発想が凄いです。

・「じゃんぼ餅」を食べてみたい
鹿児島名物らしいので食べてみたいな、と思いました。
(鹿児島版みたらし団子、みたいな感じ?)

・黒豚料理を食べてみたい
「本場で食べる黒豚は美味しいのかな」っていう程度の気持ちなんですが、名物なんで食べてみたいなと思いました。

・鹿児島ローカルの食品を買いたい
鹿児島中央駅の前にイオンがあるので、何かローカルな商品があれば買いたいなぁと。

 

私のイメージですが、「鹿児島」って独特の文化がありますよね。
(うまく言えないのですが、私にとって「未開の地」な感じ)

なので、やってみたいことも「ふわっとした」感じでしか思い浮かびませんでした。

私が考えた鹿児島旅行の行程表

今回の鹿児島旅行は、「定期観光バス」を利用することを主軸に予定をたてました。
かなり効率よく、充実した旅行になったと思っています。

日付 行程 備考
1/5 伊丹空港(7:20)→鹿児島空港(8:35)NH541
鹿児島空港(9:00)→金生町(9:48)リムジンバス
金生町から歩く(15分ぐらい)→桜島フェリーターミナルのりば
鹿児島港(11:05)→桜島港(12:00) 「よりみちクルーズ」を利用
※バスに乗るまで時間があったので、「道の駅」でお昼ご飯を食べたり桜島港界隈をブラブラしてました
「桜島定期観光バス」を利用して桜島観光(14:30~)
桜島定期観光バスで「天文館」下車(17:15)→ホテルへ 宿泊先「レム鹿児島」
鹿児島中央駅から「夜景コース」バスを利用して夜景観光(19:00~)  ホテルから歩いて鹿児島中央駅へ行きました
夜景コースのバスで「天文館」下車→「天文館ミリオネーション」へ
「天文館ミリオネーション」→ホテルに戻る
1/6 天文館通(8:24)→鹿児島中央駅前(8:34)鹿児島市電 「一日乗車券」を使って移動
「市内定期観光バス」を利用して鹿児島観光(9:05~)
市内定期観光バスで「天文館」下車(12:30)
鹿児島中心部をブラブラ観光
※アミュプラザへ行ったり、イオンへ行ったりしました
鹿児島中央駅前(16:00)→鹿児島空港(16:40)リムジンバス
鹿児島空港(18:45)→伊丹空港(19:55)NH552



鹿児島観光は「定期観光バス」がおススメ

初めて鹿児島に行くなら「定期観光バス」の利用がおすすめです。

 

・「バスガイド」さんが添乗している
私は「市内観光」と「桜島観光」の定期観光バスに乗車しましたが、両方とも添乗したバスガイドさんがベテラン過ぎて感激しました。
名所の説明、名所の歴史、鹿児島のうんちくなどなど・・・とにかく説明が興味深くてとても面白かったです。

・「定期観光バス」のチケットには”カゴシマシティビュー1回乗車券”がついてる
鹿児島市交通局が運営する「市内観光」「桜島観光」のチケットには「カゴシマシティビュー1回乗車券」がついています。
(あと、「かごしま水族館」が100円ぐらい安くなる割引チケットも付いてました)

「市内観光」と「桜島観光」の利用をした場合、2回分の「カゴシマシティビュー」のチケットを貰う事ができます。
なので、この2回分をうまく使えば「一日乗車券」「cute」を買わなくても観光が出来るかも、と思いました。
(ちなみに私は「カゴシマシティビュー1回乗車券」を利用しませんでした・・・無念)

・「桜島定期観光バス」は桜島を一周してくれる
桜島観光には「サクラジマ アイランドビュー」という周遊バス(「cute」で乗車可能)がありますが、「サクラジマ アイランドビュー」は桜島島内を一周してくれません!

 

 

 

 

 

 

「サクラジマ アイランドビュー」のルート(上記地図)を見ると、桜島の西側あたりをクルっと周遊してるだけです。
「黒神埋没鳥居」(鳥居が灰で埋まってるやつ)や大隅半島が繋がってる場所は、「サクラジマ アイランドビュー」では見に行けません。

・「市内定期観光バス」の料金は入園料込み!
「市内定期観光バス」には、「維新ふるさと館」(300円)と「仙巌園」(1000円)の入園料が含まれています。
なので、実質1000円でバスガイドさんの詳しい案内付きで市内観光をしてくれる、そんなコスパ最高な観光バスなんです。

「定期観光バス」は2社が運行しています

鹿児島の定期観光バスは「JR九州バス」と「鹿児島市交通局」が運行しています。

・JR九州バス

「ぐるめぐりコース」(6時間45分/5000円)と「鹿児島市街・桜島コース」(6時間35分/4110円・3時間55分/2780円)の2コースがあります。

ちなみに、「鹿児島市街・桜島コース」は”一日コース”と”半日コース”がありますが、個人的には”一日コース”がおススメです。
(半日コースはかなり見どころを絞ってるので、鹿児島の魅力を知るには少し勿体ないなぁ、と思いました)

私が「市内定期観光バス」に乗るときに隣に「鹿児島市街・桜島コース」のバスが停車していましたが、利用してるお客さんが多かったように思いました。

・鹿児島市交通局

私は「市内定期観光コース」(3時間30分/2300円)、「桜島定期観光コース」(約2~4時間/1800~2300円)とも利用しました!

個人的にめちゃくちゃおススメです。

私は鹿児島の歴史や幕末について殆ど知りませんでした。
しかし、定期観光バスで観光すると、バスガイドさんがめちゃくちゃ説明してくれます。
(またその話が興味深くて面白い)

こんなにお得な観光バスなのに、何故かめちゃくちゃ空いています!
(私が乗車したときはお客さんが5人でした・・・)

貸切状態でガイド付きでこの価格!
初めて鹿児島へ行く方は利用して損は無いと思います。

共通利用券「キュート」は買いませんでした

「キュート」とは、鹿児島市営バスや路面電車、桜島フェリーが乗り放題で、観光施設の割引券もついてるお得な共通利用券です。

お得なのですが、私は「キュート」を買いませんでした。
買わなかった理由は以下の通りです。

・「定期観光バス」を利用したから
「キュート」の料金は2日券で1800円です。
路面電車が1回170円、市営バスが200円ぐらいなので、「キュート」をお得に乗るには2日間で路面電車や市営バスに10回以上乗車する必要があります。
「定期観光バス」を利用したらそんなに乗り物に乗らないなぁ、と判断しました。

・「民営バス」は対象外
民営バスに乗れないと、「仙巌園」へ行く時の交通手段が「カゴシマシティビューに乗る」のみになります。
(ちなみにグーグルマップは「仙巌園へはホテルから1時間かけて歩いて行け」と指示してきますw)

「一日乗車券」を買いました

「キュート」は買いませんでしたが、2日目に「一日乗車券」を購入しました。

料金が600円なので、路面電車や市営バスに4回ほど乗車すればお得に利用できます。
4回ぐらいなら乗るかな?と判断して購入しました。
(結局はそんなに乗り物にのらなくて、やけくそで4回以上乗りましたw)

鹿児島旅行の費用(概算)

項目 費用 備考
飛行機 ¥19,000 ANAの「特割75」を利用。
ホテル代 ¥800 「レム鹿児島」に宿泊。
ポイントを利用したので安く宿泊出来ました(本来の価格は5200円)
食費 ¥6,000 ちょっとかかりましたが、美味しい物を食べたので納得です。
お買い物 ¥4,000 鹿児島にまつわる色んなものを買いました。
観光料 ¥5,000 「定期観光バス」と「よりみちクルーズ」代。
その他 ¥2,000 伊丹空港までの交通費。「一日乗車券」代。

 

ざっと計算して合計36,800円。

交通費と宿泊代で約20,000円だったので、「食費などの経費は10,000円で抑えたい」と考えてたのですが、やっぱり35,000円ほどはかかりますねぇ。

でも、とても充実した2日間だったので、結果オーライだと思っています。

鹿児島へ行ってみて(感想)

本当に行って良かったです!!!

街の雰囲気や鹿児島市内に残る幕末の歴史など、とても興味深いことばかりで、想像してた以上に魅力的な街でした。

・鹿児島は比較的暖かかった
大阪を出たときはめちゃくちゃ寒くて防寒着バッチリだったのですが、鹿児島は比較的暖かくて上着を脱いで過ごしていました。
冬にしては日差しも強く、帽子が欲しかったです。
ただ、そんなに暖かい鹿児島なのに、地元の人は”マフラーにコート!”みたいな格好をしてました。

・やたら銅像があった
「鹿児島って銅像密度は日本一じゃないの?」って言いたくなる位に、あちこちに銅像がありました。

信号待ちをしてて「誰かいるなぁ」と思って振り返ったら人じゃなくて銅像だったり。
それだけ鹿児島から多くの偉人を排出してきた、ってことなんでしょうね。

・鹿児島弁が聞き取れない
乗車した「定期観光バス」のバスガイドさんが鹿児島弁であいさつをするのですが、県外の人間には「・・・え?」ってレベルでした。
(ガイドさんも「分からないですよねw」と言ってた。)
地元の若い子も鹿児島弁なまりで話すのがめちゃ可愛かったです。

・写真を撮ってくれた!
銅像を撮影してると、通りすがりのおじさんが「写真撮ってあげるよ」と言って、銅像とのツーショットを撮ってくれました。
(しかも2回ほど!)

 

あぁ、本当に鹿児島は良い所でした。
また遊びに行きたい!ってか、今年中にもう一度行こうかなと思っています(笑)
(それぐらい、良い所でした)