ホーチミン

<38000マイル特典航空券の旅③>広州からホーチミンへ移動する

「広州白雲国際空港」に戻ってきた

広州の中心部でちょっとだけ観光して、20:00ごろ「広州白雲国際空港」に戻ってきました。
預けてた荷物を取りに行ってから、空港をブラブラすることに。

しかし、「広州白雲国際空港」って、あんなに広いのにお店が少ししか無いんだろう?
レストランや売店は一応あります。
あるけど・・・少しだけ。

レストラン街もなんだかガラーンっとしてるし。
建物の奥にあるファミマが唯一の救いでした(笑)

っても、チェックイン時間まで2時間(!)あります。
やる事もないので、ひたすらぼーっとしていました。

広州→シンガポール(1:20)SQ853便

この時、ひたすら思ってた事があります。

もう家に帰ってゴロゴロしたい

って(笑)
それぐらい、空港のつまらなさ、無駄にある時間、ネットが出来ないなどなど、一番辛い時だった記憶があります。

この時あった出来事で覚えてるのは、こんなことです。

・搭乗ゲートの自販機で売ってた水が「30元」(500円ぐらい)だった!

・トイレは綺麗だった

・私が乗る搭乗ゲートの隣が「エチオペア」行きで、そこだけエチオピア感がすごかった

・広州からシンガポールへ行く日本人は皆無だった

もう疲れすぎて、飛行機に乗ってから爆睡しました。
機内食が出たみたいですが(深夜3時ごろに)、起きる事はありませんでした。
(機内食を食べなかったのは初めてです)

結局、着陸するまで寝てました。
(シンガポール航空は綺麗でサービスも良いから満喫したかったのですが)

シンガポール・チャンギ国際空港に到着

朝5時過ぎ、「シンガポール・チャンギ国際空港」に到着しました!

飛行機を乗り継ぐので、手続きが必要みたいです。
乗り継ぎカウンターに行ってEチケットを見せて、説明を受けて手続きは終わりました。

手続きが終わってから、足を伸ばしてゴロゴロしかたったので、見知らぬ外国人に混じって少しだけゴロゴロしていました(笑)

朝5時過ぎって関空や成田からの便があります。
(乗ったことあるから知ってる)

なので、ゴロゴロしてる私のそばを何人もの日本人が通り過ぎてました。
(日本語で楽しそうにおしゃべりしてたのが聞こえたから)
ゴロゴロしてる姿がちょっと恥ずかしかったので、日本人の殺気を消しまくっていました(笑)



「チャンギ国際空港」の無料WiFi手続きは超簡単

ネットで調べると「空港で無料WiFiを使う場合、ネットで事前登録をしてください」みたいなこと書いていますが、もっと簡単に手続きが出来ます。

空港内のインフォメーションに行って、パスポートを片手に

「ワイファイ、パスワード!」

と言ったらササッと手続きしてくれてWiFiのパスワードを発行してくれます。
お蔭さまで、24時間ぶりぐらいにネットをチェックすることが出来ました!

朝ご飯は「カヤトースト」

シンガポールは乗り換えで寄っただけですが、シンガポール感は味わいたい!

ということで、「カヤトースト」を食べました。

謎のジャム、謎の半熟卵、シンガポールっぽい味のコーヒー。
まさにシンガポールです!

シンガポール→ホーチミン(9:45)SQ172便

朝ご飯を食べた後は、モノレールを乗り継いで全部のターミナルへ行ってみたり(笑)、お土産を見たり、チャンギ空港名物「足マッサージ器」で足をモミモミしていました。
(おかげで疲れもばっちり取れました)

ほんと、広州の空港もチャンギ空港を見習ってほしい!!

・・・と思ったりしてるうちに、搭乗時刻がやってきました。

景色からシンガポール感は全然ないけど、さよならシンガポール。

機内食

緑色のケーキ以外は美味しかった。
量も結構あって、ソーセージが特に美味しかった記憶があります。

 

この景色はベトナムの下側の端っこあたりだと思います。
「おぉー、これがベトナムか!」と思いながら景色を眺めてしました。

「タンソンニャット国際空港」到着!

ホーチミン感ゼロですが、ホーチミンに到着しました!

服装は春の格好をしてたのですが、ホーチミンは夏真っ盛りな気候で、暑くて仕方なかったです。

キャリーバッグをボコボコにされた!

今回の旅行ではプロテカの40Lキャリーバッグを持参していました。
なにがあってもヘコたれないタフな奴です。

なのに!!
荷物受取所から出てきた私のキャリーバッグは、びっくりするぐらいにボッボコの傷だらけで出てきました。

はぁ?!こんなん、空港係員が投げつけてメチャクチャにしたからや!!!

とめっちゃ腹が立ちました。
(レーンのゴム暖簾をめくって文句言いたくなるぐらいw)

ごめんよ、プロテカ・・・と言いながら空港をあとにしました。
(ボロボロになったけど、今も現役で使ってます!)

5月1日にホーチミンへ行くなら両替は空港でした方が良い

私の場合、2000円だけ空港で両替をして、残りは「ベンタイン市場」近くの両替屋さんで両替しようと思っていました。
(下記の場所にあるお店です)

1B Nguyễn An Ninh, Bến Thành, Quận 1, Hồ Chí Minh,

 

しかし!
5月1日は祝日で両替屋さんはお休み。

結局、「Desk Currency Exchange 59」って両替屋さんまで歩いて行きました。
(このお店は開いてた)

135 Đồng Khởi, Bến Nghé, Quận 1, Hồ Chí Minh,

 

両替するだけでこんなに手間がかかるなら、空港で全額両替すれば良かったなぁ、と反省しています。
(ちなみに、5,000円両替しました)

ホーチミン市内まで路線バスで移動する

市内へはタクシーや送迎サービスがあります。
しかし、タクシーはボラれそうだし、送迎サービスは高い。

どっちも嫌なので、私は「路線バス」を利用しました!

路線バスは「ベンタイン市場」まで行きます。
(なので、ホテルはベンタイン市場周辺にしました)

空港を出た右側に行くとバス停があります。
グーグルマップで調べると、今はバスが4路線出てるんですね。
(49番と152番→ベンタイン市場方面、109番→ファングーラオ通り方面、119番→チョロン方面)
朝早くから夜遅くまで走っています。

でも、バスによって値段が違うみたいですね。
(152番は庶民のバスなので荷物込で10,000ドンで乗れる。それ以外は観光客向けなので20,000ドンかかる。)

私がホーチミンに行った時は「152番」のみでした。
(しかもバスの最終が18:30)
バスに乗ると、運賃のほかにキャリーバッグの荷物分も請求されます。
運賃5000ドン、手荷物5000ドンで計10,000ドンでした。

「なんで荷物代まで取られるねん!」と騙された気分になるかも知れませんが、5000ドンって日本円で約25円です。
手荷物に関しては、別途請求されるのか普通みたいなので、素直に払った方がいいです。

支払いは車内にいる車掌さんが対応してくれます

私、ベトナム・ドンの数字の多きさに慣れていなくて、車掌さんに間違えて「100,000ドン」(日本円で約500円)を渡してしまいました。
が!車掌さんは

「これ違うよ」

みたいな感じでお金を返してくれて、私のお金の中から「10,000ドン」を抜いてくれました。
(一瞬、「なに?なに?」と思ったw)
お金をパクっても絶対に気づかなかったのに、ちゃんと教えてくれてありがとう、車掌さん。

荒々しい運転の中、45分ほどかけてベンタイン市場まで連れて行ってくれます。

ホーチミンの景色は「荒々しい東南アジア」な感じで、色々気を引き締めて旅行をしなければ、と感じていました。

 

<38000マイル特典航空券の旅④>ホーチミン界隈をサクっと観光しました」につづく