仙台・松島(2017年11月)

仙台一人旅1日目④(松島→仙台へ移動する)

松島から仙台→「青葉城跡」へ移動する

「松島海岸」駅から見た、松島の街です。

松島も一通り観光したので、仙台中心部まで移動しました。

「松島海岸」駅は電車の本数が少ない

左図は「松島海岸」駅時刻表(仙台方面行き)です。

見ての通り、電車が来る時間が30分に1本の割り合いです。

ふらっと駅に着いて電車に乗ろうと思った場合、時間によっては最悪30分は駅で電車を待たないとダメな事態になります。

なので、帰りの時間に合わせて松島観光をした方が効率が良いと思います。

 

 

14:11発の電車で仙台中心部へ戻る

14:11発の電車に乗ると、仙台駅には15:00前に到着します。
15時前に仙台市内へ戻れるなら、ホテルにチェックインする前に何処か観光できるかも、と考えました。
皆さん同じような事を考えているのか、「松島海岸」駅のホームには沢山のお客さんが電車を待っていました。

電車がやってきて、14:11に「松島海岸」駅を出発。
車内はやや混雑していましたが、なんとか座る事は出来ました。



Google Mapは「あおば通」駅で降りろ、と指示してくる(笑)

どこに行こうかなぁと考えた結果、「青葉城址」に行くことにしました。
「青葉城跡」へは「るーぷる仙台」という観光巡回バスで行くことができます。
(「るーぷる仙台」は「仙台まるごとパス」で乗車出来ます!)

で、Google Mapの経路検索で調べてみるのですが、Google Mapは

「あおば通」駅で下車

をやたら推してきます。
・・・「あおば通」駅なんて、初めて聞いた名前なのですが。
ってかこの電車、終点は「仙台」駅じゃないの?!
「るーぷる仙台」に乗りたいから「仙台」駅で降りたいのですが、なんで「あおば通」駅?!

よく分からないけど、Google Mapの指示に従って、「あおば通」駅で降りる事にしました。

「あおば通」駅に到着→バス乗り場へ

当然ですが、車内にいた殆どのお客さんは「仙台」駅で下車しました・・・。
それでも私はGoogle Mapを信じて、終点の「あおば通」駅で下車。
さらに、Google Mapは

「南3」出口

を指示してきます。
Google Map的には「あおば通駅から仙台駅のバスターミナル目指した方が近い!」と判断したのだと思います。

地図を見ると、「南3」出口は地下通路から行くことが出来ます。
(赤い線の順で「南3」出口まで行きました)

 

実際に現地へ行くと、似たような通路で一瞬迷いました。
(本当は「北3」だったかもしれない、みたいな迷いとか)

でも、近くにある案内地図などを見ながら、なんとか「南3」出口に辿りつくことができました!
(今思えば、仙台駅から行くより近かったと思います)

観光巡回バス「るーぷる仙台」を頼りに観光しない方がいい

結論を言うと、「るーぷる仙台」に乗る事が出来ませんでした・・・。

ちなみに「るーぷる仙台」とは、

・仙台の観光名所を巡回してくれるバス

・「仙台まるごとパス」や「るーぷる仙台」一日乗車券でも利用できる

という、観光客にはありがたいバスです。
私も仙台へ行く前には「るーぷる仙台」を大いに利用しよう!と考えていました。

ただし!!
「るーぷる仙台」にはデメリットがあります。

・公共交通機関で観光しようと考えてる人はみんな「るーぷる仙台」に乗ろうと思ってる

・「るーぷる仙台」は平日は20分に1本の割合、土日祝は15分に1本の割合でしかバスが来ない

その結果、

「るーぷる仙台」のバス乗り場には、乗車できる人数を超えるお客さんが行列を作って待っている

という状況に陥ります。
私の場合、バス乗り場には5分前ぐらいに到着しました。
その時点で、「るーぷる仙台」に乗るお客さんの行列が出来てました。
(ざっとみても30人以上)

「それでも、もしかしたら乗れるかも知れない」

と思い、私も行列に並んでみました。
その後、「るーぷる仙台」がやって来て、係員さんがお客さんをどんどん乗せていきますが・・・

朝のラッシュを越えるぐらいに、お客さんはバスの中でギューギュー詰めにされてました

後方に並んでた私はバスに乗る事も出来ず、乗客でギューギュー詰めになった「るーぷる仙台」が発車するのを見送りました。

こんなにたくさんのお客さんを残してどーるすのかなぁ、臨時バスでも出るのかなぁ、と思ったのですが、係員さんは

「次のバスは20分後でーす」

と一言(笑)
他のお客さんが「臨時バスはないのか?!」と係員さんに尋ねてましたが、

「混雑状況で来るかもしれないし、来ないかもしれない。とりあず20分待ってください」

という、なんだかよく分からない回答。
(白黒はっきりしてよ、って気分)
殆どの客さんは素直に待ってましたが、私は思いました。

「るーぷる仙台より、地下鉄とバスを乗り継いで行った方が早いかも」

って。

地下鉄とバスを使って「青葉城跡」を目指す

いつ乗れるか分からない「るーぷる仙台」なんか見捨てて、自力で「青葉城跡」を目指します。
Google Mapでチェックすると、

地下鉄で「青葉山」駅って、そこから10番のバスに乗れ

とGoogle Mapは指示してきました。
「青葉城跡」への到着時間も、「るーぷる仙台」とほぼ同時刻ぐらいに到着します。

とりあえず、地下鉄東西線に乗って「青葉山」を目指します。

「青葉山」駅に到着

この場所って何?!知的でアカデミックな雰囲気が押し迫る感じ!!

どうやら「青葉山」駅は東北大学の関連施設が立ち並ぶ地区みたいです。
どーみても、観光客がフラフラっと降りて「青葉城跡」を目指す感じではありませんでした。

でも、Google Mapは「青葉山駅でおりろ」というので、その言葉を信じてバスに乗り換えます。

 

地下鉄東西線ロータリー青葉山駅

バス停は「南1」出口を出たところにあります。
(私は間違えて「北1」出口から出てしまい、ちょっと迷子になりました)

バス停で少し待つと、10番のバス(八木山動物公園行)がやってきたので乗り込みます。

「仙台城跡南」バス停に到着

10番のバスに乗って「仙台城跡南」バス停で降りました。
(Google Mapの指示で)

・・・え?
こんなに車がブンブン走ってる場所で、本当に城跡にたどり着けるのでしょうか?

 

私以外に降りた人居ないし、さびれてる感ハンパないんですが。
不安になりながらも、入り口近くにいてた駐車場の係員さんに

「青葉城跡ってここですか?歩いて行っても大丈夫ですか?」

と聞いたら、「大丈夫ですよ」との回答でした。
(後で気づいたのですが、正面じゃなくて城跡裏手の駐車場側から入場したみたいです)

安心しつつも、城跡な雰囲気ゼロの中、半信半疑で中に入りました。

仙台城跡南(バス)