仙台・松島(2017年11月)

【仙台一人旅】1日目①(関空→松島海岸へ)

始発の電車で関西空港へ

5:17の南海空港急行で関西空港へ。

「空港急行始発なので、そんなにお客さんが乗ってないだろう」

思ったのですが、関西空港に近づけば近づくほど満員状態。
関西空港から飛行機に乗るっぽい人から、通勤途中の人まで色んな人が乗っていました。
(みんな早起きですね)

6:00前に関西空港に到着しました。

関西空港第2ターミナルへ移動

「関西空港」駅から「関西空港第2ターミナル」までの移動方法については、関西空港とピーチのサイトで分かりやすく説明しています。
(簡単に説明すると、エアロプラザから無料の連絡バスに乗って第2ターミナルへ行きます)

現在は時刻表が確認できなくなっています・・・。
(なんでだろう?)
日中は5分間隔ぐらいで連絡バスが来ます。深夜は1時間おきに連絡バスが来てたはずです。

最後にピーチに乗ったのが2016年なので、2年ぶりのピーチ搭乗です。
(ちなみに最後に行った先は香港)

連絡バスに乗るのが本当にめんどくさい

前回、第2ターミナルへの連絡バスに乗った時(朝6:00過ぎ)は、乗り場は大混雑状態なのにぜーんぜん連絡バスは来ないし、バスが来ても半分近くのお客さんは取り残される始末。
取り残された場合、次のバスが来るのを待つ羽目になります。

そんな最悪な事態もあるので、連絡バスって「関西空港第2ターミナル」の到着時刻が読みにくいんですよね。

で、今回もゲンナリしながらバス乗り場へ向かったのですが、デカい連絡バスが導入されていて(!)すぐに乗る事が出来ました。

(連結がアコーデオンみたいになってるバス↑)
やれば出来るじゃないか、関西空港!
こんなバスを待ってたんですよ。

「関西空港第2ターミナル」に到着

6:15ぐらいに「関西空港第2ターミナル」に到着しました。

もうすでにお客さんがたくさんいます!
(私も含め、みんな早起きです)
「関西空港第2ターミナル」でとても気になってたのが、

「前の国際線ゲート側はどうなってるのか?」

ってこと。

前の国際線ゲートは、入り口が塞がれている状態で、あたりも閑散としていました・・・。
(さびしい)
近くにあるセブンイレブンの賑やかさだけは昔と変わっていませんでした。

そんな寂しさを胸にしまい、自動チェックイン機でチェックインをして、保安検査場を通過しました。
(私は発券時に届いたメールを印刷して、記載してるバーコードからチェックインしました。すぐチェックインできるのでおススメ)

関西空港→仙台空港(7:25)APJ131

「関西空港第2ターミナル」はオープンスポット(外から乗るやつ)です。
(この雰囲気、今は亡きLCCTを思い出します)

個人的に、オープンスポット好きなんですよね。
飛行機を空港の敷地を感じながら乗る感じとか、プッシュバック(飛行機は自力でバックできないので専用車で押してあげるやつ)が無いので、すぐに出発してくれてる感じが好きなんです。

定刻を少し過ぎたぐらいに飛行機は出発。

なんやかんやで、1時間ちょっとで仙台空港に到着しました。
(機内では音楽を聞きながら寝てました)

仙台空港到着!

定刻より少し早く、仙台空港に到着しました。

たぶん、朝いちばんに到着した便なので、到着ゲートはガラガラでした。
(トイレもガラガラ)

 

1階フロアに津波に関する展示がありました。

仙台空港が津波に遭う映像はニュースで見ました。
3m近くの高さまで津波が来てたのか・・・。
この場所も当時はがれきやらで大変な状態だったんだろうなぁ、と思いながらパネルを見てました。

仙台空港から松島海岸へ移動する

「まずは初日に松島観光に行こう」と考えました。
(空港に着く時間が早いから移動しやすいかなぁ、と思って)

松島観光の中心(?)的な場所は「松島海岸」駅界隈にあります。
仙台空港からは空港アクセス線に乗り、途中仙台駅でJRに乗り換えて「松島海岸」駅まで行きます。



仙台空港から「仙台空港」駅へ移動(分かりにくい)

私だけかも知れませんが・・・到着口を出てから駅までのルートが分かりにくかったです!!
(予習したのにも関わらず)

なので、「仙台空港」駅への行き方を作成してみました。

「仙台空港」駅へ行く連絡橋を渡ったら、突き当り右へ進むと改札と券売機があります。

仙台空港駅で「仙台まるごとパス」を買う(購入方法など)

「仙台まるごとパス」はざっくり言うと、

・仙台エリア内なら2日間電車バスが乗り放題
松島海岸まで行くことができます。

・クーポン券がもらえて、施設見学が割引になったり、レストランでおまけしてもらえる
人気店や有名観光地も割引になったりするのでお得です

 

っていう、旅行客にはとても便利でお得なチケットです。

価格は2670円。
空港からの移動で使えるし、クーポンもなかなか使えるし、2日間で充分モトは取れると思います。

 

仙台空港で「仙台まるごとパス」を買う場合、以下の手順で購入します。

自動券売機で「仙台まるごとパス」を購入
(デカデカとボタンが表示してるのですぐに分かる)

チケット購入後、となりにある駅係員室に行って「仙台まるごとパス」のクーポンブックを貰う
(クーポンブックを貰わないと大損です。絶対に貰ってください)

チケットがゲット出来たら、あとは普通に改札機を通って乗る事が出来ます。
(バスでは降りる時に運転手さんにチケットを見せます)

空港アクセス線で「仙台」駅へ

「空港アクセス線」って30分に1本ぐらいの割合で発車してるんですね。
(時刻表は下のサイトに書いています。もっと沢山の本数が走ってるんだと思っていました)

9:13までまったり待って、仙台空港駅を出発しました。

仙台駅に近づくにつれ、乗客が増えていきます。
(意外と混雑していました)

「仙台」駅から「松島海岸」駅へ

仙台駅でJR仙石線に乗り換えます。
(改札は出る必要ありません)

仙石線の場所が分かりにくかったので、行く手順を書いてみました。

仙台空港駅(9:13発)の電車に乗った場合、仙台駅の3番ホームに電車が到着します。
そこからJR仙石線のりばまで移動するのですが、ちょっと離れています。

ポイントは、仙石線連絡エスカレーターあたりに”松島観光はこちら!”って感じの広告が沢山見えます。
なので、その広告が見えたらその通路は仙石線へと繋がっています。

 

仙石線に乗って「松島海岸」駅まで行きます。

関係ないですが、仙石線って地下にあるんですね・・・。
仙台の景色を!ってのを期待してたのですが、しばらくお預けです。

40分ほどで「松島海岸」駅に到着します。

電車の扉は自動で開けてくれない!(手動で開ける)

仙台で乗る電車は、基本的に扉は自動で開いてくれません!
(大きい駅だと開けてくれるかも知れませんが)

電車の扉の横にあるボタンを押して、扉の開け閉めをします。
(ボタンの写真を拝借してきました)

 

 

 

 

電車が着いたのに扉が開かないので「???」ってなります。

仙台の観光協会や「仙台まるごとパス」も、扉のボタン操作についての説明を書いてたらいいのに。
扉ボタンになれていない観光客は余裕で戸惑います。

「松島海岸」駅に到着!

「松島海岸」駅に到着しました!

松島観光のお客さんも沢山電車から降りていました。

「松島海岸」駅にコインロッカーはあります

コインロッカーは改札を出たすぐ左側にありました。

ありましたが・・・10:37到着時点でコインロッカーは全部埋まっていました。
(パッと見てもロッカーは20個あるかないかぐらいでした)

仕方が無いので、荷物を背負って観光することにしました。

 

松島の遊覧船に乗ってきました
↓↓↓

松島周辺も観光してきました
↓↓↓